広告 着物買取の基礎知識

【八重山上布】買取価格は?査定相場より高く売るコツ&業者選び

八重山上布とはその名の通り沖縄県八重山諸島で作られている麻織物です。昔から王朝などの貢物として使われており、最上級の織物として歴史があります。

ここでは八重山上布の産地や歴史、どういった特徴があるのかまとめていますので参考にしてください。

また八重山上布を売りたいという方に一般的な買取相場も紹介しています。そして少しでも高く買取してもらうためのポイントや注意点、業者選びもまとめてみたのでチェックしてみてください。

▼【八重山上布】の買取相場はこちら▼

着物買取で安く買い叩かれないために、必ず専門買取業者に依頼してください。当サイトで最も問い合わせが多いバイセルなら全国出張可能で専門の査定員が自宅で無料査定。もちろん、売るかどうか買取額次第なので「値段だけ知りたい!」方にもおすすめです。

▼【2023年121日】バイセルの最新情報▼
着物買取店バイセル

【期間限定】今なら5000円以上成約で「買取金額2倍UPキャンペーン」実施中です!!

(※1点からOK!電話相談も可能)

八重山上布とは?(産地・歴史・特徴など)

着物

八重山上布は沖縄県の石垣島など八重山諸島で作られている麻織物です。八重山上布の正確な起源はわかっていませんが、誕生したのは1300年代と言われています。

その後琉球王朝が誕生してからも王族への上納品として八重山上布が使われています。江戸時代には薩摩藩を通じて全国に出荷されるようになり、大正時代になると織機の改良によりさらに品質が向上しました。

第二次世界大戦後になると後継者不足などから一時衰退してしまいますが、その後は地元での後継者育成事業により生産が続いています。

八重山上布の特徴は落ち着いた絣模様で、通気性・速乾性に優れており暑い沖縄県でも重宝された着物です。多種多様なデザインも八重山上布の特徴で、経済産業大臣の伝統工芸品にも指定されています。

八重山上布以外の有名な上布の種類

上布は八重山上布以外にも日本全国いろいろな地域で織られており、それぞれ独特の文化や特色が取り入れられた織物になっています。

八重山上布以外の有名な上布の種類

①宮古上布

反物

宮古上布は八重山上布と同じ沖縄県で生産されている麻織物で、宮古島市の宮古島で作られています。

宮古上布は一反を織り上げるのに2ヶ月から3ヶ月、場合によってはそれ以上の日数がかかる日本の最高級上布です。そのため東の越後上布、西の宮古上布と称されるほど日本を代表とする上布となっています。

また国の重要無形文化財にも指定されており、希少価値が高い織物です。基本の色は濃紺で、白や薄い藍色の絣模様が縞模様が入っているのが特徴です。

②能登上布

着物

能登上布は石川県の能登半島にある羽咋市・鹿西町周辺で織られている麻織物です。薄くて軽い生地は蝉の羽とも例えられており、それでいて丈夫な織物ですので能登上布の白絣は一生ものとも言われています。

この地域独自の櫛押捺染やロール捺染、板締めと呼ばれる手染技術で仕上げられる亀甲絣や十文字絣が特徴です。

また織り上げた布の糊を落とすために海水に浸す海晒しという技法による独自の清涼感も魅力です。そのため能登上布は夏着物の最高級品ともされています。

③近江上布

反物

近江上布は滋賀県の湖東地域にある愛知郡・神崎郡周辺で作られている麻織物です。この地域では昔から大麻栽培が盛んで、近江上布は苧麻と手績みの大麻の糸を使って織られています。

経糸絣、緯糸絣、経緯併用絣の模様が特徴で、それに近江独特の技法と言われる型紙捺染、羽根巻捺染、櫛押捺染という染色技法により上品な絣模様が仕上がります。

こういった繊細な技術により1977年には経済産業大臣の伝統工芸品にも指定されているのです。

④会津上布

着物

会津上布は福島県の会津地方で織られている麻織物で、30年くらい前から織り始められた比較的新しい織物です。

この地域は苧麻の産地で、今は日本一の生産量となっており、昔から越後上布などの原料として供給し続けていました。栽培されている白葉種の苧麻は繊維が細くて強く、光沢に富んでいる特徴があります。

そのため会津上布はこれらの特徴を兼ね備えており、軽くて丈夫かつ独特のつやが会津上布の魅力です。また会津上布は最近では会津からむし織とも呼ばれています。

⑤越後上布

複数の着物帯

越後上布は新潟県魚沼市や小千谷市、十日町市などで織られている麻織物です。1,300年近い歴史があり、各時代の幕府や征夷大将軍など時の権力者への上納品として用いられていました。

