着物の基礎知識

正月に着るおすすめの着物は!?おすすめの柄&小物・注意点

近年は着物を着る機会は非常に少なく、結婚式やパーティーなどでしか着ないという方も少なくありません。そういった機会も少ない方は正月に着物を着るのもいいでしょう。

ただ着物には格があり、シチュエーションによって着て良い着物のとそうでない着物があります。そのため正月に着物を着るのも躊躇する人もいるかもしれません。

ここでは正月に着物を着る際のオススメの着物や和装小物についてまとめています。また正月は寒さ対策も必要ですので、着物に合うアイテムも紹介しています。

『お正月に着るおすすめの着物とは?』絶対にコレというものは…

お正月に着物を着たいと思う方は少なくないでしょう。ですが、着物は格があるためどのような着物を着ればいいのかわからないという方も少なくありません。また正月と言っても初詣や挨拶まわり、新年会、同級会などいろいろなイベントもあるもので、それによって着物が違うのか悩む人もいるでしょう。

ですが、結論から言えばお正月には絶対にコレを着なければいけないという決まりはありません。ですので、自分の好みでデザイン、色・柄などを選んでも構わないのです。ただそれでもシチュエーションによっておすすめしたい着物もあります。

まずはどのようなシーンではどんな着物がいいのか、また着物の柄についても意味を知った上で着るとよりいいでしょう。

正月に着る着物として選ぶなら『4種類』

正月は基本的にどんな着物を選んでもいいですが、以下の4種類であれば全く問題ありません。

  • 振袖
  • 訪問着
  • 小紋

正月に本格的なパーティー、同級会などに参加する場合には振袖や訪問着などがおすすめです。また、成人式や結婚式などでしか着る機会がない華やかな振袖も正月の初詣に着て行っても違和感がありません。

ちょっとした新年会や食事会、親戚への挨拶まわりなどに着る着物としては小紋や紬がおすすめです。小紋や紬なら振袖や訪問着のようにかしこまった感じもなくカジュアルな感じで着用できます。

ここでは正月に着るのに適した4種類の着物を紹介しましたが、色無地や付け下げなども訪問着のように着られるので、正月に着てもいいでしょう。

お正月に着る縁起の良い着物の柄『6種類』

お正月のめでたい日に着る着物は、柄にも注目したいところです。正月に適した縁起の良い着物の柄としては、主に以下の6種類がありますのでその意味合いなども知っておきましょう。

お正月に着る縁起の良い着物の柄『6種類』

【種類1】鶴・亀柄

鶴は千年、亀は万年と言われるように、鶴と亀は長生きの生き物です。実際は千年・万年と長生きするわけではないのですが、日本では長寿を願うとして昔から鶴・亀柄はよく使われています。

皆が今年も元気で長生きできますように、という願いを込めて年の初めの正月に鶴・亀柄の着物を着るのはおすすめです。

めでたい雰囲気もありますし上品なイメージがあり、また正月に限らず通年着用できるので、1着は持っておくと使い勝手がいいでしょう。

【種類2】松竹梅柄

松竹梅は日本では昔から縁起が良い3つの組み合わせとされています。正月には門松を玄関に置く家庭もありますが、その門松にも松竹梅は使われていますし、結納の際の結納品としても用いられる縁起が良いものです。

それぞれの植物は以下のような特徴があります。

寒さに負けずに緑を保つ
寒い冬でもまっすぐ伸びる
寒い中でも花を咲かせる

こういったことから正月の時期にも非常に適しています。また松竹梅柄は正月だけでなく結婚式などめでたい席でも向いているので、使い勝手もあります。

【種類3】牡丹柄

牡丹は鮮やかな大輪の花を咲かせることから百花の長とも呼ばれています。またその華やかさから富貴の象徴ともされてきた花で、昔は身分の高い人しか着ることが許されなかった高貴な柄でした。

現在では高級感のある柄として人気があり、華やかな印象から正月に着る着物柄としてもおすすめです。ただ牡丹柄には春牡丹と冬牡丹がありますので、正月に着る着物の柄としては冬牡丹柄が望ましいでしょう。

ちなみにデザイン化された牡丹で唐草や紅葉などの柄と一緒に描かれている場合には、正月に限らず通年着用できます。

【種類4】鳳凰柄

鳳凰は中国から伝わった空想上の生き物で、麒麟・龍・亀とともに四瑞とされています。鳳凰は鳥の王で、雄を鳳、雌を凰と呼び、鶴のような五色の羽と孔雀のような長い尾羽、鶏のような頭をしています。

