着物の基礎知識

【着物におすすめ和装バッグ5選】着物の種類別にオシャレな合わせ方

着物は洋服と違ってポケットがないため、ハンカチや財布などの小物を持ち歩く際にはバッグが必要となります。かといって、普段の洋服姿で使用しているバッグだと着物には合わないことが多いので、着物の場合には和装バッグを持ち歩くのが望ましいです。

和装バッグと言ってもいろいろな種類がありますし、着物の種類によっても合うものと合わないものがあります。ここでは着物におすすめの和装バッグ5種類と着物の種類に合わせたバッグの選び方を紹介しています。

【全5種類】着物におすすめな和装バッグの選び方

洋服の時と違って着物を着る場合には持っていくバッグも合わせないと違和感があります。着物におすすめな和装バッグとしては以下のようなタイプがあります。

【全5種類】着物におすすめな和装バッグの選び方

【種類1】クラッチバッグ

紫色の訪問着を着た女性

クラッチバッグとは小さめのハンドバッグのようなもので、肩紐はついていません。主にフォーマルな場に持っていくバッグとして最適で、デザインとしては華やかなものが多いです。

クラッチバッグはサイズが小さく、ハンカチや最低限度の化粧品、スマホ程度しか入れられません。そのため、会場ではこのクラッチバッグを持ち歩きますが、その他にこのクラッチバッグや他の物を入れておくサブバッグのようなものを準備しておくと便利です。

【種類2】利休バッグ

振袖を着た人たち

着物に最も似合う和装バッグと言われているのが利休バッグです。利休バッグとはその名はまさしく茶人千利休からきているのですが、まさしくお茶会などのカジュアルな場面に最適ということから利休の名を使ったようです。

利休バッグはマチがついていて床や台に置いても自立するバッグで素材も皮や絹などバリエーションが豊富です。カジュアルな場面に最適と言いましたが、結婚式や卒業式などフォーマルな場面などにも適していて、まさに和装を着る場面にはどこでも適しています。

【種類3】ビーズバッグ

ビーズバッグとはその名の通りビーズが装飾されたバッグの事です。ビーズの色や装飾の仕方によってバリエーションは豊富になり、着物に合うだけでなく洋装にも似合うバッグもあり、エレガントさや可愛らしさを出すことができます。

普段着としても使えますし、着物にも使えるので使い勝手のいいバッグでしょう。特にカジュアルな場面で着物を着る際にはビーズバッグもいいでしょう。

ただ絹などの柔らかい素材の着物を着る場合には、布地を傷つけてしまうこともあるので注意が必要です。

【種類4】巾着

巾着とは入口に紐が通してあり、紐を緩めたり縛ったりして物を出し入れできます。大きさはいろいろありますが、一般的にサイズは小さくハンカチや財布程度を入れる程度になります。フォルムは丸みを帯びていて、可愛らしいイメージがあります。

そのため一般的には浴衣などカジュアルな場面で着る時に適した和装バッグと言えるでしょう。ですので、逆に結婚式や卒業式などのフォーマルなシーンには合わないので、そういったシーンでは避けたほうがいいでしょう。

【種類5】振袖用バッグ

振袖用バッグとはその名の通り振袖を着る時に適したバッグで、一般的には草履とセットになっています。振袖は着物の中でも格式が高く、草履と同じ生地で作られたバッグや同じデザインで作られたバッグが望ましいです。

もちろん和装バッグと草履を別々に購入しても構わないのですが、やはり似たようなデザインでもちょっと違ってくるため、成人式などで振袖を着る時には草履と一緒になった振袖用バッグを選んだ方が上品で統一性があって素敵です。

【着物の種類別&TPO】和装バッグのおしゃれな合わせ方

和装バッグは着物の種類によっても合わせ方が異なります。フォーマルな着物としては以下の種類があります。

【着物の種類別&TPO】和装バッグのおしゃれな合わせ方・フォーマルな着物

また準フォーマルとしては以下の着物があります。

【着物の種類別&TPO】和装バッグのおしゃれな合わせ方・準フォーマルな着物

【フォーマル】黒留袖

傘をもった着物女性

黒留袖とは着物の中で最も格式が高い着物の1つで、主に結婚式などで新郎新婦の親族が着る着物です。色は黒色ではありますが華やかな着物ですし、おめでたい場で着る着物ですからバッグも気品のある華やかなデザインのものが理想的です。

バッグの色としては金色や銀色がふさわしく、また光沢感のある白色バッグでもお似合いです。そして草履を選ぶ場合も色やデザインはバッグに合わせるのが理想で、バッグと草履に統一性を出すことでより華やかで上品なイメージになるでしょう。

