着物買取の基礎知識

意外と知らない方が多い!着物買取してもらったその後の『5つの行方』

断捨離や遺品整理といったキーワードをよく聞くこの頃、自宅や実家に眠っている着物の処分に悩む人も少なくありません。使わない着物は収納スペースを占有したり、また保存にも専用の乾燥剤などが必要でお金がかかることがあります。

そんな時に考えたいのが着物買取に出すという方法ですが、引き取られたその後の着物がどうなってしまうのかは大変気になりますね。実際のところ買取後の着物はどのように扱われるのか、実は5つの進路が待ち受けていました。

着物買取してもらったその後の『5つの行方』

チェックリスト

着物買取に出して引き取られた着物たちのその後には再販、寄付、処分という道があります。再販される場合にはさらに、手入れして中古品として店頭販売、生地としてリメイク、オークション出品と3つの選択肢があります。

着物買取してもらったその後の『5つの行方』

【1】着物をそのまま再販売

着物店

値段がついて買い取られた着物の多くは、必要な処理を施した後に中古品として店頭販売されます。ブランドもの、有名作家の作品など価値の高いもの、またノンブランドでも絹製で状態が良いものは商品価値があるとみなされます。

なお、買取から再販までの着物は以下の手順で生まれ変わり、店頭に並びます。

  1. 修繕箇所をチェックし、必要に応じて手直しする
  2. 丸洗いし、乾燥室で自然乾燥される
  3. 1枚ずつアイロンがけをする
  4. 店頭に出す前の検針として最終確認する
  5. サイズを測り採寸する

このように丁寧に扱われ、次に必要としている人の手に渡ってまた大切にされるのは持ち主としては最も理想的な流れです。

理想的な流れのためには買取前に持ち主自身もメンテナンスし、少しでも保存状態を良くしておきましょう。

【2】着物を生地に戻してリメイク

浴衣生地

買取されたものの、汚れの範囲が広かったりサイズが小さすぎるなどの理由でそのまま再販するのが難しいものは、生地をきれいにした後様々なものにリメイクされて生まれ変わるという道も残されています。

リメイク品としてよく見かけるものには以下のようなものがあり、リユースリサイクルの流れを受けてひそかに人気が高まっています。

  • スマートフォンのケース
  • ワンピースやシャツなどの洋服
  • 財布やカードケースなどの小物類
  • バッグ
  • 和傘

原型としてはとどめていないものの、形を変えて大切にされていくことには変わりません。一部の専門店ではこうしたリメイク技術を持っている所もあります。着物専門店、衣料品を中心にしたリサイクルショップなどに見られます。

布を切っている女性

「着物は捨てるな!」リメイクしてリサイクルしよう【実例集8選】

使わなくなった着物をリサイクル【リメイク実例集8選】 使わなくなった着……続きを読む

【3】着物をオークションに出品

スマホを持つ着物女性

買い取られた着物のうち、オークションに出品される例も少なからずあります。大手インターネットサイト運営のネットオークションもありますが、多くの場合は専門業者に限定されたクローズドで行われます。

クローズドオークションに参加する業者は自社で店舗を持たない企業がほとんどで、以下のような事業者が多くを占めています。

  • 着物や衣装のレンタルショップ
  • 中古製品を扱う呉服店
  • 着付け教室や専門学校
  • 海外の販売業者

なおオークション出品されたことによって、持ち主の親族に売却したことを発覚されたというケースも報告されています。それを防ぐためには、自社で店舗を持ち、買取後にオークション出品しない業者を選ぶと安心でしょう。

【4】チャリティーとして着物を寄付

着物市場

値段はつかなかったものの無償で引き取られた着物はその後寄付されるという道もあります。チャリティーイベントでのバザールや劇団、教育関連施設などが主な進路先です。

現金は手に入らずとも人の手に渡って役立っています。

【5】状態が悪い着物は処分

着物の後姿

査定を依頼してみても必ずしもすべての着物に値段がつくとは限りませんが、その場合に、残念ながら処分されてしまうというケースもあります。これは、寄付の先として引き継ぐ事業者と買取業者が接点を持っていないために起こります。

自らの手で処分したくないが地域の分別ルールが厳しく有料になるなど、自分で納得する理由がある場合は問題ありませんが、思い入れのあるものだからこそ大切にされたい、そんな気持ちで買取を依頼する人も少なくありません。

処分されたくない場合は着物買取業者に聞いてみる

買取業者

代々受け継がれてきた大切な着物、自分では着ないけどただ捨てられるのは悲しい、それを防ぐには買取後について着物買取業者に直接聞くのが一番です。その際に業者に相談しやすくするポイントを手順を追ってまとめています。

  1. 値段がつかなかった場合に寄付するという選択肢があるかを確認する
  2. 処分というワードが出たら買取を辞退する
  3. 別の業者に査定依頼する(値段がつく場合もある)
  4. キロあたりの金額などを出してまとめ売却できるか交渉する

よく聞く話が、せっかく査定をしてもらったのに断るのは申し訳ないという気持ちを抱いてしまうことです。

業者はそうしたケースも数多く扱っているため無理に勧めません。不安なことは躊躇わずに確認してみましょう。

まとめ

和柄の服

先祖代々大切に保存されてきた着物をいざ買取に出しても、その後の行方が気になるの持ち主としての心情があります。無事に値がつけば中古販売やリメイクなど、誰かの手に渡って再び大切にされる可能性が残されています。

しかし査定依頼しても必ず売れるとは限らず、その場合は寄付か処分のどちらかになります。もし処分を避けたければその後の進路を業者に確認すること、買取辞退や他店への再査定依頼など選択肢はあるので諦めないようにしましょう。

high priceどこよりも高く着物を売る方法

いらない着物や帯をお家で眠らせていませんか?CMで有名なバイセル(スピード買取.jp)なら、プロの査定員が自宅へ無料訪問、あなたの大切な着物を査定。他店よりも高額買取が可能です。安く買い叩かれて損をする心配もありません。

  • 全国対応(一部離島は非対応)
  • 出張費無料・24時間365日受付
  • 最短スピード対応
  • 女性査定員による訪問可
  • 業界トップの信頼・高額査定実績も多数
  • 他社で断れた"状態の悪いもの"も査定買取

着物は年数が経つほどその価値は下がります。バイセル(スピード買取.jp)なら自宅にいながらいらない着物を買取してもらえます。

相談は問い合わせフォームなら3分で入力可能電話ならすぐに簡単相談(24時間365日受付可)。下記のボタンから公式サイトへ移って、あなたもいますぐ無料相談しましょう。

今すぐ無料相談してみる

(※電話相談も可能)