都道府県別の着物買取業者

【エリア別】東海地方の着物買取情報まとめ

タンスに眠ったまま、もしくは他の着物が買いたくなったなどの理由から着物を売りたい方もいるでしょう。ただ、せっかくの着物が安く買い取られるのはもったいないですし、抵抗がありますよね。

どうせなら高額買取してほしいはずです。とはいえ、着物の高額査定ははっきりいうと難しいです。着物の需要がある地域で、なおかつきちんと査定できるところでないと安く買い叩かれてしまいます。

そこで今回は、東海地方の着物買取情報をまとめましたので、自分のお住まいの地域は着物需要が高いのかチェックしてください。

愛知県&名古屋の着物買取事情

愛知

愛知県の呉服店数

愛知県の呉服店の軒数は551軒で、人口に対する店舗の数は全国的に見ると平均的な数字となっています。しかし愛知県名古屋だけを見ると、全国でも上位に入るほどの呉服店の数です。

そのことから、東海地方である愛知県では名古屋を中心に着物の需要が高いといえるでしょう。

愛知

愛知県名古屋で着物を高額査定する口コミ/評判の買取業者一覧

着なくなった着物を売るとき、せっかくなら高く買い取ってほしいですよね。愛知県名古……続きを読む

産地の着物&伝統工芸品

愛知県には、常滑焼や赤津焼、名古屋桐箪笥など様々な種類の伝統工芸品があります。中古買取店や骨董店では、これらの品は高値で取引されます。以下でご紹介する着物も伝統工芸品ですので、高額買取が期待できるでしょう。

  • 有松・鳴海絞
  • 名古屋友禅
  • 名古屋黒紋付染

愛知県の有松、鳴門市周辺を中心に生産されている有松、鳴海絞は、技法の種類の多さが特徴的な織物です。

  • 雪花絞
  • 鹿の子絞
  • 巻き上げ絞
  • 蜘蛛入り柳絞
  • 三浦絞
  • 板締め絞

など、全部で100種類を越えています。

同じ柄でも、絞る人の力の加減で柄が微妙に違うのも魅力で、手作りならではの味わいがあります。名古屋友禅は京友禅や加賀友禅に並ぶ友禅染の一つで、落ち着いた雰囲気の色柄や、一つの濃淡で絵柄を描く色の使い方が特徴的です。

名古屋黒紋付染は、名古屋特有の紋当網付技法で染めるので染色時間が長くなり、深い黒色に染まるのが特徴的です。黒の色艶が優れた喪服として、今でも着用されています。

岐阜県の着物買取事情

岐阜

岐阜県の呉服店数

岐阜県にある呉服屋の数は385店舗で、全国で17番目です。岐阜県での人口の割合と店舗数の割合は全国平均よりも高く、需要が高いことがわかります。但し、需要の割には着物を買い取ってくれる買取店は少ないようです。

産地の着物&伝統工芸品

岐阜県群上司は織と染の町であり、伝統工芸品を生みだした町でもあります。ここでは、郡上紬について詳しくご紹介します。

郡上紬とは430年の歴史をもつ郡上本染で、郡上八幡の名水と清流が育んできた織物です。郡上紬は着心地が良いと評判で、温かさと柔らかさ、肌触りの良さが格別とも言われています。

また柄の美しさや種類の多さも特徴で、縞織や絣織、曲線模様、独特のぼかし模様などの独特で複雑な表現方法が目を引きます。昔は農家で織られていた紬でしたが、着る毎に着心地が良くなるため、現代でも重宝される着物です。

今では大変貴重な紬と称されるようになりましたが、絶えず伝統が守られているのは、重要無形文化財技術保持者として人間国宝に認定された宗廣力三さんの尽力が大きかったようです。

静岡県の着物買取事情

静岡

静岡県の呉服店数

静岡県の呉服店の数は292軒で、人口に対する呉服店の割合は全国的に見ても平均的です。そのことから、静岡での着物の需要は多いとはいえないため、中古の着物を買い取ってくれるお店の数も少ないと考えられるでしょう。

静岡

静岡で着物を高額査定する口コミ/評判の買取業者【まとめ】

もう使わなくなった着物を、処分しようと思ったときにどうしますか。そのまま捨てるの……続きを読む

産地の着物&伝統工芸品

静岡県では、近代工業において自動車や家具、精密機械などの他分野で地場産業が発展しましたが、その根源に様々な伝統工芸品の存在が関係しているのは、あまり知られていません。

例えば、静岡県は自動車製造の重要な生産地の一つですが、そのルーツは実は伝統織物にあります。生産過程で手織だったものが自動織機に変化し、その技術を生かして自動車産業につながったという流れがあります。

また静岡県は東西に長い地形であり、東海道五十三次と言われる宿駅の多くが置かれる地域でした。これにより古くから東西交流の重要拠点として文人や墨客が静岡を訪れ、伝統工芸品を広めたとされています。

静岡では自然の豊かさや人情味溢れた人々が育んだ、浜松浴衣や遠州木綿などの自然の風合いを生かした織物や染め物の多くが、今も伝統的な技法に沿って受け継がれています。

三重県の着物買取事情

三重

三重県の呉服店数

三重県には166軒の呉服店があり、人口と店舗数の割合は全国的平均よりも高いようです。このことから三重県では着物の需要が高いことがお分かりいただけるでしょう。しかし、着物買取店は全国的にみても少ないようです。

三重

三重県で着物を高額査定する口コミ/評判の買取業者【まとめ】

三重県にお住まいで不要な着物を持っているなら買取業者に売却してしまうのがおすすめ……続きを読む

産地の着物&伝統工芸品

三重県には、津市と伊勢周辺で作られる木綿の織物、伊勢木綿があります。この地域は江戸時代から続く木綿の産地でした。伊勢木綿は単糸という、織るのがとても難しい糸を使用して作られます。

単糸は柔らかいため織られた生地も柔らかくなり、肌触りの良い着心地が特徴となります。またシワになりにくく、着ていて温かいことから、商家の奉公人の仕着せとして重宝されていたようです。

三重県には伊賀組紐という特産品もあります。伊賀組紐は、着物を着るのに欠かせない帯締めや羽織紐として使用されるものです。美しく染色された絹糸が独自の技法によって交じり合い、独特な風合を作り上げます。

組紐は縁を繋ぐ、愛情を繋ぐ縁起物とされ、現在は和装品だけではなく、インテリア用品にも応用されているようです。

high priceどこよりも高く着物を売る方法

いらない着物や帯をお家で眠らせていませんか?CMで有名なバイセル(スピード買取.jp)なら、プロの査定員が自宅へ無料訪問、あなたの大切な着物を査定。他店よりも高額買取が可能です。安く買い叩かれて損をする心配もありません。

  • 全国対応・出張費無料
  • 24時間365日受付
  • 最短30分のスピード対応
  • 女性査定員による訪問可
  • 業界トップの信頼・高額査定実績も多数
  • 他社で断れた"状態の悪いもの"も査定買取

着物は年数が経つほどその価値は下がります。バイセル(スピード買取.jp)なら自宅にいながらいらない着物を買取してもらえます。

相談は問い合わせフォームなら3分で入力可能電話ならすぐに簡単相談(24時間365日受付可)。下記のボタンから公式サイトへ移って、あなたもいますぐ無料相談しましょう。

今すぐ無料相談してみる

(※電話相談も可能)