ちなみに黒留袖を着る結婚式などでは殺生を連想させるものはタブーです。そのため和装バッグや草履は布地のものを選び、皮革素材のバックや草履は避けるようにしましょう。

【フォーマル】色留袖

着物女性

色留袖も黒留袖と同じように格式が高い着物の種類で、格式的には黒留袖の方が上になります。一般的な違いとしては黒留袖が新郎新婦の親族や既婚者が着るもので、それに対して色留袖は親族以外の出席者が着るものです。

また色留袖は既婚者だけじゃなく未婚者も着ることができます。色留袖はいろいろなカラー・デザインのものがありますが、一般的には色や柄は薄いピンクやイエロー、淡いブルーなどが多い傾向にあります。

色留袖に合う和装バッグは黒留袖同様、金色や銀色、光沢のある白色のバッグが適しています。また黒留袖と同じように結婚式などのめでたい場面で色留袖を着ていく場合には、皮革素材のバックはタブーですので避けるようにしましょう。

【フォーマル】振袖

成人式で着物を着ている女性

振袖は一般的に未婚の女性が着る着物の中で最も格式が高い着物で、主に成人式や卒業式に着ることが多いです。振袖は本来、若い女性の着物であって、未婚・既婚の制約はありません。

ですが、最近は未婚の女性が着るものというイメージが強くなっています。振袖は格式が高い着物といっても基本的に和装バッグの色やデザインは自由に選べます。

実際に派手な装飾のものやファーが付いたものなどいろいろありますので、好みに合わせて和装バッグを選んで構わないでしょう。

ただ振袖に合わせるのがベストで、華やかなデザインの振袖なら和装バッグも派手な柄のもの、落ち着いたデザインの振袖なら和装バッグや草履も落ち着いたものを選ぶといいでしょう。

【フォーマル】黒喪服

喪服

黒喪服は主に葬儀など法事の場で着る着物になります。法事は結婚式や成人式といった華やかな場面ではありませんので、バッグを自由に選んでいいというわけではなく、最低限のマナーを守る必要があります。

そのため黒喪服を着る場合の和装バッグは、基本的に黒色で布素材を使ったものを選びましょう。最近は皮革素材のバッグを使用する人も増えてきていますが、基本的に皮革素材は殺生を連想させるのでタブーです。

またバッグは黒色でも光沢や装飾がないシンプルなものが望ましいです。実際に黒色でシンプルなバッグは普段は使わないでしょうから、黒喪服を着る場合つまり法事に出席する時のために専用のバッグを準備しておく必要があるでしょう。

【準フォーマル】訪問着

着物女性

訪問着は結婚式などのおめでたい席はもちろんですが、お茶会やパーティーなどのカジュアルな場面でも着られる便利な着物です。

ただ着物自体はいろいろなシーンで着られますが、和装バッグに関しては訪問着の色やデザインに合わせるのはもちろんですが、訪問着を着ていくシーンに合わせる必要があります。

例えば結婚式などのフォーマルな場面に訪問着を着ていく場合には、和装バッグは金色や銀色のバッグで皮革素材のものを避けましょう。一方でお茶会やパーティーなどのカジュアルな場面に訪問着を着ていくなら、ビーズが装飾されたちょっと派手なバッグでもいいでしょう。

基本的に着物に合わせて和装バッグを準備しておくのがいいですが、訪問着に限ってはどこに着ていくのかによって和装バッグを選ばないといけません。

【準フォーマル】色無地

無地の着物

色無地とは白生地を黒以外の一色で染めた着物で、紋あり・紋なしによって着ていくシーンが若干異なります。

基本的に紋ありの色無地の方が格は上ですが、結婚式や卒業式のようなフォーマルな場面でもパーティーやお茶会のようなカジュアルな場面でも着られる便利な着物です。

ただ色無地はシンプルなデザインですので着こなしやすい反面、平凡になりすぎることもありますので、バッグや草履、帯などでおしゃれをすることが望ましいです。その場合でも、色無地を着ていくシーンに合わせることも大切です。

例えば結婚式などでは金色や銀色、光沢のある白色など上品なものが望ましいですし、パーティーやお茶会、食事会などではキラキラとした装飾が施された和装バッグがおしゃれでおすすめです。

【準フォーマル】江戸小紋

江戸小紋

小紋とは細かい模様が着物全体に入っているおしゃれ用の着物のことです。一般的な小紋は基本的に外出着という格になりますが、江戸小紋は小紋の中で最も格が高く色無地と同格となる略礼装着になるのです。

