都道府県別の着物買取業者

関東地方の着物買取事情【まとめ】

着物を高額買取してもらうためには、お住まいの県の「伝統工芸品&産地の着物」と「着物の需要」が大切になってきます。

これら2つを満たしていると高額査定をしてくれる可能性が高く、期待できるのです。とはいえ、自分が住んでいる県の着物需要や伝統工芸品などわかりませんよね。

そこで今回は、関東地方の着物需要や伝統工芸品といった着物買取事情について解説します。お住まいの県は高額査定を狙える県なのか確認してください。

東京の着物買取事情

東京

東京の呉服店数

東京には呉服店が920店舗あり、一万人当たりの呉服店の数は0.69店舗です。全国一位の多さであり、関東でも特に着物の需要の高さが伺えますね。しかし、人口の割合に比べると中古の着物を買い取ってくれるお店は少ないようです。

東京

【東京都】着物を高額査定する口コミ/評判の買取業者一覧

不要になった着物を売りたいけれども、買い手があるのか、需要があるのかが分からずに……続きを読む

産地の着物&伝統工芸品

日本には、産地特有の着物や伝統工芸品に指定されている着物があります。工程に手間がかかること、技法が難しいことなどから生産量が少なく、希少価値が高いため高値で取引される傾向にあります。

気候や人々の気質、環境などによって、それぞれが地域特有の特徴をもっています。東京都にも、古くから伝わる技法で作られた、以下のような着物がありますのでご紹介しましょう。

  • 村山大島紬
  • 東京染小紋
  • 本場黄八丈
  • 東京手描友禅
  • 多摩織

これらは全て、東京の風土や歴史によって育まれてきたもので、時代によって受け継がれてきた伝統的な技術により作られています。

それぞれの品を一つ生産するのには、数多くの工程や手間が必要なため、大量生産のものよりも遥かに時間がかかります。

しかし、そうして作られた着物だからこその素朴な味わいや親しみやすさ、優れた機能性を感じられるものに仕上がるのです。

神奈川県&横浜の着物買取事情

横浜

神奈川県の呉服店数

神奈川県の呉服店の軒数は313軒となっています。近隣の東京都の呉服店の数が多く、すぐに足を運べる距離にあるためか、神奈川県では呉服店の少なさが目立ちます。

需要はそれほど低くないようですが、それに対する着物買取店は少ないようです。

横浜

【神奈川県横浜市】着物を高額査定する口コミ・評判の買取業者一覧

成人式のお振袖や譲り受けた着物など、大切な着物をご自宅に保管していませんか。中古……続きを読む

産地の着物&伝統工芸品

神奈川県では、家具や食品などの様々な分野において、地域の特産品や伝統工芸品に指定されたものがあります。なかでも有名な漆器についてみていきましょう。

神奈県で伝統工芸品に指定されている漆器は、以下の二つです。

  • 小田原漆器
  • 横浜芝山漆器

小田原漆器は、室町時代に箱根にある豊富な木を使用して、漆を塗ったのが始まりと言われています。ケヤキ材などの天然の木目を生かした摺り漆塗りや、木地呂塗りといった方法を中心とした手作り漆器です。

材質が強固で耐久性が高く、歪みが少ないのが特徴で、椀や盆などに最適と言われています。横浜芝山漆器は、貝や象牙などに細工を施したレリーフ状のものを漆器にはめ込んでつくったものです。

横浜港の開港期には、繊細で美しい品と海外からも高い評価を受け人気となり、盛んに輸出された歴史もあります。

埼玉県の着物買取事情

埼玉

埼玉県の呉服店数

埼玉県の呉服店は401店舗で、全国では45番目となります。埼玉県の呉服店と一万人当たりの人口の割合は0.55店舗で、全国的には12番目となります。埼玉県は着物の需要が高い地域ですが、買取のお店は少ない印象です。

埼玉

埼玉で着物を高額査定する口コミ/評判の買取業者【一覧】

ご自宅に不要になった着物を保管していませんか。もしかしたらその着物は、高値で買取……続きを読む

産地の着物&伝統工芸品

埼玉県の秩父市では、国の伝統工芸品に指定されている秩父銘仙があります。太織で丈夫なため、鬼秩父の異名をもちます。

経糸を仮織りし、型紙を使って模様を先染めして本織をしていくのですが、見る角度によって経糸と緯糸の色の重なりが違って見える玉虫効果が特徴的です。

また、平織で裏表がないため、表が色あせてしまっても裏を使って仕立て直すことが出来るのも特徴でしょう。経糸と緯糸を交互に組み合わせた平織物、銘仙は、秩父以外にも以下の産地があります。

  • 足利
  • 桐生
  • 伊勢崎
  • 八王子

これらと秩父を合わせて銘仙の五大産地と言われていますが、秩父銘仙の起源は江戸時代にまで遡り、全国の銘仙織物の草分け的存在とも言われているのです。

千葉県の着物買取事情

千葉城

千葉県の呉服店数

千葉県の呉服店の数は218軒で、一万人当たりで考えると0.63店舗となっており、全国的には13番目の多さです。呉服店が平均よりも多いことから千葉県での着物の需要の高さがわかりますね。

売り買いもしやすいといえるでしょう。

千葉城

【千葉】着物を高額査定する口コミ/評判の買取業者まとめ

千葉で着物を売ろうとするときには、買取業者の店舗に自分で持って行くなどの方法があ……続きを読む

産地の着物&伝統工芸品

千葉県には県指定の無形文化財、銚子縮があります。銚子縮とは江戸時代中頃に銚子でたくさん作られていた歴史があり、その後全国に名前が広まっていきました。

江戸時代後期には40軒以上の機屋と100軒以上もの出機があったともいわれていて、盛んに生産されていたことが分かりますね。銚子縮の特徴について、以下にまとめました。

