都道府県別の着物買取業者

【エリア別】北陸甲信越地方の着物買取情報まとめ

着物高額査定を狙うのであれば、自分のお住まいの地域は着物需要が高いのか確認しておく必要があります。

今回は北陸甲信越地方では着物買取の需要が高いのかまとめましたので、確認してください。

新潟県の着物買取事情

新潟

新潟県の呉服店数

新潟県には199軒の呉服店があります。一人当たりの呉服店の割合を見ると全国平均よりも高いため、新潟は着物の需要の高い地域といえるでしょう。しかし着物の買取店は少なく、需要に見合っているとは言えません。

新潟

【新潟県】着物を高額査定する口コミ/評判の買取業者一覧

一口に着物と言ってもピンからキリまで実にさまざまな種類があり、買取価格も実にさま……続きを読む

産地の着物&伝統工芸品

地域特産の着物や伝統工芸品に指定の着物があります。全国的に見ても多いのには、新潟特有の気候が大きな理由となっています。

全国でも有数の豪雪地帯として知られる十日町は、新潟県の南部にある、四方を山に囲まれた地域です。雪解けの良質な水が豊富であり、染色にとても適しています。

雪に埋もれてしまう長い冬には、糸を紡いで機を織るのが唯一の生業となりました。

十日町は織物の歴史が古い町で、古墳時代中期の遺跡から織物の道具が発見されているほどです。江戸時代末期には麻から絹へと転換し、昭和時代には先染めの着物や振袖、訪問着において全国でも指折りの着物の産地となりました。

新潟県の伝統工芸品や産地の着物は以下の通りです。

  • 十日町絣
  • 十日町明石縮
  • 塩沢紬
  • 小地谷紬
  • 小地谷縮

これらの着物が生まれた新潟では、現在でも着物のまつりが開かれています。地域に着物文化が親しまれていることが分かりますね。

山梨県の着物買取事情

山梨県の呉服店数

山梨県には49軒の呉服店があります。人口に対する呉服店の割合ともに低く、山梨では着物の需要が低いことが考えられるでしょう。

この結果から、中古の着物を買い取ってくれる業者も少ないために、高値での買取りは期待できないかもしれません。

産地の着物&伝統工芸品

山梨県には様々な織物や着物があります。代表的なものを以下にまとめました。

  • 甲斐絹
  • 郡内紬
  • 大石唐糸織

これらは全て山梨県発祥のもので、時代とともに受け継がれてきた着物です。甲斐絹とは平安時代から受け継がれている織物で、滑りが良く柔らかく、光沢があるのが特徴です。郡内紬とは、郡内地方で生産されている織物です。

平安時代には作られていた記録があり、後の江戸時代には郡内地方の領主に奨励されたことによって更に発展していきました。

現在では甲斐絹とともに、甲斐国の特産品として知られています。

大石唐糸織は、中繭と玉繭の諸撚糸を使用して織られています。生産地である大石地方では、天保時代に黄縞が特徴とされる大石紬というものがありました。

明治時代に入ると唐糸織の技術が導入され、現在の大石唐糸織が作られるようになりました。

長野県の着物買取事情

長野

長野県の呉服店数

長野県の呉服店は170軒です。この数は全国20位となっており、人口に対する呉服店の数も平均よりも多いようです。古くから織物の産地として発展してきた長野は、着物の需要の高い地域といえるでしょう。

しかし、着物買取店は少ないようです。

長野県

【長野県】着物を高額査定する口コミ/評判の買取業者一覧

親からもらっていて、タンスの中に着ないでしまってある着物を、どうしようか迷うこと……続きを読む

産地の着物&伝統工芸品

長野県には信州紬という伝統工芸品に指定されている着物があります。長野県すべての地域で生産されていた織物を指しますが、地域によっては以下のように呼ばれ方が異なります。

  • 山繭紬
  • 上田紬
  • 松本紬
  • 飯田紬
  • 伊那紬

江戸時代の初期より、現在の長野県である信濃では各地で養蚕が行われていました。屑繭を使って作られる紬、これは原料生産地がそのまま織物の生産地とされました。そのため信濃も全国有数の紬の産地になったのです。

長野は信州友禅という、友禅染の着物の産地でもあります。信州友禅は江戸時代に城下町を中心に発展したと言われています。染料には草木を使用し、色々な媒染剤で発色させた染料で色を作る、草木染友禅が特徴です。

