着物の基礎知識

小紋は大きく分けると『3種類』柄を選ぶときの3つのポイント!

着物にはいろいろな種類がありますが、その中の1つが小紋です。小紋とは基本的に全体的に小さな模様が入った着物のことですが、着るシチュエーションによっては向き・不向きがあります。

着物は格が重要になるので、失敗しないように小紋の格についても知っておく必要があるでしょう。

ここでは小紋の種類やどのような場面に着るべきか、どのような柄を選ぶべきか解説しています。しっかりと知識として知っておくことで、分相応なることなく楽しく着こなせるはずです。

小紋とは?型染めと呼ばれる技法を使って染められた着物

着物着た女性

小紋とは着物の格の種類の一つで、型紙を用いた型染めと呼ばれる技法を使って染められた着物です。同じ模様が同じ方向にいくつも入っているのが特徴で、その柄や大きさ、数によってカジュアルなものから格が高いものまで幅広くあります。

小紋の着物の格は基本的に略礼装よりも格が下がる外出着になります。また外出着の中の格としては付け下げの次になり、紬や絞り、お召よりも上です。

基本的に普段着用の着物という位置づけであることは覚えておきましょう。また模様や柄、適した場面や合う帯なども異なるので、シチュエーションに合わせて選びのも重要です。

ちなみに小紋は江戸時代には柄の大きさで、小紋、中形、大紋と区別していましたが、明治時代になって型染めの着物をまとめて小紋と呼ぶようになっています。

小紋は大きく分けると『3種類』ある

小紋には柄の大きさや数、色によっていろいろなデザインのものがあります。数ある小紋ですが代表的な技法を用いた小紋としては、大きく分けると以下の3つの種類がありますので知っておくといいでしょう。

小紋は大きく分けると『3種類』

【種類1】江戸小紋

江戸小紋は江戸時代に各藩の定め柄を模様にした裃を身に着けるようになったのが始まりと言われています。それが武士だけでなく庶民にも広まって、定め柄の他に生活道具や縁起物などをあしらった柄が生まれ定着してきたのです。

江戸小紋は小さく細かい模様が特徴で、ほとんどが素材は絹のみの単色となっています。小紋の格は基本的におしゃれ着になるのですが、江戸小紋に限っては一つ紋を入れると格が上がり、略礼装になります。

江戸小紋は藩の定め柄が格が高くなり、その中で以下の3つが江戸小紋三役と呼ばれ、格が最も高くなります。

紀州徳川家の定め柄
行儀 仙台藩伊達家の定め柄
角通し 信濃戸田家の定め柄

ちなみにこれに万筋と薩摩藩の定め柄の大小あられを加えて江戸小紋五役とも呼ばれています。

【種類2】加賀小紋

訪問する着物女性

加賀小紋は現在の京小紋の影響を受けて、現在の石川県金沢市で作られた着物です。江戸小紋が各藩の定め柄の裃の模様がルーツと言われていますが、加賀小紋も同様に加賀の大名であった前田家の裃の定め柄である菊菱が発展したものと言われています。

加賀小紋は大きく分けて手描き友禅と型友禅があり、どちらも加賀友禅の技法が用いられており、以下の加賀五彩という色使いをしているのが特徴です。

  • 藍色
  • 古代紫
  • 草色
  • 黄土色
  • 臙脂色

型友禅は加賀五彩を中心とした柔らかい色使いと、多色使いで華やかさが加えられます。

また加賀友禅は京友禅と異なり刺繍や金箔加工など、染色以外の技法をほとんど使わないのが特徴で、江戸小紋や京小紋と比べると優しく落ち着いた印象があります。

【種類3】京小紋

訪問中の着物女性

京小紋はその名の通り京都で広まった着物で、起源は型紙が作られた約1200年前とされていますが実際に流行したのは明治時代からといわれています。友禅には手描き友禅と型友禅がありますが、京小紋は型友禅の技術と特徴に江戸小紋柄を発展させたものとされています。