鳳凰は世界が平和になると姿を現すといわれており、世界平和の象徴ともされています。また不老不死を与えて病気を治すとも言われています。そのため、めでたい日に着用する着物柄として使われますので、正月の着物の柄にも適しています。

【種類5】熨斗(のし)柄

熨斗は熨斗鮑と呼ばれる神へのお供えが元となってデザインされた柄です。熨斗鮑は古くから縁起物とされてきたもので、慶事の進物として添えた熨斗を細長い帯状の文様にしたのが熨斗柄で、長方形に鮮やかに流れる熨斗が特徴的です。

熨斗柄は主におめでたい日の晴れ着の柄として用いられることが多く、結婚式などでも使われます。そのため一年の始まりでもあるめでたい正月に着る着物の柄としても適しており、年齢問わず着用できます。

【種類6】宝尽くし柄

宝尽くし柄はその名の通りいろいろな宝物を集めて描かれためでたい吉祥文様です。

描かれている宝としては、打ち出の小槌、宝剣、宝珠、宝巻・巻軸、七宝輪違い、丁字、鍵、隠れ蓑、隠れ笠、巾着、分銅などのような柄があり、地域によっても異なります。

宝尽くし柄は縁起が良い柄として、正月に着る着物の柄としても最適です。また宝尽くし柄は正月だけでなく通年着用できるめでたい柄ですので、いろいろなシチュエーションで着用できます。

着物に合わせた小物を選び方

着物の小物

正月に着る着物はたとえデザインがあっていたとしても、それに合わせる小物が不釣り合いだと違和感が出てしまいます。ですので、正月に着物を着る場合には着物だけでなく、帯締めや帯留め、草履、バッグなども合うものを選びましょう。

着物に合わせた小物を選び方

帯締め・帯留め

着物の着付け

帯締めは帯を着つけた後に帯の中央部分に最後に締める紐の事で、着付けを整えるとともに着物のコーディネイトの役割もあります。帯留めは帯締めと合わせて使う装飾品のようなもので、ベルトのバックルのようなもので、こちらは特に着物や帯を華やかにする目的があります。

帯締めを選ぶ際には、着物の色と相性がいいものを選ぶのが望ましいです。正月の着る着物に使うのであれば正月らしい華やかな印象がある幅広のものを使用するのがおすすめです。

帯留めに関しては礼装には不要ですが、正月に着る着物にはぜひ着けておきたいところです。いろいろな帯留めがあり、帯留め1つで着物や帯の印象が大きく変わってしまうこともあります。正月だからとあまり派手になってしまうのも良くないので、あくまで着物と帯に合わせるのがいいでしょう。

草履・バッグ・その他

着物の小物

着物を着る場合には草履やバッグなどの小物も合わせる必要があります。正月に限ったことではありませんが、基本的に草履とバッグはセットで購入しておくのが理想です。

色は着物に合わせるのが望ましいですので、持っている着物の色や柄に合うものを選びましょう。ただ着物を複数持っている方は、それぞれの着物に合わせて購入するのも大変です。

ですので、どのような着物の色にも合うようなクリーム色ベースなどがあれば使い勝手があります。またそれに金や銀などの刺繍が施されていれば、華やかで正月にも結婚式にも使えます。

またその他の着物に合わせた小物としては、袖をくくっておく袖留めやタスキットなどもあるといいでしょう。またいろいろな場面で使用できる大きめのハンカチも着物に合わせた柄のものを持っておくと、便利ですし粋でしょう。

お正月は着物だけでは寒い!防寒対策が重要

襦袢
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/襦袢)

着物は洋服に比べると厚手である程度の寒さを防ぐことができます。ですがお正月に着るとなると着物だけでは非常に寒いので防寒対策は必要です。着物を着る際の防寒対策としては以下のようなアイテムがあります。

お正月は着物だけでは寒い!防寒対策が重要

羽織を着る

着物

冬の寒い日に着物を着ていると、着物の袖から冷たい風が入ってくることが多々あります。それを防ぎつつちょっとした防寒対策ができるのが羽織です。羽織は着物の上からさっと羽織ることができ、着物にも似合います。

また羽織は基本的に無地ですから、華やかな着物に羽織っても違和感がなく着回ししやすいです。ただ羽織は洋服でいうところのカーディガンのようなもので、完全に寒さをシャットアウトできるものではありません。