  • さらりとした肌触りの綿縮
  • 先染の縞柄
  • 緯糸が通常の5倍くらいの強さでよられているため、丈夫
  • 夏の着尺地

これらの特徴をもつ銚子縮は、漁師用の綿糸から生まれた波崎縞が広まったものです。明治時代までは盛んに生産されていましたが、その後は衰退し跡を断ちました。

その後は昭和27年頃に復元されて、現在は常世田商店のみで生産が続けられている、大変貴重な着物となっています。

茨城県の着物買取事情

茨城

茨城県の呉服店数

茨城県には130軒の呉服店がありますが、人口に対する店舗数の割合は低く、全国的に見ると44番目となっています。茨城県は着物の需要が低い地域といえるでしょう。それに伴い、着物買取店も少ないため、高値での買取りは難しいかもしれません。

産地の着物&伝統工芸品

着物買取店では、地域特産の着物や伝統工芸品が高く取引される傾向にあります。茨城県にも、高額買取が期待できる以下のような着物がありますのでご紹介します。

  • 結城紬
  • 石下紬

結城紬とは、茨城県や栃木県を主な生産の場とする絹の着物です。国の重要無形文化財に指定されており、時代とともに技術革新がなされ、現在は細かい縞や絣模様を特色とした最高級品が主流となります。

昔は堅くて丈夫な着物とされていましたが、糸が細くなってきたことで現在は軽くて柔らかい着物と言われるようになりました。

笠間稲荷神社

結城紬とは?特徴や歴史について!買取は高額査定が出る?

着物や紬、反物に関して興味がある人や好きな人なら、結城紬という名前を聞いたことが……続きを読む

石下紬とは

石下紬は、茨城県結城群石下地方で作られる織物です。絹と綿が使用される交織織物であり、絹を経糸に、木綿を緯糸に使用して織られるのが特徴です。

結城紬にも似ていて、縮織のような引き締まった風合、そして軽くて着崩れしにくい着心地の良さが評判です。

栃木県の着物買取事情

栃木

栃木県の呉服店数

栃木県には111軒の呉服店がありますが、人口に対する店舗数は少なく、全国的にみても少ない地域といえるでしょう。

栃木県では着物の需要自体が少ないと考えられるため、着物の買取を行っているお店も少ないかもしれません。

栃木

栃木で着物を高額査定する口コミ/評判の買取業者一覧

家の中にしまったままになっていて、使わなくなった着物をどうしようか迷うことがあり……続きを読む

産地の着物&伝統工芸品

栃木県には着物買取において高値での買取りが期待できる伝統工芸品が数多くあります。代表的な織物や染め織物を以下にまとめました。

  • 結城紬
  • 行庵手織
  • 解し織
  • 真岡木綿
  • 草木染
  • 益子草木染
  • 黒羽藍染
  • 宮染

栃木県では全国的に見ても数多くの織、染め物が生産されています。国の伝統工芸品として指定されている絹織物の結城紬も有名ですが、木綿の織物の産地としても名をはせました。

江戸時代後期に益子木綿として始まった綿織物は真岡で売られることが多かったため、真岡木綿と言われるようになり、糸の細さが魅力的な木綿の布はすぐに国内全域に広まったと言います。

材料となる綿花は、鬼怒川から水戸にかけての広い地域で栽培されていたようです。一度は絶え途絶えてしまった真岡木綿ですが、最近は地元の呉服屋の努力によって復元されつつあるようです。

群馬県の着物買取事情

群馬県

群馬県の呉服店数

群馬県には109軒の呉服店があります。この数字は他の都府県と比べても低く、人口に対する呉服店の割合も少ないようです。

特産の着物などが多く輩出されてきた群馬県ですが、着物の需要は低く、また買取店の数も少ない印象です。

群馬県

群馬県で着物を高額査定する口コミ/評判の買取業者【まとめ】

着物を買取してくれるお店はいろいろとありますが、お店や地域によって同じ着物でも買……続きを読む

産地の着物&伝統工芸品

群馬県には伝統工芸品として国から指定を受けている桐生織があります。桐生織は西の西陣織、東の桐生織と言われることからも分かるように、織物のなかでも高級で、有名な着物です。

桐生織は生産できる数が非常に少ないため、価値が高いと言われるジャガード織りで作られた先染めの織物です。7つの織り方がありジャガード織りの技法ならではの繊細な柄が特徴で、完成度の高さがより高級感を際立たせます。

製造工程は分業化されており、コンピューターなどから読み取ったデザインを織り、それぞれの工程では専門分野の職人が付いて作業をしていきます。

生地にも絹を使用しているため、鮮やかな光沢や高級感が生まれ、まさに伝統工芸の技や風格を感じさせる着物です。

high priceどこよりも高く着物を売る方法

いらない着物や帯をお家で眠らせていませんか?CMで有名なバイセル(スピード買取.jp)なら、プロの査定員が自宅へ無料訪問、あなたの大切な着物を査定。他店よりも高額買取が可能です。安く買い叩かれて損をする心配もありません。

  • 全国対応・出張費無料
  • 24時間365日受付
  • 最短30分のスピード対応
  • 女性査定員による訪問可
  • 業界トップの信頼・高額査定実績も多数
  • 他社で断れた"状態の悪いもの"も査定買取

着物は年数が経つほどその価値は下がります。バイセル(スピード買取.jp)なら自宅にいながらいらない着物を買取してもらえます。

相談は問い合わせフォームなら3分で入力可能電話ならすぐに簡単相談(24時間365日受付可)。下記のボタンから公式サイトへ移って、あなたもいますぐ無料相談しましょう。

今すぐ無料相談してみる

(※電話相談も可能)