着物の基礎知識

夏に着る着物”薄物”は透ける着物!種類・時期&透けるときの対策!

洋服にも夏服と冬服があるように、着物にも季節にあったものがあるのです。一般的に着物と言えば、通年で着るようなイメージがあるかもしれません。ですが実際には生地の素材によって、季節でわかれているのです。

夏以外に着る着物が袷と呼ばれるもので、夏に着る代表的なきものが単衣になります。ただ厳密に言うと単衣は6月と9月に着るものだと考えてください。

夏のピークになる7月と8月いは薄物を着ます。この薄物について詳しく調べてみました。

夏に着る着物”薄物”とは?裏地をつけずに仕立てた透ける着物

着物着た女性

ではそもそも薄物とは、どんな着物なのでしょうか。夏場に着る着物を総じて単衣というのですが、これは裏地のついていない生地を仕立てた着物のことです。裏地がついている生地を仕立てたものは袷と呼んでいます。

先程も軽く触れましたが、6月と9月には単衣を着るのが一般的です。そして7月と8月という暑さがピークのときには薄物を着ます。

一年で最も暑い時期に着る着物なので、生地が薄くて透けているような着物を着るのがマナーです。この生地が薄くて、透けている着物が薄物になります。

  • 上布
  • 絹紅梅

などのような素材を単衣に仕立てています。ただ透けている生地なので、長襦袢が見えることになるのです。そのため長襦袢と着物の寸法があっていないと、不格好になるので注意が必要でしょう。

薄物の特徴について

薄物は先述したように、裏地がついていない生地を使います。その生地も目が大きくあいているもので、軽くて風通しが良いのが特徴です。また生地に透け感があるのもポイントで、夏らしい装いができます。

  • 裏地がないから刺繍などが難しい
  • 染め物だと裏も染めてあるものが良い
  • フォーマルなシーンでも着ることができる
  • 着物の形をきれいに出すために長襦袢が必須

などのような特徴があると考えてください。ちなみに長襦袢は半袖の物を使うのも良いでしょう。また場合によっては半衿なども使うのがおすすめです。

帯としては薄い生地が使われた名古屋帯や、通気性の高い単衣帯が選ばれています。

着物の薄物を着る時期

カレンダー

先程着物も洋服と同じように、季節にあわせて着るものを変えていきます。

  • 10月~翌5月は袷
  • 6月と9月は単衣
  • 7月と8月は薄物

といったように分けられているのです。ただしこの季節の分け方というのは、昔からの考え方に沿っています。そのため現代では若干合わなくなっているケースも少なくありません。

  • エアコンの効いた場所で薄物なら寒いのなら単衣や袷でも良い
  • 季節にあわず寒い日や暑い日がある場合は基準を外しても良い

といったように柔軟に考えても大丈夫です。無理をして季節に合わせた着物を着て、体調を崩してしまっては意味がないからです。ただし1つ注意したいのが、フォーマルなシーンで利用する場合でしょう。

こうした場ではマナーにうるさい人もいます。ですので事前に主催者に確認するなど、手間をかけておくとトラブルの防止につながるはずです。

夏着物の薄物に使われる『3つの種類』

夏の着物である薄物に使われる素材についても見ていきましょう。先程幾つか紹介しましたが、特に重要な3つの素材について触れておきます。薄物を選ぶ時はこの3つの素材にしておくのが無難です。

夏着物の薄物に使われる『3つの種類』

【種類1】絽

夏着物の代表的な素材といえるのが絽になります。

  • 結婚式やお宮参りなどのフォーマルな場でも着ることができる
  • 通気性がよく、透け感がある
  • 独特の縞模様がある

といったような特徴を持つ素材です。もじり織りと呼ばれる独特の織り方をしているため、生地に隙間ができています。生地すべてをもじり織にするのではなく、平織りも混ぜることで独特の縞模様ができるのです。

繊細な柄をデザインすることもでき、夏の着物に使われる生地としては鉄板です。

  • 留め袖
  • 訪問着
  • 附下げ
  • 色無地
  • 小紋

など幅広い種類に仕立てることができるので、絽の着物を1つ持っていると重宝するでしょう。

【種類2】紗

次に紗についても見ておきます。絽よりも強い透け感がある素材となるのが特徴でしょう。絽の場合はもじり織に平織りを混ぜていましたが、平織りを混ぜていないため、かなり強い透け感があるのです。

例えばお坊さんが着る僧衣なども、夏場は紗のものを使います。

  • 7月~8月に着るのに適した素材
  • 見た目にもかなり涼しく感じる
  • 基本的にはカジュアルな素材なのでセミフォーマルが限度

などのような特徴を持っています。ちなみに紗と紗、絽と紗を合わせて透け感を押さえた物もあり、そちららは紗袷と呼ばれているので覚えておきましょう。

  • ホテルでの食事
  • 観劇

などのシーンに向いている素材だと考えてください。

【種類3】麻(上布)

畳まれた着物

麻も着物の素材としては古くから使われてきました。

  • 汗をかいても肌にはりつかない
  • 自宅でも洗濯できる
  • 自然素材なので肌に優しい

などのように麻は、優れた特徴を持っている素材だと言えます。特に肌にはりつかない、家でも洗濯できるといった点は大きな魅力でしょう。まさに夏の普段着として使える素材です。

そんな麻の中でも上質な麻糸を使って織られた生地のことを上布と言います。こちらは麻素材の着物の中では、高級な部類でしょう。ちなみに上布よりも価値が低くなりますが、縮という生地もあります。

