着物の基礎知識

単衣着物とは裏地なしの着物!袷着物との違い&着る時期から種類まで

着物には大きく分けて2つの種類があります。単衣と袷の2つになるのですが、一般的に着物といった場合は袷をイメージする人が多いでしょう。

何故なら単衣は暑い時期のみに着る着物だからです。いわば初夏から晩夏までの専用となるのですが、この単衣とはどのような着物を指すのでしょうか。

また単衣着物にはどんな素材の帯を選べばいいのか、など気になる点が多いはずです。そこで単衣着物について詳しく調べてみました。

単衣(ひとえ)着物とは?裏地なしの着物

着物

最初に単衣着物について確認していきます。単衣とは裏地のない生地を仕立てた着物ことです。裏地がないため着心地が軽いですし、風通しが良くなっています。そのため初夏から晩夏といった暑くなってくる時期や、暑い時期に着る着物なのです。

  • 衣替えとなる6月から着ても大丈夫
  • 秋冬の衣替えになるのが9月

つまり単衣着物は6月から9月までが対象です。もちろん飽くまでも目安にしか過ぎませんので、10月になっても暑い日に着ることはできます。ただしフォーマルな場所やお稽古ごとなどでは避けた方が無難でしょう。

ちなみにシーズン中であるのなら、通常の着物と同じようにフォーマルな場所でも問題ありません。単衣着物でも留め袖や附下げなど種類があるので、行き先に合わせて格式を整えれば問題ありません。

単衣着物と袷(あわせ)着物の違い

考える着物女子

では単衣着物と袷着物にはどんな違いがあるのでしょうか。結論からお伝えしますと、その違いは生地にしかありません。

  • 裏地がついている生地だと袷着物
  • 裏地がついていない生地だと単衣着物

単純にこの違いでしかないのです。裏地がないと単衣着物、裏地があると袷着物になります。

そのため夏場も着物を着るのであれば、単衣着物も用意しておく必要があるでしょう。夏なのに袷着物を着ているとマナー違反になります。

ちなみにお雛様などが着ている十二単衣という着物があります。この十二単衣は単衣着物を十二枚重ね着しているの、と思う人もいるでしょう。ですが実際には以下のようになります。

  • 唐衣
  • 表着
  • 五衣
  • 単衣

これらを複数枚重ね着したもので、全部で9枚前後になるそうです。

単衣着物を着る時期は6月~9月

着物着た女性

次に単衣着物を着る季節も確認しておきましょう。

  • 6月~9月が単衣着物
  • 10月~5月が袷着物

ただこの基準は古い衣替えの季節感と言っても差し支えありません。現代では10月の中頃に入っても、暑い日が続くこともあります。そのため30度近い気温があるのに、無理をして袷着物を着る必要もないでしょう。

ただしフォーマルな場所では、昔ながらの衣替えを気にする人もいます。ですので招かれている立場なら、事前に問い合わせをしておくのが無難でしょう。

逆に自分が主催者側であれば、気候次第で単衣着物でも良いと添えておくと親切な対応になります。

ちなみに7月と8月については浴衣や薄物を着ることができます。正確に言えば、浴衣や薄物も単衣着物になるのです。ただこちらは7月と8月という盛夏限定の着物だと考えてください。

単衣着物に小物を合わせるポイント

末広

次に単衣着物に小物を合わせる時のポイントを確認しましょう。

  • 帯と小物は季節感を統一する

原則としてはこの1つになります。単衣着物は夏場に着るものだけに、帯についても単衣着物に合わせたものを使うといいでしょう。主には絽や紗を使ったものが一般的です。帯締めにはレースのものなどが良く使われています。

ちなみに着物でも帯でもそうなのですが、季節を先取りするのがオシャレだとされるのです。春になると季節にあったパステルカラーのものではなく、初夏に合わせた白などを使うといった形になります。

こうした季節の先取りと、小物の季節感を統一すると良いのです。例えば履物などは、天然素材で編んだ草履や下駄などが代表的でしょう。

バッグだと天然素材のかごバッグが良く使われています。他にも最近ではアジア系の布バッグなども使い勝手が良いことから、利用する人も増えているそうです。

単衣着物に合わせるのにおすすめの帯『4種類』

訪問着

次に単衣着物に合わせたい、おすすめの帯についても詳しく見ていきます。先程軽く帯についても解説しましたが、絽や紗といった素材だけではありません。他にも単衣着物にこそ合う素材があるので解説していきましょう。

単衣着物に合わせるのにおすすめの帯『4種類』

【種類1】絽(ろ)の帯

絽というのは夏物生地の王道とも呼ばれる素材のことです。単衣着物でも格式の高い着物に使われることが多いでしょう。縞模様の入った透け感のある生地のことで、織り方によって隙間を作っているのです。