江戸小紋は白生地に細かい模様で染める着物で、色無地と同じような感覚でパーティーやお茶会、お食事会などのいろいろなシーンで着られます。ただ江戸小紋は派手な模様が多いため、和装バッグも派手にしてしまうと、くどくなってしまいます。

ですので、江戸小紋の着物を着る場合には比較的シンプルな和装バッグを選ぶのがおしゃれです。また草履も同じような落ち着いた色調で揃えることで、メインとなる江戸小紋の着物の美しさをより際立たせることができます。

【準フォーマル】付け下げ

着物女性

着物は古くからあるものというイメージがありますが、付け下げは太平洋戦争中に贅沢が禁止されたことにより生まれた比較的新しい種類の着物です。当時は遊女や芸妓の着物でしたが、その後一般にも広く普及され、今では既婚・未婚にこだわらず着られています。

付け下げは訪問着よりも少し格が低い着物で、主にちょっとしたお茶会やパーティーなどカジュアルなシーンで着られます。付け下げはいろいろなシーンに着られるため、和装バッグはそのシーンに合わせて選ぶのが望ましいです。

例えばちょっとフォーマルに近いシーンで着るのであれば、金色や銀色など光沢がある素材の和装バッグがいいですし、カジュアルな場面なら華やかで明るい色の和装バッグがいいでしょう。

【準フォーマル】小紋

小紋とは全体に細かい模様が入っており、カジュアルなパーティーや軽いお茶会などに着ていくことが多い着物です。フォーマルな場面に着ていく着物ではなく、普段着扱いとなる着物ですから和装バッグも比較的自由に選べるのが特徴です。

もちろん自由に選べると言っても、やはり着物の色や柄に合わせたほうがオシャレです。小紋もいろいろな種類の柄がありますので、うまくコーディネートするのがポイントで逆に言えば他の着物に比べてセンスが必要となります。

例えばちょっと華やかなデザインの着物を着ている場合に和装バッグも派手なものにしてしまうと、くどくなってしまいます。そんな時にはシンプルな和装バッグにすれば着物を際立たせることもできるでしょう。

着物で出かける際のバックの選び方と注意点

着物で出かける場合には普段の洋服で持ち歩くバッグとは異なる和装バッグが望ましいです。ただここでポイントとなるのは、バッグの選び方と注意点です。着物で出かける場合の和装バッグは以下のようなポイントが重要です。

  • バッグと草履、帯や着物の色と合わせる
  • 持ち手は長すぎないものを
  • カジュアルなものは避ける
  • 装飾が多いものは避ける

バッグは基本的に利便性で選ぶことが多いですが、着物を着る場合には着物とのコーディネートが肝心になります。またそれとともに、着物を着ていく場面にも気を付けないと失礼に当たることもあるので注意が必要です。

あくまでバッグは着物の付属品であることを忘れてはいけません。そのため着物の良さを引き立てるような選び方も必要になります。

まとめ

和装とカバン

一般的な洋服の時に使うバッグも洋服とのコーディネートを考える人はいるでしょう。それでもバッグ単体のデザインや使い勝手を重視する人の方が多いです。

着物の時も使い勝手は重要ですが、着物の時に持ち歩く和装バッグは特にコーディネートを意識する必要があります。

バッグ単体で見ればオシャレであっても、着物に合わなければセンスが悪いとみられてしまいますし、下品に見えてくる場合もあります。また草履と合わせることも考えて選びましょう。

high priceどこよりも高く着物を売る方法

いらない着物や帯をお家で眠らせていませんか?CMで有名なバイセル(スピード買取.jp)なら、プロの査定員が自宅へ無料訪問、あなたの大切な着物を査定。他店よりも高額買取が可能です。安く買い叩かれて損をする心配もありません。

  • 全国対応(一部離島は非対応)
  • 出張費無料・24時間365日受付
  • 最短スピード対応
  • 女性査定員による訪問可
  • 業界トップの信頼・高額査定実績も多数
  • 他社で断れた"状態の悪いもの"も査定買取

着物は年数が経つほどその価値は下がります。バイセル(スピード買取.jp)なら自宅にいながらいらない着物を買取してもらえます。

さらに【当サイトからの申し込み限定】で今なら「買取金額20%UPキャンペーン」を実施中です!!

相談は問い合わせフォームなら3分で入力可能電話ならすぐに簡単相談(24時間365日受付可)。下記のボタンから公式サイトへ移って、あなたもいますぐ無料相談しましょう。

今すぐ無料相談してみる

(※電話相談も可能)