上布自体最高級の織物ではありますが、その上布の中でも最上級品とされ東の越後上布、西の宮古上布と称されます。

通気性が良くて生地は薄くて軽いので、夏の着物として幅広い年代に人気があります。そんな越後上布は1955年に国の重要無形文化財に、2007年にはユネスコ世界無形文化遺産にも登録されています。

八重山上布の買取査定はどれくらいか?買取価格平均相場と買取実績

相場

八重山上布は王朝などへの貢納品としても使われた歴史もある最上級の織物で、最近では生産数も少なく貴重な着物でもあります。そんな八重山上布を買取してもらう場合にも高価買取が期待できます。

もちろん八重山上布にも種類がありますので買取額には差がありますが、一般的な買取価格平均相場は1万円から3万円となっています。

ただ状態の良い着物であったり、作者によってはそれ以上の価格も期待でき、実際に45万円前後で取引された実績もあります。

その一方でカビや虫食いなど状態が悪くなってしまった八重山上布は相場よりも買取額が大幅ダウンし、数千円の買取額となることもあります。また買取業者によっても買取額に差が出るので、業者選びも重視したいところです。

八重山上布が買取可能な店舗(リサイクル・オークション・買取専門業者)

八重山上布が買取可能な店舗(リサイクル・オークション・買取専門業者)

【売る方法①】リサイクルショップ・古着屋に持ち込み買取

着物市場

リサイクルショップや古着屋では八重山上布を含む着物も買取可能です。近くに店舗があれば気軽に持ち込んで買取してもらえます。

ただすべての店・スタッフが着物に詳しいわけではないので、八重山上布の価値がわからずに安く買取される恐れがあります。

【売る方法②】ネットオークション(ヤフオク・メルカリ)

スマホで検索する女性

ヤフオクやメルカリなどのネットオークションでも八重山上布は売れます。自宅にいながら売れますし、個人に直接売れるので高価買取も期待できます。

ただしあくまで個人売買となるため、トラブルになるケースも多いので危険はあります。

【売る方法③】おすすめは着物買取専門業者(ネットで依頼可能)

買取業者

八重山上布を売るならおすすめは着物買取専門業者です。着物に関しての知識や買取実績も豊富ですので、八重山上布についても詳しいでしょう。

さらに着物を専門に取り扱っていますので販売ルートも確立しているので、相場通りもしくはそれ以上での買取も期待できます。

近くに着物買取専門業者がないという方もいるでしょうが、今は出張買取屋宅配買取もあるので安心です。さらにはネットで依頼もできますので、忙しい方でも時間を気にせず依頼できます。

八重山上布を高く売るなら口コミ評判の買取専門業者『バイセル』がおすすめ

着物買取業者バイセル

【2023年121日最新情報】

CMでお馴染みの「着物はバイセル、はなはなはな♪」で有名なバイセル。業界No.1の実績とサービスを誇る着物買取業者です。

  • 出張査定の対応が早い
  • 少量でも査定をしてくれる
  • 難ありの着物でも対応可

バイセルは出張査定を依頼後、地域によっては最短で即日対応してくれます。

実際に編集部所有の着物を査定しましたが、とてもスピーディかつ、満足できる高い査定額がつきました。

バイセルであれば、着物一点からでも出張買取に応じてくれます。汚れていたりシミが付いていたりする着物も、快く査定してくれました。

当サイトが自信をもっておすすめする着物買取業者です。家に眠っている着物があるなら、下記のボタンから公式サイトへ移って無料相談してみましょう。

\ 1点からOK!電話相談可 /

依頼者が女性の場合は、女性の査定員を指名できます。

八重山上布を実際に売却した方の口コミ評判&体験談

口コミ

高価な着物といわれ祖母から譲り受けた八重山上布ですが、やっぱり着る機会がなくて売ることに。数軒で査定してもらい買取額はピンからキリ。でも2万円になったのでよかったです。

八重山上布や久米島紬などいろいろな着物を売りました。八重山上布も有名なので高額になるかと期待しましたが、使用感があるとのことで1万円にもなりませんでした。

沖縄県内で着物買取専門店は少なくて、LINE査定も活用して内地の店でも査定してもらいました。結局地元の店舗が高かったですね。

【補足】八重山上布は生産数も少なくなっており希少な着物であることは間違いありません。ただ保管状態が悪いと思った買取額にはならない傾向にあります。また買取店によっても買取額に差があるので業者選びは慎重に。