そのため、肌寒い程度の日であればいいですが、寒さが厳しい日や雨や雪が降っている時には向いていません。

正月に防寒対策として羽織を着る場合には、その日の天候などもチェックして比較的寒さが厳しくない時に着るようにするといいでしょう。

和装コートを着る

着物

普段寒い冬にはコートを着る方が多いでしょう。ただ一般的なコートは洋服用であって、着物の上に羽織っては似合いませんし、衿や裾周りがきつくて着づらく、袖がしわになってしまうこともあります。かといって、羽織だけでは寒さをしのぐには不十分な日も少なくないでしょう。

そんな時には和装コートを着るもの1つの方法です。和装コートとはまさに着物用の防寒着として作られたコートで、着物の上に丈も長く羽織ってもゆったりとしています。コートと同じ素材で作られているため、防寒性能も優れているので寒さをしのぐのに最適です。

ただ和装コートはあくまでも防寒着であって、室内では脱ぐのがマナーです。室内でも着用できる羽織と違って、入る前に脱ぐというマナーを身に付けておく必要があります。

ポンチョ・ケープを着る

携帯電話

近年は着物を着る機会も少ないですから、正月の防寒対策だけのために羽織や和装コートを準備するのも大変です。そんな時にはポンチョやケープを着て防寒対策をするのも1つの方法です。

ポンチョやケープであれば着物の上からでも簡単に羽織れますし、違和感もありません。それでいて普段の洋服の防寒着としても着用できますので、使い勝手もあります。

ただポンチョやケープにもいろいろなデザインのものがありますので、あくまで着物にも似合う色やデザインのものを選ぶといいでしょう。

ショール・ストール・ファーを着る

着物の後姿

着物はどうしても首元が開いているためそこから冷たい風が入り込んでしまうことも多いです。それを防ぐためのアイテムがショールやストール、ファーなどです。これらを巻くだけで首元の寒さをしっかり防ぐことができます。

正月に振袖を着る方もいるでしょうが、成人式などでも分かるように白いフワフワのファーをつけている人も非常に多いです。これだと寒さをしっかりしのぎつつ、それでいてコーディネイトとしてもベストでしょう。

またショールやストールは着物だけでなく普段の洋服を着る際にも使用できますので、使い勝手も高いです。ただ洋服の時も使用するのであれば、着物に合うデザインであることはもちろん洋服にも合うように選ぶのも大切です。

カイロ・手袋・防寒下着を着る

着物の生地

着物の上から羽織るコートやファーだけでは厳しい寒さはしのげないという方もいます。特に女性は冷え性の方も多いので、それでも寒いと感じることもあるでしょう。そんな方は着物のインナーとして防寒下着を着るのも1つの方法です。

見た目にも普段の着物と変わりませんし、それでいてしっかりと防寒できます。またカイロを使うのもいいでしょう。ただカイロを使用する場合には洋服と違って脱ぐのが大変ですから、剥がしやすい位置に貼るのも重要です。

もしくは貼らないタイプのカイロを準備しておくのもいいでしょう。また着物は袖口が開いていますので、手や腕が冷えてしまうことも多いです。それを防ぐためには手袋を準備してもいいでしょう。

まとめ

着物無地

正月のおめでたい日に着物を着たいと思う方は少なくないはずです。基本的にお正月に着る着物に制限はありませんが、やはり季節に合った柄や色の着物、そしてそれに合わせた和装小物を選ぶとみている人も粋に感じることでしょう。

そして見た目の華やかさはいいのですが、正月はどうしても寒い日が多いですから、しっかりと防寒対策の事も考える必要があります。万全の対策をして着物を着れば、きっと華やかですがすがしい新しい一年の始まりとなるはずです。

都道府県を選択

市町村を選択

high priceどこよりも高く着物を売る方法

いらない着物や帯をお家で眠らせていませんか?CMで有名なバイセル(スピード買取.jp)なら、プロの査定員が自宅へ無料訪問、あなたの大切な着物を査定。他店よりも高額買取が可能です。安く買い叩かれて損をする心配もありません。

  • 全国対応(一部離島は非対応)
  • 出張費無料・24時間365日受付
  • 最短スピード対応
  • 女性査定員による訪問可
  • 業界トップの信頼・高額査定実績も多数
  • 他社で断れた"状態の悪いもの"も査定買取

着物は年数が経つほどその価値は下がります。バイセル(スピード買取.jp)なら自宅にいながらいらない着物を買取してもらえます。

さらに【当サイトからの申し込み限定】で今なら「買取金額5倍UP」キャンペーンを実施中です!!

相談は問い合わせフォームなら3分で入力可能電話ならすぐに簡単相談(24時間365日受付可)。下記のボタンから公式サイトへ移って、あなたもいますぐ無料相談しましょう。

今すぐ無料相談してみる

(※電話相談も可能)