江戸小紋は基本的に単色なのですが、京小紋は京友禅の特徴を取り入れており、多彩な色使いへと変化しています。また色だけでなく数種類の型紙を使って染めているので、具象柄が多いのも特徴です。

そのため京小紋は江戸小紋や加賀小紋に比べて華やかで色鮮やかな印象があります。京小紋で用いられる技法は今でもハンドバッグなどの小物や洋服にも用いられており、今でも長く愛されています。

小紋の柄の種類について

小紋は同じ柄がいくつも入っている着物の事ですが、その小紋の柄にも大きく分けると以下のような種類があります。さらにそれぞれの種類の中にもいろいろな柄がありますので、季節や着ていくシーンによって使い分けも大切です。

小紋の柄の種類

1.幾何学的・生活道具・文字の柄

着物を着たカップル

小紋の柄には幾何学的、生活道具、文字などがあり、その種類もいろいろあります。幾何学的な柄は三角や四角、線などを組み合わせて作られた図形であり、格子柄や縞などもこれに当たります。

この中でもいかの3つの柄が江戸小紋三役と言って格が高くなります。

  • 行儀
  • 通し

またこれに次いで格が高い大小霰と縞があり、これも合わせると江戸小紋五役と呼ばれています。これ以外にも鱗や七宝つなぎ、宇田川、紗綾形、亀甲、青海波などの柄も有名です。

生活道具の柄としては扇子や鼓、几帳などといった縁起がいい道具などがあります。また縁起の良い文字をそのまま模様にした柄もあり、希望や願いなどを込めて作られており例えば以下のような文字が用いられます。

  • 寿
  • 花鳥風月

2.動物・植物・縁起物の柄

着物を着た女性

小紋の柄には動物や植物、そして縁起物の柄が描かれたものも非常に多く、それぞれ願いや祈りが込められている事が多いです。動物の柄としては以下のようなものが一般的です。

龍は天高く昇るため、発展や栄光の象徴
天馬 翼をもつ天馬は気品高さや美しさを表す
鳳凰 不老不死や長寿を意味する
花喰鳥 花や枝を咥えた鳥で、幸せを運んでくるという意味がある

植物の柄としては以下のようなものがあります。

松竹梅 縁起が良い印象がある
四君子 竹・梅・蘭・菊の4種類の植物の柄で、高潔で気品の高さを表す
宝相華 牡丹や蓮などの美しい花を組み合わせた想像上の花模様

縁起物の柄としては以下のようなものがあります。

松葉 松の葉は2つの葉がくっついていることから、夫婦円満の意味がある
打出の小槌 富の象徴や願いが叶うという意味がある
金嚢 大黒天が担いでいる巾着袋で、財を成すという意味がある

小紋の柄を選ぶ時の『3つのポイント』

小紋の柄にはいろいろな意味合いがあるため、選ぶ場合にはいろいろな状況を判断して選ぶ必要があります。一般的には以下の3つのポイントを押さえて選ぶといいでしょう。

小紋の柄を選ぶ時の『3つのポイント』

【ポイント1】季節で決める

スマホで検索する女性

小紋によっては四季を代表とする草花の柄がメインで描かれているものもあります。そのため着る季節に合わせて小紋の柄を選ぶのもポイントで、季節の空気を感じさせる柄の小紋を着ると粋な着こなしができるでしょう。

季節に合わせた柄や色としては以下の通りです。

桜、梅、藤、牡丹、杜若、菖蒲、竹、花籠、桜色など
紫陽花、朝顔、桔梗、女郎花、瓢箪、柳、千鳥、籠目など
紅葉、菊、葡萄、稲、酸漿、雁、鶏頭など
松、橘、椿、南天、蘭、十二支、雪、水仙など

ただ中には桜や蝶、唐草、吉祥文様のように通年着用しても構わないという柄もあります。

ただ桜に関しては枝が描かれている柄は春のみとされており、さらには蕾、満開、散り始めによっても桜の時期と合わせたほうがいいとされています。

【ポイント2】自分の年齢で決める

葉っぱの前に立つ着物女性

小紋は基本的に外出着ですので、柄については無理に年齢を気にすることなく着用できます。ただ柄によってイメージは異なるので、見る人によっては合わないと感じる人もいるかもしれません。

