着物の基礎知識

袷とは裏地がついた着物!袷を着る時期から選び方・帯の合わせ方まで

着物を初めて購入する時に袷という言葉を聞くことがあります。この袷とはいったい何のことかわからない人も多いはずです。そもそも多くの人にとって、着物は特別な時にしか着ないものなので、生地の違いと言われてもわからなくて当然です。

そこで袷とはなにかといった基本的な事柄から、袷の着物を着る時期など細かく調べてみました。袷を知らなくても問題はないのですが、知っておくとより着物選びに幅が出てくるでしょう。

袷(あわせ)とは?裏地がついた着物

着物

では袷とはなにかから確認していきます。袷とは着物の仕立ての1種類になります。胴回りや裾、袖などといった部分に裏地がついた生地を使うことだと考えてください。裏地がつくため見た目にも重厚感が出ます。

また外気を遮断しやすくなるため、肌寒い時期などに着ると温かいというメリットも考えられるでしょう。着物そのものに厚みが出るため、写真を撮った時に映えるというのも若い世代の女性からすると魅力からもしれません。

逆に裏地のついていない生地を使って仕立てた着物を単衣と言います。違いとしては生地に裏地があるかないかだけです。まとめると仕立てた生地に裏地があるものを袷と呼び、生地に裏地がないものを単衣と呼びます。

単衣着物

単衣着物とは裏地なしの着物!袷着物との違い&着る時期から種類まで

単衣(ひとえ)着物とは?裏地なしの着物 最初に単衣着物について確認して……続きを読む

袷の着物を着る時期・季節について

カレンダー

袷の着物を着る時期や季節は決まっているのかでしょうか。結論からお伝えしますと、衣替えの時期が切り替えのポイントになっています。先程も軽く触れましたが、仕立てられた生地に裏地があるのが袷です。

そのため外気を遮断する力が、単衣よりも強いと言えます。結果として春から夏、秋から冬、冬から春にかけてが合わせの着物を着る時期になるのです。逆に初夏から晩夏といった暑い時期には単衣の着物にするのが一般的な考えになります。

  • 衣替えとなる6月~9月が単衣
  • 10月~翌5月までが袷の着物のシーズン

ただこの衣替えというのは、伝統的な考えに則ったものです。最近では気候の変動もあってか、6月や9月でも肌寒い日があるでしょう。そうした時に無理をして単衣の着物を着る必要はありません。

紗袷(しゃあわせ)と袷の違い

訪問する着物女性

袷の着物を見ていくと、紗袷と呼ばれる種類もあります。この紗袷と袷にはどんな違いがあるのでしょうか。最初に紗について簡単に説明しておきます。紗とは主に夏場に使われる生地のことです。

通常の織物のように目が詰まっているのではなく、生地全体の目が大きくなっているものを指します。通常の生地よりも透明感があり、通気性が高いのが特徴です。

1枚の生地だと透け感が強いため、別の紗や絽という夏生地を重ねたものを紗袷と呼びます。もともと透け感が強く薄い生地であることから、紗袷の着物というのは通常の袷着物よりも薄手になるのです。

  • 昼と夜の気温差が大きい日に着るのがおすすめ
  • 晩夏や初夏などが主なシーズン

という特徴を持っています。

袷と単衣(ひとえ)の違い

畳まれた着物

先程も軽く触れましたが、着物の仕立てに使われる生地は大きくわけて2つです。

  • 単衣

袷というのは裏地がついている生地を着物に仕立てることで、単衣は裏地がついていない生地を仕立てることです。この2つの違いとしては、単に生地に裏地があるかどうかでしかありません。

袷は裏地があるため、冬の寒い時期でも暖かいのが特徴です。逆に夏場などは空気がこもってしまうため、かなり暑くなってしまいます。そのため基本的に夏場には着られない仕立てだと考えてください。

逆に単衣は生地に裏地がないので薄く、風通しが良いのが魅力です。そのため6月~9月といったシーズンがあるのです。

着こなしのポイントとしては、長襦袢などで着物の形を美しく見せるといいでしょう。生地が薄いので袷ほど着物の線がはきりと出ないためです。

単衣を着る時期に袷を着たい場合

着物を着たカップル

袷着物を着る時期は10月から翌5月と、温かい夏以外が原則としてあります。ですが最近では気候の変動などもあってか、6月から9月の間でも肌寒く感じることがあるでしょう。そうした時に袷を着てはいけないのかと疑問を抱く人もいます。

先に答えをお伝えしておきますと、6月から9月の間でも袷着物を絶対に着てはいけないなどのルールはありません。肌寒い日に薄手の単衣を着ることによって、体調不良を起こす方がおかしいためです。

ただしこれはカジュアルな場に限定されると考えてください。フォーマルな場だと、やはり季節に合わせた着物を着ていないとお叱りを受けることもあります。そうしたトラブルを避けたいのなら、事前に主催者に確認をとってみるといいでしょう。