八重山上布を売る前に知るべき高価買取のコツと注意点

八重山上布は国の伝統工芸品に指定されるほど貴重な着物で高価買取は必須です。それでも以下のようなポイントを押さえておくとより高く売れるチャンスが出てきます。

八重山上布を売る前に知るべき高価買取のコツと注意点

【ポイント①】八重山上布の証紙があれば必ず一緒に出す

着物と帯

着物を新品で購入した際には証紙が貼られていますが、買取の際にはこの証紙も一緒に出すことで買取額アップ少なくとも相場以下に下げられる可能性が少なくなります。

証紙には主に以下のような項目が記されています。

  • 着物の産地
  • 織り元
  • 伝統工芸品のマーク
  • 織り方
  • 染色方法
  • 原材料名

国の伝統工芸品である八重山上布は当然伝統工芸品のマークがありますし、石垣市織物事業協同組合証紙、沖縄県織物検査済証紙などがあります。

ただこういった証紙は購入した時には着物に付いていますが、買取時以外には使うことはないです。そのため捨ててしまう方も少なくなく、紛失しているケースもあります。

証紙がなければ買取されないというわけではありませんが、あることで本物という証明ができるのであったほうが安心です。

【ポイント②】着物に精通した買取店・査定員に鑑定してもらう

買取業者の女性

八重山上布は国の伝統工芸品でもあるため、着物に詳しい人なら持っていなくても知ってはいるはずです。ですが、一般的な方だと八重山上布はもちろん上布という生地もきいたことがないという方も少なくないでしょう。

それは買取店でも同じことで、八重山上布を知らない買取店・査定員も少なからずいます。そういったところで鑑定してもらうと、当然単なる着物・反物として処理されるので買取額が安くなってしまうでしょう。

ですので、八重山上布を少しでも高く買取してもらうには着物に精通した買取店や査定員に鑑定してもらうことです。

八重山上布にも種類がありますので、お持ちの八重山上布も正しく鑑定してもらえますし、なにより安心して買取してもらえるのがポイントです。

【ポイント③】上布の需要が高まる春先に売る

桐のタンス

上布は肌触りがさらりとして、軽くて通気性の良いのが大きな特徴です。昔は幕府や朝廷への献上品として使われることが多かったですが、現在は夏の着物として人気があります。

夏に新しい上布を着たいと思っている方は、夏が来る前のゴールデンウィーク頃から探し始めることが多いです。ただ上布は高価な着物で、特に八重山上布は新品は手が出ないという方も少なくありません。

そういった方は状態の良い中古の着物を探すため、中古の八重山上布の需要も高まってきます。そのため着物専門店などでは、5月頃までに店頭に上布を並べるようになるでしょう。

つまり中古の八重山上布を仕入れるのは春先の3月から4月頃であり、この時期に買取してもらうと他の時期よりも買取額が高くなる可能性があります。

まとめ

八重山上布

このように八重山上布は国の伝統工芸品にも選ばれるほど貴重な織物です。また現在は後継者不足により生産が少なくなっており、さらに希少価値が高まっています。

ですので、八重山上布をお持ちの方は思った以上の価格で買取してもらえるチャンスがあります。

ただ買取業者によっては八重山上布の価値がわからない場合もありますから、信頼できる業者選びも重要なポイントです。またすぐに売却しない場合には、適切な方法で保管しておくことも大事です。

都道府県を選択

市町村を選択

high priceどこよりも高く着物を売る方法

いらない着物や帯をお家で眠らせていませんか?CMで有名なバイセル(スピード買取.jp)なら、プロの査定員が自宅へ無料訪問、あなたの大切な着物を査定。他店よりも高額買取が可能です。安く買い叩かれて損をする心配もありません。

  • 全国対応(一部離島は非対応)
  • 出張費無料・24時間365日受付
  • 最短スピード対応
  • 女性査定員による訪問可
  • 業界トップの信頼・高額査定実績も多数
  • 他社で断れた"状態の悪いもの"も査定買取

着物は年数が経つほどその価値は下がります。バイセル(スピード買取.jp)なら自宅にいながらいらない着物を買取してもらえます。

さらに【期間限定】で今なら5000円以上成約で「買取金額2倍UP」キャンペーンを実施中です!!

着物買取店バイセル

相談は問い合わせフォームなら3分で入力可能電話ならすぐに簡単相談(24時間365日受付可)。下記のボタンから公式サイトへ移って、あなたもいますぐ無料相談しましょう。

今すぐ無料相談してみる

(※電話相談も可能)