  • レストランでの食事
  • 美術館などへ着ていく

基本的に上布を使ったものでも、フォーマルなシーンでは使えません。ですのでカジュアルシーンで使うのが麻の素材だと考えてください。

着物の薄物を着るときは透けることに注意!『4つの注意&対策』

薄物は使われる生地に透け感が強いということをお伝えしました。これは生地の特性上仕方のないことでもあります。そのため下に着る長襦袢との組み合わせが重要になるのですが、4つ注意しておくことがあるので紹介しましょう。

着物の薄物を着るときは透けることに注意!『4つの注意&対策』

【注意&対策1】胸元

着物を着た女性

やはり薄物で最も目立つのが胸元になります。襦袢の衿が透けて見えることから、かなり目線も集めやすくなるのです。そのため適当に半衿をつけていると、すぐにわかってしまうでしょう。

  • 濃い色の薄物を着る時は長襦袢も濃い色にする
  • 色のある半襟をつけないようにする

この2点に注意しておくといいでしょう。意外に思われるかもしれませんが、濃い色の薄物に白い長襦袢を合わせてしまうと、かなり透けることになるのです。

ですので濃い色の薄物は逆に選ばないというのもポイントでしょう。

胸元が最も透けてしまう場所なので、そうした点でも薄物と長襦袢の色をなるべく合わせるようにすると、透けにくくなるはずです。チョイスが難しい時は販売店のスタッフに相談するといいです。

【注意&対策2】お尻

茶屋に座る和服女性3人

次に注意したいのがお尻です。正確には下半身の透け感についてです。前については上前と下前が重なるため、2枚の布地があることになります。そのため前の透け感については特に気にする必要はないでしょう。

ただ注意したいのが後ろ姿です。居敷当がついていないタイプだと、お尻から足の形が透けて見えてしまいます。そのため以下の点に注意してください。

  • 襦袢に居敷当がついているものを選ぶ
  • 着物に居敷当がついているものを選ぶ

この2つの内、いずれかが該当していれば透け感を低減させることができるでしょう。どちらも居敷当がない状態だと、かなり透け感が強くなるので要注意です。この点もわからないのであれば、販売店のスタッフに相談してみてください。

【注意&対策3】腕

紫色の訪問着を着た女性

薄物の着物を着ていると、当然ですが腕の部分も透けてしまいます。ただし襦袢を着ていれば何の問題もない程度におさまるでしょう。ですがうそつき衿のような、袖がない襦袢だとかなり透けて見えてしまうのです。

  • フォーマルな場で透け感がある場合は角袖をつける
  • カジュアルな場では筒袖でも十分

といった点に注意しておくといいです。基本的に薄物の着物で、腕が透けてしまうのは襦袢をつけていないから起こるものと考えてください。

ですので襦袢さえしっかりとしていれば、腕の透け感はあまり問題視しなくてもいいでしょう。そもそも薄物自体が夏用の物となるので、腕くらいなら透けても構わないと考える人も少なくありません。

ただフォーマルな場では、腕が透けて見えるのはよろしくありませんので、そうした場ではしっかりと袖のある襦袢をつけるようにしてください。

【注意&対策4】背中

浴衣

最後に薄物における背中の透けについても見ておきます。衣紋を抜くための衣紋抜きの部分が、かなり透けてしまうのが注意すべき点です。あまり透け感が強いと気になってしまう人も多いでしょう。

  • 襦袢の内側に衣紋抜きをつける
  • 肌着の内側に衣紋抜きをつける

などのような対処法が代表的でしょう。薄物に衣紋抜きをつけることで透け感が増してしまうので、襦袢や肌着にてその点をカバーするという発想になります。

ある意味で裏技的な透け感隠しの方法になるのですが、逆に言えば着物のことをよく知っていると見られるはずです。

もし自分ではよくわからないのであれば、着物販売店のスタッフにアドバイスをもらうといいでしょう。専門的な知識を持っているので、自分では思いも寄らないアドバイスをくれることも少なくありません。

まとめ

薄物

夏に着るとされる薄物という着物についての情報でした。基本的に着物は2つの種類に分けることができます。10月~翌5月までの袷着物と、6月~9月の夏の間に着る単衣着物です。この単衣着物はさらに単衣と薄物に分けられます。

単衣は6月と9月、薄物は7月と8月に着る着物だとされるのです。特に生地の目があいている生地を使うことで、通気性がよく透け感があるのが薄物だと考えてください。

夏に着るのにピッタリの着物ですが、仕立てによってフォーマルか、カジュアルかが分かれるのでその点は注意してください。

都道府県を選択

市町村を選択

high priceどこよりも高く着物を売る方法

いらない着物や帯をお家で眠らせていませんか?CMで有名なバイセル(スピード買取.jp)なら、プロの査定員が自宅へ無料訪問、あなたの大切な着物を査定。他店よりも高額買取が可能です。安く買い叩かれて損をする心配もありません。

  • 全国対応(一部離島は非対応)
  • 出張費無料・24時間365日受付
  • 最短スピード対応
  • 女性査定員による訪問可
  • 業界トップの信頼・高額査定実績も多数
  • 他社で断れた"状態の悪いもの"も査定買取

着物は年数が経つほどその価値は下がります。バイセル(スピード買取.jp)なら自宅にいながらいらない着物を買取してもらえます。

さらに【当サイトからの申し込み限定】で今なら「買取金額5倍UP」キャンペーンを実施中です!!

着物買取店バイセル

相談は問い合わせフォームなら3分で入力可能電話ならすぐに簡単相談(24時間365日受付可)。下記のボタンから公式サイトへ移って、あなたもいますぐ無料相談しましょう。

今すぐ無料相談してみる

(※電話相談も可能)