そのため風通しが良く、夏の着物素材として利用されるのです。

  • 平絽
  • 駒絽
  • 経絽
  • 帯絽

などのような種類があり、夏の染帯としてもよく使われます。格式の高い素材となるため、訪問着などに合わせると良いでしょう。また絽綴れという高級感のある素材もあり、こちらは結婚式などで着ることができます。

ちなみに絽は生地の織り方によるもので使われる素材は決まっていません。正絹の絽もあれば、ポリエステルなどの化学繊維を使った絽もあります。素材による違いもありますが、夏の単衣着物や染帯として使われる生地です。

【種類2】紗(しゃ)の帯

絽が夏のフォーマルな生地であるのなら、カジュアルに使えるのが紗となります。絽が定期的に生地の目をあけているのであれば、紗は生地全体で目をあけているのが大きな違いになるのです。

絽と違って生地全体で目をあけていることから、かなり透け感が強くなっています。ここから使われるようになったのが、紗がかかったようなという表現です。ぼやけている様を表現しているので、いかに透け感があるのかわかるでしょう。

  • 駒紗
  • 平紗
  • 紋紗

といった種類があります。主な用途としては夏の着物や羽織でしょう。格式としてはカジュアルから、セミフォーマルだと考えてください。紗で作られた帯はとても軽いのも特徴の1つとなります。

ですので移動時間が多い時や、着物を着る時間が長い時などに使うと、負担を軽減できるでしょう。

【種類3】麻の帯

夏の着物として重要なのが素材です。その素材でよく使われるのが麻です。通気性が良く、吸水性も抜群の天然素材になります。肌触りが良いことも特徴の1つですが、逆に質感が硬いためにシワになりやすい弱点もあるの素材です。

  • シンプルで素朴なデザインが多い
  • 様々な色や柄の着物に合わせやすい
  • 質感が硬めなので太鼓結びがしやすい

などのような特徴もあります。ですので着物の初心者に向いているでしょう。結びやすいですし、シンプルなデザインなので使い勝手も抜群です。絵付けされた帯もあるのですが、きれいに発色したものが多いのもポイントでしょう。

絽や紗といった選択肢も悪くありませんが、天然素材の帯が使いたいのなら、麻の帯をおすすめしておきます。シワになりやすいのが難点ではあるのですが、初心者でもきれいに結びやすいので、おすすめの素材だと言えるのです。

【種類4】櫛織(くしおり)の帯

最後に櫛織の帯も紹介しておきましょう。櫛織というのは機織りの際に、櫛を使っていることが由来です。通常の機織りでは横糸を通してから、かまち筬という道具を使って目を詰めていきます。

このかまち筬ではなく、櫛を使って目を整えていくのですが、生地がゆるやかに波打つような織り目ができるのです。きっちりと目が詰まるのではなく、適度に詰まっている状態です。そうすることによって助感が出て、軽くしなやかな生地になります。

  • 軽い
  • 締めやすい

といった特徴が櫛織の帯にあるのです。いろいろな結び方にチャレンジしたいという人におすすめの生地でしょう。特徴的な生地になるのですが、デザインも豊富なので個性を出せる帯でもあります。

まとめ

単衣着物

単衣着物について情報をまとめてみました。単衣というのは裏地がない生地のことです。この裏地のない単衣生地を着物に仕立てたのが、単衣着物になります。

通常の着物と比べると、通気性が良いことから夏の着物として使われているのです。一般的に夏の着物は6月から9月までになります。

この期間であれば単衣着物を着ていてもおかしくありません。ただし最近では10月に入っても暑い日が続くことがあるので、そうした場合は単衣着物でも問題ありません。

都道府県を選択

市町村を選択

high priceどこよりも高く着物を売る方法

いらない着物や帯をお家で眠らせていませんか?CMで有名なバイセル(スピード買取.jp)なら、プロの査定員が自宅へ無料訪問、あなたの大切な着物を査定。他店よりも高額買取が可能です。安く買い叩かれて損をする心配もありません。

  • 全国対応(一部離島は非対応)
  • 出張費無料・24時間365日受付
  • 最短スピード対応
  • 女性査定員による訪問可
  • 業界トップの信頼・高額査定実績も多数
  • 他社で断れた"状態の悪いもの"も査定買取

着物は年数が経つほどその価値は下がります。バイセル(スピード買取.jp)なら自宅にいながらいらない着物を買取してもらえます。

さらに【当サイトからの申し込み限定】で今なら「買取金額5倍UP」キャンペーンを実施中です!!

着物買取店バイセル

相談は問い合わせフォームなら3分で入力可能電話ならすぐに簡単相談(24時間365日受付可)。下記のボタンから公式サイトへ移って、あなたもいますぐ無料相談しましょう。

今すぐ無料相談してみる

(※電話相談も可能)