着物買取の基礎知識

「着物買取しても二束三文でしょ?」そう感じる5つの特徴&3つの注意点!

「着物買取しても二束三文でしょ?」と感じて、最初から着物買取の査定に出すのを諦めてしまう人が多いです。そのように感じてしまう人が沢山いるのには、少なからず理由があるかもしれませんね。

とはいえお金にならないとはじめから決めつけてそのままにしてしまうと、何のお金にもなりません。ここではなぜ二束三文にしかならないと感じるのか理由を考え、どのように行動したらよいか解説していきます。

「着物買取しても二束三文にしかならない」そう感じる理由

×を持った着物女性

着物買取をしても大したお金にならないと感じる理由は一つではなく、いくつかあります。主な理由としては以下になりますが、実際このように感じて売ることなく諦めた経験のある人もいらっしゃるのではないでしょうか。

  • 思っていたよりも安値で買い叩かれたという口コミを、ネットのサイトやSNSなどで目にするから
  • 購入時の金額が洋服と比べると高額であるがゆえに、査定金額が安いとギャップを大きく感じてしまうから

洋服を古着屋で売る際にはわざわざ評判を調べませんが、着物買取をする際にはネットなどで下調べをするという方も多いです。それゆえに安値だったという口コミが目に入りやすいという、理由もあるでしょう。

着物買取が二束三文にしかならない『5つの特徴』

並べられた着物と帯

実際に着物買取をする際に二束三文にしかならないケースもありますが、それには主に5つの特徴があります。以下のパターンに該当する際には高値で売るのは難しいと、最初から心得ておいた方がよいかもしれません。

着物買取が二束三文にしかならない『5つの特徴』

【特徴1】着物を購入して10年以上経過している

○×を持った着物女性

まず一つ目の特徴として、着物購入時からだいぶ年数が経過している着物ほど、買取価格が低くなる傾向にあります。着物も洋服と同様、一番高値が期待できるのは新品に近い状態のもので、その後は下がっていきます。

そのため年数が経過してしまうと、それだけで不利になってしまい、どんなに保管状態がよくても評価は低くなりがちです。

特に10年以上経過した着物は、金額が大きく下がるため、タイミングに気を付けたいです。

とはいえ10年以上経過した全ての着物が二束三文になるかと問われると、決してそんなことはありません。着物によっては年数が経過していても高値で評価してもらえるものもあるため、最初から諦めるのはもったいないでしょう。

【特徴2】着物の保存状態が悪かった

着物と帯

着物の状態というのは、買取価格に大きな影響を与える要因の一つになります。特に以下のような問題が発生してしまうと、買取価格は途端に期待できなくなってしまうため、十分に注意して保管する必要があります。

  • 虫食い
  • 汚れ
  • シワ
  • シミ

また汚れなどが生じてしまった場合、どこに生じているのかという箇所も重要な要素です。着物の場合は、柄に影響を与えてしまっていると評価が下がり、裏の目立たない場所であればそこまで影響は大きくありません。

シミなどが発生してしまうと、金額が下がるだけではなく買取不可というケースも多いです。自分で見てすぐ気づくことができるため、無駄足にならないためにも着物買取に出す前に確かめておくとよいかもしれません。

【特徴3】着物の質・種類・サイズに問題がある

着物

着物の質や種類、サイズなどに問題がある場合も二束三文になってしまう可能性が高いです。まず着物の質ですが、着物の素材には以下のようなものがあり、化学繊維のものはほとんど値段にならず正絹の需要が一番高いです。

  • 正絹
  • ポリエステル

また着物の種類によっても需要が変わってくるため、それが買取価格にも反映します。さまざまな場面で着用できる訪問着は需要が高く、続いて人気なのが留袖のため、これらであれば値段が付きやすいです。

もう一つサイズというのも値段が変わってくる要素で、現代人と昔の人の平均身長は違います。サイズの小さい着物ですと現代人に合わないことから、着丈が165センチ以下の着物に関しては値段が付きにくいのが現状です。

【特徴4】証紙などの付属品がなくなった

着物市場

産地ものの着物の場合には、価値ある着物の証として証紙や落款が付いてくる場合が多いです。このような証紙か落款が付いていることで、一種のステイタスとなり買取価格も大きく上乗せになるケースはよくあります。

要は証明書のような役割を果たすものになるため、証紙と落款の有無というのは結構重要です。ただし場合によっては証紙や落款がなくてもきちんと価値を評価してもらえることもあるため、諦める必要はないです。

また他にも着物を購入時に何か付属品が付いてきた場合にはしっかりと一緒に保管しておくのがおすすめです。付属品がついていることで価値が高くなりますので、譲り受ける時などもきちんと貰っておくことが大事です。

【特徴5】不当な査定を受けてしまっている

電卓と見積書

着物買取の金額が二束三文になってしまう理由として、不当な査定を受けてしまっているということも考えられます。残念ながら世の中全ての業者が善良ではなく、悪質な業者というのも少なからず存在します。

そのような悪徳業者は言葉巧みに、着物を安く買いたたこうとしてくるのが特徴です。自分に着物の知識がない場合、それが正当な評価だと勘違いしてしまい、結果として二束三文になってしまうため注意が必要です。