そのため、一般的な年齢のイメージとしては、若い人は柄が大きいもののほうが若々しく見えますし、年齢が高い人は柄小さい方が落ち着いた感じに見えて望ましいとされています。

また小紋には無地場が多い飛び柄小紋と呼ばれるものから、無地場がほとんど分からないほど柄で埋め尽くされた総柄小紋と呼ばれるものまであります。一般的に総柄小紋は若い人、飛び柄小紋は年齢が高い方が似合うでしょう。

また色合いによってもイメージは異なり、ピンクなどの明るい色は若い人、落ち着いた色は年齢が高い人に向いています。

【ポイント3】利用する場所に合わせる

茶屋に座る和服女性3人

小紋の柄は利用する場所に合わせて選ぶ方法もあります。例えば小紋はちょっとした結婚式やパーティー、お茶会などに来ていくなら古典柄や縁起物の柄が描かれたものが望ましいです。

また小紋は外出着という扱いですから、お稽古や観劇、知人との食事などに来ていく場合には幾何学模様なども適しています。

小紋の柄については絶対的なルールがあるわけではありませんので、基本的にその日の気分や自分の好みで選んでも間違いではありません。ですが、ちょっとしたお出かけに古典柄や縁起物の柄というのは不釣り合いに感じる人もいるでしょう。

そのため、どのような場所に着ていくのか、それに対して不釣り合いではないかということは念のため頭に入れておいた方がいいでしょう。

小紋の格式は『外出着』結婚式などには向いていない

×を持った着物女性

着物には格があり、それに適した場面もあるものです。着物の格を大きく分けると以下の3つに分類されます。

第一礼装 婚礼や公式が儀式に着用
略礼装 婚礼や入学式、フォーマルな場面にも着用可能
外出着 普段着、街着として着用

このうち小紋は基本的に外出着・しゃれ着という扱いになりますので結婚式などには向いていません。ですが、小紋でも江戸小紋の紋付となれば格が上がって略礼装となるので、パーティー形式の結婚式等であれば江戸小紋でも大丈夫です。

ただ格式が高い式場などではやはり留袖や訪問着などの礼服が望ましいでしょう。ちなみに、結婚式に新郎新婦の親族として出席する場合には礼装が基本ですので、小紋は避けたほうがいいでしょう。

まとめ

小紋の着物

このように普段着として着れる小紋ですが、いろいろな種類やデザインがありきるシチュエーションによっても向き不向きがあります。また小紋は基本的に着ものの格としては外出着・しゃれ着という扱いになるので、結婚式などには向いていません。

着物はこういった格が重要になってくるので、小紋を選ぶ際にはどのような場面に着ていくのか考える必要があります。小紋はいろいろなシーンで楽しめる着物ですので、色や柄、デザインなどの意味をよく知って着こなすといいでしょう。

都道府県を選択

市町村を選択

high priceどこよりも高く着物を売る方法

いらない着物や帯をお家で眠らせていませんか?CMで有名なバイセル(スピード買取.jp)なら、プロの査定員が自宅へ無料訪問、あなたの大切な着物を査定。他店よりも高額買取が可能です。安く買い叩かれて損をする心配もありません。

  • 全国対応(一部離島は非対応)
  • 出張費無料・24時間365日受付
  • 最短スピード対応
  • 女性査定員による訪問可
  • 業界トップの信頼・高額査定実績も多数
  • 他社で断れた"状態の悪いもの"も査定買取

着物は年数が経つほどその価値は下がります。バイセル(スピード買取.jp)なら自宅にいながらいらない着物を買取してもらえます。

さらに【当サイトからの申し込み限定】で今なら「買取金額2倍UP+QUOカード3万円が当たる」キャンペーンを実施中です!!

相談は問い合わせフォームなら3分で入力可能電話ならすぐに簡単相談(24時間365日受付可)。下記のボタンから公式サイトへ移って、あなたもいますぐ無料相談しましょう。

今すぐ無料相談してみる

(※電話相談も可能)