袷の着物の選び方

通販で購入する女性

次に袷着物の選び方も確認していきましょう。一般的に着物といった場合は、袷であることが多いです。何故なら着るシーズンが長いので、単衣よりも優先して置かれているからだと考えてください。選ぶポイントとしては以下のものがあります。

  • 季節感を考える
  • 色や柄をあわせていく

洋服でもそうなのですが、色や柄には様々なものがあるので、季節感を考えて選んでいくといいでしょう。秋から冬、冬から春といった季節に着ることが多いのが袷ですので、このシーズンに合わせるのがポイントです。

  • 秋から冬には暖色系がおすすめ
  • 柄は秋をイメージさせるものが良い
  • 冬から春には華やかな色合いの着物がおすすめ
  • 梅や竹、菊などの柄が人気
  • 春になると柔らかい色合いのパステルカラーがおすすめ
  • 柄は桜や牡丹が人気

以上のように季節感を出しながらも、柄で個性を見せていくといいです。

袷の着物の下に着るべき長襦袢の種類

スマホで検索する女性

袷着物の下には長襦袢を着るのが一般的です。この長襦袢にも実は種類があるのをご存知でしょうか。

  • 通常の長襦袢
  • 袷長襦袢

一般的な長襦袢とは別に、袷長襦袢といったものがあります。この種類の違いも着物と同じで、長襦袢に裏地がついているかどうかです。

裏地がついていないのが通常の長襦袢になります。裏地があるものが袷長襦袢です。通常の長襦袢は裏地がないため、防寒効果はさほど高くありません。

ただオールシーズンで着られるので、出番は非常に多いでしょう。逆に袷長襦袢は裏地がついているので防寒効果が高いです。そのため冬以外では使われにくいタイプです。

袷の着物に合う帯は?袷帯(あわせおび)がある

着物を着た女性

袷の着物に合う帯についても考えておきましょう。先程からお伝えしているように、着物の主流となっているのが袷です。そのため帯といっても、特にこれとおすすめするようなものはありません。

ただ最近ではあまり使われていない帯の1つに、袷帯というものがあるのです。表地と裏地が異なる布で仕立てられた帯になります。表と裏で布が違うこともあり、幅広い楽しみ方ができるのが特徴です。

もともと人気のあった袷帯なのですが、名古屋帯が普及したことによって、数が少なくなっています。現在では主に普段着用として使われているので、カジュアルな場所に出かける時は、あえて袷帯を使うのも良いでしょう。

TPO別におすすめの袷の着物を紹介

最後にTPO別におすすめの袷着物を紹介します。多くの方がご存知でしょうが、着物には格式があるのです。この格式を無視してイベントで着てしまうと、詳しい人からは白い目で見られてしまいます。

  • 結婚式や公のパーティーでは訪問着や留め袖
  • 入学式やお宮参りなどでは色無地や附下げ
  • 観劇や街歩きなどはカジュアルな紬や小紋

といったようにTPOに合わせるといいでしょう。結婚式や公のパーティーというのは、フォーマルな場ということです。入学式やお宮参りは準フォーマルな場と考えてください。観劇や街歩きなどはカジュアルで大丈夫です。

着物を着て訪れる場所が、どのような形なのかを考えることが重要でしょう。どの場にも着物を着ていきたいのなら、格式に合わせて最低でも3種類揃えておくと問題ありません。

まとめ

袷

袷についての情報をまとめてみました。袷とは着物の仕立ての1つで、生地に裏地がついているものを指します。他方で裏地のついていない着物を仕立てたものが単衣です。

袷の着物は裏地がついている分、着物に重厚感があってしっかりと形が出ます。ただ熱がこもってしまうので、初夏から晩夏のように暑い時期には向きません。

この暑い時期に着るのが単衣だと考えてください。昔は衣替えの時期が決まっていましたが、最近では気候が不安定なこともあるためシーズン外でも気候に合わせて袷を着るといいでしょう。

都道府県を選択

市町村を選択

high priceどこよりも高く着物を売る方法

いらない着物や帯をお家で眠らせていませんか?CMで有名なバイセル(スピード買取.jp)なら、プロの査定員が自宅へ無料訪問、あなたの大切な着物を査定。他店よりも高額買取が可能です。安く買い叩かれて損をする心配もありません。

  • 全国対応(一部離島は非対応)
  • 出張費無料・24時間365日受付
  • 最短スピード対応
  • 女性査定員による訪問可
  • 業界トップの信頼・高額査定実績も多数
  • 他社で断れた"状態の悪いもの"も査定買取

着物は年数が経つほどその価値は下がります。バイセル(スピード買取.jp)なら自宅にいながらいらない着物を買取してもらえます。

さらに【当サイトからの申し込み限定】で今なら「買取金額5倍UP」キャンペーンを実施中です!!

着物買取店バイセル

相談は問い合わせフォームなら3分で入力可能電話ならすぐに簡単相談(24時間365日受付可)。下記のボタンから公式サイトへ移って、あなたもいますぐ無料相談しましょう。

今すぐ無料相談してみる

(※電話相談も可能)