富山県の着物買取事情

富山

富山県の呉服店数

富山県には168軒の呉服店があり、人口に対する店舗数の割合がとても多く、全国でもトップクラスです。

福井県に次ぐ呉服店の多さとなっており、全国平均よりも高いことからも、富山県での着物の需要の高さが伺えますね。

産地の着物&伝統工芸品

富山県には、以下のような特産の着物があります。

  • 福光麻布
  • 城端織物

福光麻布とは、福光町が発祥の地となる麻織物です。法衣類や茶巾、幕、蚊帳、畳縁に使用されるもので、居座機や高機で手織によって作られます。着物の歴史も長く、平安時代に麻布が織られたと残っています。

江戸時代の初期頃からは加賀藩に奨励されたことから、流通が行われるようになり、八講布や呉郎丸布、川上布などとも呼ばれていました。城端織物は、江戸時代から加賀絹の生産地として繁栄していた城端で生産されていました。

通常は一頭で一つの繭を作る蚕ですが、まれに二頭の蚕が一つの繭を作ることがあり、それを玉繭と呼びます。その玉繭から紡いだ玉糸を織りあげて作るのが、しけ絹です。

しけ絹は均一でない太さの玉糸で織りあげられているため、ところどころに節が表れます。独特な表情を持つのが特徴的な絹織物です。

石川県の着物買取事情

石川

石川県の呉服店数

石川県にある呉服店の数は173軒で、人口に対する呉服店の割合をみると全国三位の多さとなっています。北陸地方の他の地域と並んで、着物の需要が高い地域といえるでしょう。但し、着物を買い取ってくれるお店は少なさが目立ちます。

産地の着物&伝統工芸品

ゆったりとした時間が流れる石川県は、近年観光地としても盛り上がりをみせています。着物を着ての散策も人気で、町中で着物姿の方を見ることができます。

現代でも着物を親しまれる街であるのには、石川県が古くから着物の生産を盛んに行ってきたことも理由の一つでしょう。

誰もが一度は聞いたことがあるであろう加賀友禅も、石川県が発祥の地です。

日本三大友禅の一つで、加賀五彩を基調としています。先ぼかしと呼ばれる、模様の外側から内側へかけて濃い色をぼかす方法や、木の葉といった模様に墨色の点で描く虫食いが特徴的です。

石川県は加賀友禅の他に、次のような着物の発祥地でもあります。

  • 牛首紬
  • 加賀小紋
  • 羽二重
  • 能登上布
  • 小松綸子

これらを見ると、石川県は絹の織物だけではなく、麻織物の発展にも寄与した地域といえるでしょう。

福井県の着物買取事情

福井

福井県の呉服店数

福井県の呉服店の件数は166軒ですが、人口当たりの呉服店の割合は全国で最も多い県となっています。この結果から、福井県民の着物への関心や、需要の高さがお分かりいただけるでしょう。

しかし着物買取店の数は、需要に対して足りていないようです。

産地の着物&伝統工芸品

着物の買取りでは、ブランド品や作家もの、伝統工芸品や産地特有の着物が高値で取引される傾向にあります。ここでは高額買取が期待できる福井県産の着物をいくつかご紹介します。

まず、絹織物の福井羽二重です。福井県は昼夜を通して湿度が安定しているため、絹織物の生産に適している土地です。そのため古く平安時代には絹織物の生産がされていたとの記録があります。

福井羽二重はコシがあってしっかりした生地と、柔らかい風合いをもつのが特徴的です。着心地の良さから人気となり、胴裏や肩裏、羽裏、比翼地、長襦袢、石持として、全国へ流通されていきました。

福井県特産の着物には、越前墨流しと呼ばれる流し染もあります。越前鳥の子紙や越前縮緬、塩瀬、羽二重などの絹織物を染生地として、正流、横流、縦流、渦巻の4種類と、それらを組み合わせた模様でつくられます。

自然が生み出す模様のため、二つとして同じ模様はできません。しかし、その風合や味が人気を呼んでいたようです。

high priceどこよりも高く着物を売る方法

いらない着物や帯をお家で眠らせていませんか?CMで有名なバイセル(スピード買取.jp)なら、プロの査定員が自宅へ無料訪問、あなたの大切な着物を査定。他店よりも高額買取が可能です。安く買い叩かれて損をする心配もありません。

  • 全国対応・出張費無料
  • 24時間365日受付
  • 最短30分のスピード対応
  • 女性査定員による訪問可
  • 業界トップの信頼・高額査定実績も多数
  • 他社で断れた"状態の悪いもの"も査定買取

着物は年数が経つほどその価値は下がります。バイセル(スピード買取.jp)なら自宅にいながらいらない着物を買取してもらえます。

相談は問い合わせフォームなら3分で入力可能電話ならすぐに簡単相談(24時間365日受付可)。下記のボタンから公式サイトへ移って、あなたもいますぐ無料相談しましょう。

今すぐ無料相談してみる

(※電話相談も可能)