着物の基礎知識

反物とは着物を仕立てる前段階!仕立て方の2種類&値段・買取相場!

反物という言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。反物とは着物を仕立てる前の状態であり、巻物のように筒状に巻かれた布の事であり、着物の素材となるものです。

着物についてもよくわからない人も老いでしょうが、反物となれば尚更わからない人も多いのではないでしょうか。

ここでは、反物についてどのような布を指すのか、そしてどれくらいのサイズのものがあり、どのように仕立てられるのかを解説しています。着物を知るためには反物についても知っておきましょう。

反物とは?着物を仕立てる前段階の布

浴衣生地

着物は洋服のようにすぐに着られるような状態で売られているとは限りません。

着物のほとんどは着物を仕立てる前段階の布の状態で売られています。それが反物という状態であり、布を巻物のように筒状に巻かれているものです。

一般的に仕立てられた状態で売られる着物と反物で売られる着物は以下の通りです。

仕立てられて販売 留袖、振袖、訪問着
反物の状態で販売 小紋、紬、付け下げ、浴衣など
ちなみに反物の数え方は一反、二反となりますが、一反とは着物一着分に必要な生地ということです。つまり二反であれば着物が二着作れるということになります。

一反未満の布も反物と呼び、それにも例外があり胴裏や八掛、帯地といった一反未満の布も反物と呼んでいます。

反物のサイズは徐々に変化している

着物を着た女性

反物のサイズの一反は着物一着分であり、通常は幅が9寸5分・長さが3丈となり、分かりやすいようにセンチに直すと幅が約36cm・長さが約12mです。このサイズの反物を長さの3丈から三丈物と呼んでいます。

ただ着物は昔からあるもので、近年の日本人は昔の人に比べると男性も女性も身長が大きくなっています。

そのため昔の三丈物では布が足りなくなることもあり、それに応じて反物のサイズも徐々に変化し幅広と呼ばれる幅広く長い反物が多くなっています。

現在は以下のようなサイズのものが主流となっています。

一般的な女性(身長170cmまで) 幅37cmから38cm 長さ12mから14m
大柄な女性(クイーンサイズ) 幅約40cm 長さ12mから14m
男性(キングサイズ) 幅約42cm 長さ12mから14m

反物の仕立ては『2種類』

反物から仕立てた着物は仕立て方によって袷と単衣の2種類に分けられます。それぞれ特徴があり、適した着物や印象が異なりますし、着用に適した季節などもあります。ここでは袷と単衣の違いについて、それぞれ詳しく解説しています。

反物の仕立ては『2種類』

【種類1】袷の仕立て

袷

袷の着物とは、反物で売られている生地を表地として、それに胴回りや裾、袖の部分に胴裏と八掛という2種類の裏地を付けて仕立てた着物です。袷の着物の主なメリットとしては以下の通りです。

  • 見た目に重量感がある写真映えがする
  • 風を通しにくいため防寒性が高い
  • 正月や成人式などで多く着られる
  • 透けの心配がない

このように袷の着物は裏地が付いているため主に10月頃から翌年の5月くらいまでが適しています。逆に熱がこもってしまうため夏場の暑い時期には不向きです。

ちなみに、裏地が見えるのが袷の着物ですが、胴裏は胴の部分に用いられるため、身体を動かした時などに見える裏地は八掛となります。そのため、袷の着物を購入する際には、八掛の色も考える必要があります。

袷

袷とは裏地がついた着物!袷を着る時期から選び方・帯の合わせ方まで

袷(あわせ)とは?裏地がついた着物 では袷とはなにかから確認していきま……続きを読む

【種類2】単衣の仕立て

単衣着物

単衣の着物とは、袷の着物と違って裏地がない反物の布のみで仕立てられた着物です。単衣の着物の主なメリットとしては以下の通りです。

  • 通気性が良い
  • 生地1枚なので着物が軽い
  • 着物の線が出にくい
  • 帯が引き立って見える
  • 裏地がないため一反だけで仕立てられる

このように単衣の着物は裏地がないため夏場でも快適に過ごせます。そのため適した季節は6月から9月くらいで、それ以外の季節では寒く感じてしまうでしょう。

また生地1枚で仕立てられているため、透けの心配もありますし、立ったり座ったりすることで破けてしまう不安もあります。そのため、補強のためにお尻のあたりに居敷当てを付けたり、背中の縫い代部分に背伏を付けることもあります。