着物を業者に預ける際には、信頼できる業者かどうかをしっかりと確かめることが大事です。業者によって値段の付け方がさまざまだからこそ、安く買いたたかれることのないよう口コミなどを確認しておきましょう。

着物を二束三文で買取させないための『3つの注意点』

チェックリスト

着物を安値で売却しないためには、きちんと注意点を知った上で行動するのが大事です。特に以下に記載する3つの注意点に関しては、しっかりと押さえておくことで失敗する可能性をグッと低くできます。

着物を二束三文で買取させないための『3つの注意点』

【注意点1】需要があるタイミングで買取に出す

買取業者

着物の場合は、年数が経過すればするほど一部のプレミアものを除いて、価値が下がりやすいです。そのため売れるタイミングを待っているよりも、不要だと思ったらなるべく早く売ってしまうというのも、一つの方法ではあります。

とはいえある程度おすすめのタイミングというのも実は存在し、それは着物需要が高まっている時になります。例えば下記の行事の前などは着物需要が高まるため、時期的に近いのであれば少し待ってみるのも良いでしょう。

  • 卒業式
  • 入学式
  • 成人式

特に東京オリンピックを控えていて外国人観光客の増加が期待できる今は、外国人向けに着物の需要が高まっています。ですからご家庭にある着物を眠らせておくよりも、早めに売ってしまうのがおすすめではあります。

【注意点2】シワや乾燥剤・防虫剤に注意する

チェックする着物女性

着物の買取価格は、着物の状態というのがもろに反映されるため、保存状態には特に気を付ける必要があります。特に着物の柄に影響が出てしまうと、買取価格が二束三文になるどころか、買取不可になったりもします。

保存する際にはシワにならないように、畳み方と保管場所に気を付けましょう。また着物は虫食いの被害が発生しやすい衣類のため、湿気が溜まることのないよう定期的に陰干しすることも大事になります。

また湿気や虫食い防止のために、乾燥材や防虫剤を用いる方法もありますが、それも注意が必要です。

ものによってはニオイが着物に移ってしまうこともあり、ニオイも着物の査定金額を下げる要素になるからです。
着物セット

そのままだと着物がダメになる?正しい保管方法と干し方【徹底解説】

正しい保管方法で着物を収納しないと大変なことに 他の衣類でもそうですが……続きを読む

【注意点3】専門の業者に査定を依頼する

ポイント

着物を売却できる場所は沢山ありますが、二束三文で買い叩かれないためには専門業者に依頼するのがおすすめです。その理由として、着物の正しい価値を判断するには専門知識が必要で、専門業者でなければそれが期待できないからです。

もちろんリサイクルショップや古着屋などで着物を売ることもできますが、このようなお店に着物の知識があるスタッフが常駐している可能性は低いです。また量り売りなどですと、それこそ着物の価値が関係なくなってしまいます。

個人のオークションなども、知識を持った相手と取引できる可能性は低く、安値で売ってしまいがちです。そのため着物の売却を検討しているのであれば、どんな着物であっても専門業者に査定を依頼するのがベターでしょう。

「着物買取が安い…」そんなイメージの方はバイセルを試してみて!

バイセル

もし着物買取に関して不安があるようでしたら、バイセルを試してみるのがおすすめです。バイセルは大手の着物買取業者で、その実績は十分ですが、以下のような特徴があることからどんな方でも利用しやすいのも魅力でしょう。

  • 全国対応している
  • きちんと着物の知識があるプロに査定してもらえる
  • エリアにもよるが、最短30分で査定員が出張買取をおこなってくれる
  • 大手のため独自の販路を確保しており、普通なら買い取ってもらえないような着物にも値段をつけてくれることがある

バイセルの良いところは、きちんと専門のプロに査定してもらえるのに加えて、サービスが充実していることです。このくらいのサービスを提供できる買取専門業者は少ないため、それだけでもバイセルを利用する価値は大きいです。

まとめ

スマホで検索する女性

着物は安値でしか買い取ってもらえないケースも多いですが、安値になってしまうのにはそれなりの理由があります。まずはどんな着物が安値になるのかを知っておくことで、安易に期待しすぎるのを防ぐことができます。

また安値での売却にならないように気を付けておくとよいポイントもあるため、覚えておくとよいでしょう。心配であればバイセルを利用すれば、きちんと価値を評価してもらえますので、買取業者に悩んだ時におすすめです。

high priceどこよりも高く着物を売る方法

いらない着物や帯をお家で眠らせていませんか?CMで有名なバイセル(スピード買取.jp)なら、プロの査定員が自宅へ無料訪問、あなたの大切な着物を査定。他店よりも高額買取が可能です。安く買い叩かれて損をする心配もありません。

  • 全国対応(一部離島は非対応)
  • 出張費無料・24時間365日受付
  • 最短スピード対応
  • 女性査定員による訪問可
  • 業界トップの信頼・高額査定実績も多数
  • 他社で断れた"状態の悪いもの"も査定買取

着物は年数が経つほどその価値は下がります。バイセル(スピード買取.jp)なら自宅にいながらいらない着物を買取してもらえます。

相談は問い合わせフォームなら3分で入力可能電話ならすぐに簡単相談(24時間365日受付可)。下記のボタンから公式サイトへ移って、あなたもいますぐ無料相談しましょう。

今すぐ無料相談してみる

(※電話相談も可能)