単衣着物

単衣着物とは裏地なしの着物!袷着物との違い&着る時期から種類まで

単衣(ひとえ)着物とは?裏地なしの着物 最初に単衣着物について確認して……続きを読む

反物には仮絵羽の仕立てというものもある

振袖を着た人たち

結婚式や成人式などできられている振袖や留袖を見ると、前から横、横から後ろへと模様が繋がっている着物もあるでしょう。こういった着物の模様は絵羽模様といい、一般的な反物を使って仕立てることができません。

こういった着物は同じ模様が繰り返されている小紋や浴衣とは違った仕立てを行っており、これを仮絵羽の仕立てといいます。仮絵羽仕立ては、白生地を袖丈・身丈に裁ち、着物の形にして下絵を描いて仕立てることです。

仮絵羽にしてから、その下絵に沿って友禅染めや絞り染めなどのような技法を用いて模様を描いていくことになります。そうすることで、流れるように繋がった着物が出来上がります。呉服屋などの店頭では、反物ではなく仮絵羽仕立ての状態で並ぶことがほとんどです。

反物は安い?値段相場について

スマホで検索する女性

反物を購入する際、高いのか安いのか気になる人もいるでしょう。着物に仕立てる前の状態なのだからきっと格安だろうと思う方もいるかもしれませんが、反物の価格は生地の種類、産地、加工方法などによってピンからキリまであるので一概には言えません。

一般的な反物の値段の相場としては新品の反物で数万円から数十万円となります。反物の生地は主に絹が使われていますが、その中でも高級品で値段も高額になるのが正絹です。

正絹とは経糸と緯糸がともに絹糸を用いているもので、相場は5万円から20万円、高いものでは30万円以上になることもあります。また有名作家が手掛けたものや無形文化財に指定されたようなものであれば、数百万円にもなるものもあるのです。

反物の買取相場

買取業者

反物を購入したら着物に仕立てるのが一般的ではありますが、反物で購入したまま保管している方も少なくありません。反物は着物に仕立てられていないから、売っても安いだろうと思う方もいるかもしれません。

ですが、仕立てた着物はサイズ変更ができないため、場合によっては新しい着物を作れる反物の方が高く売れる場合があるのです。反物の買取相場は生地によって変わってきますが、主な反物買取相場としては以下の通りです。

一般的な反物 1万円から3万円
正絹 3万円から4万円
結城紬 10万円以上
大島紬 20万円以上

ただし、買取額については保存状態にもよっても変わってきますし、素材の痛み、汚れの状態によっては買取できない場合もあります。

まとめ

反物

着物を仕立てる、もしくは購入するという場合には反物の種類やサイズについてもよく知っておかないと、購入してから生地が足りなかった、着物に仕立てられなかったなんてこともあります。

また季節や着ていくシーンにも合わないなんてこともあるでしょう。また中古の着物を購入しようと考えている方も、着物だとサイズが合わないこともしばしばあるので、反物で購入する事も考えてみましょう。

逆に着物を仕立てる予定もなく反物だけあるという方は、状態が悪くなる前に買取してもらうのも1つの方法です。

都道府県を選択

市町村を選択

high priceどこよりも高く着物を売る方法

いらない着物や帯をお家で眠らせていませんか?CMで有名なバイセル(スピード買取.jp)なら、プロの査定員が自宅へ無料訪問、あなたの大切な着物を査定。他店よりも高額買取が可能です。安く買い叩かれて損をする心配もありません。

  • 全国対応(一部離島は非対応)
  • 出張費無料・24時間365日受付
  • 最短スピード対応
  • 女性査定員による訪問可
  • 業界トップの信頼・高額査定実績も多数
  • 他社で断れた"状態の悪いもの"も査定買取

着物は年数が経つほどその価値は下がります。バイセル(スピード買取.jp)なら自宅にいながらいらない着物を買取してもらえます。

さらに【当サイトからの申し込み限定】で今なら「買取金額5倍UP」キャンペーンを実施中です!!

着物買取店バイセル

相談は問い合わせフォームなら3分で入力可能電話ならすぐに簡単相談(24時間365日受付可)。下記のボタンから公式サイトへ移って、あなたもいますぐ無料相談しましょう。

今すぐ無料相談してみる

(※電話相談も可能)