着物の基礎知識

日本三大紬の一つ『塩沢紬』伝統工芸品として指定された高級紬

塩沢紬(しおざわつむぎ)とは、雪深いことで知られる新潟県・魚沼市、塩沢地方発症の織物です。結城紬、大島紬と肩を並べる逸品で、表面に細かなシボ状の風合いが生まれるのが特徴です。

このシボ状の風合いが着物の重なった部分で滑り止めのような作用を発揮し、しっかりと着崩れなく、体に馴染みの良い着心地を実現します。

塩沢紬を織りなす工程は非常に多岐にわたり、それゆえに丁寧さと根気のよさが求められる気の遠くなるような織物となっています。

塩沢地方の特徴から作られている

着物

この工程の多さを実現するうえで新潟の「雪深く、冬が長い」ことは大いに関係しており、塩沢地方の「長くて半年間雪に埋もれる」という特徴から、家の中でじっくりと織物を作る…という習慣が根付いているわけです。

外国でも、冬の時期にパッチワークなどの手間のかかる手芸を仕上げる習慣があるのと似ているかもしれません。

摺り込み・括り(くくり)と呼ばれる作業により表面に施された十文字や亀甲絣などの細かな模様が美しく、派手さよりも落ち着いた上品なイメージを連想させる織物となっています。

塩沢紬とは?

考える女性

本塩沢の特徴は、表面に現れた細かな十字絣の織りであり、この模様が上品で落ち着きのある表情を作り出します。表面には小さな縮しぼがあるため、着たときにさらりとした肌触りで夏の着物ライフを爽やかに彩ります。

大正時代、麻織物の需要が少なくなった際に「越後縮の手作りの風合いを絹織物で出す」という目標のもとに努力を重ね、結城紬や京都西陣の技術の導入の末に誕生した「塩沢お召し」を前身としています。

雪深い地方である新潟県・魚沼市 塩沢地方発祥のこの織物は、長い冬の間にいくつもの手間ひまをかけて仕上げられるものであり、現在でも全て手作業で生産がおこなわれているのです。

しかし年々生産者や技術を受け継ぐ人の数が減少し、伝統工芸品の指定を受けているものの、今や「幻の紬」と呼ばれるほど貴重な存在になりつつあります。

塩沢紬の大きな特徴とは?

案内する着物女性

塩沢紬を着物ファンの視点で語るのであれば、大きな魅力は「有名な織物でありながら有名になり過ぎた感のない、上品かつ高級なイメージを纏う」ことでしょう。

塩沢紬は結城紬や大島紬と肩を並べる素晴らしい着物であることは間違いがないのですが、それら2つに比べるとやや”通好み”な織物です。

着物の表面に鮮やかに浮かび上がるような派手さはなく、落ち着いた風合いなので、人によっては地味という印象を受けるかもしれません。

しかし、この落ち着きのある風合いを生み出すには途方のない手間ひまがかけられており、「わかる人にはわかる」贅沢で上品な着物なのです。

塩沢紬のシーズンは夏とされていますが、現代では四季を通じて愛用する人も多く、着物通をうならせる味わい深さで多くの人を虜にしているのです。

大島紬・結城紬との違いは?

先生

大島紬は見た目にも非常に豪華で高級感があり、その奥にいくつもの色が見えるかのような深い漆黒の泥染めが有名です。この泥染めは古くから日本女性の美を際立たせてきました。

昔は奄美大島の島民が着用することはご法度で、薩摩藩へ上納するために生産されていたと言われています。それほど贅沢で高級な織物であり、そのイメージは現代へと受け継がれています。

大島紬に比べると塩沢紬は見た目の派手さこそありませんが、掛かる手間ひまと思いは同じく素晴らしい織物でしょう。

絹織物の一級品である結城紬は、どちらかと言うと”豪華絢爛”とは無縁の落ち着きのある佇まいを醸し出す織物です。この点は塩沢紬と似ている部分かもしれません。

塩沢紬との違いは織物の表面の滑らかさにあるでしょう。塩沢紬が細かな縮しぼを有しているのに対し、結城紬はなめらかでよく馴染み、着るほどに美しいツヤを纏っていきます。

このため、ツヤを出すために「一度寝間着にしてから外出着にすると良い」と言われることもあり、和の品格を湛えた落ち着きと絹のツヤの贅沢さを合わせ持つのが魅力です。

紬の格について

着物の帯2

昔から絹の織物は高級品で、庶民が着ることはかなわなかった着物でした。しかし、紬は絹ではあるものの上等品には使用できないとされたあまりもののくず繭を使用したために、紬であれば庶民が着ても良いと認識されるようになりました。

つまり、紬は一般的には庶民が着るカジュアルな服装のカテゴリに入ります。もっとわかりやすく言うのであれば、ジーンズを着るようなイメージです。

現代でも正式なパーティー・お茶会などではしぶい顔をされることもありますが、色無地・訪問着・紋のない紬はおしゃれ着として認められつつあります。

格調高い場にはやや厳しい面もありますが、気負わないカジュアルなパーティーなどには着ていくことができます。帯を少し上品なものにするなど、コーディネートでうまくバランスをとりましょう。

塩沢紬以外の塩沢織の種類

塩沢地方発祥の織物にはいくつかの種類があります。

この章では、塩沢織にどのような種類があるのか、そしてそれぞれにどのような特徴があるのかを見ていきます。

越後上布

着物女性

塩沢紬が誕生する前、麻織物の需要が高かった時代に誕生した織物です。歴史はとても古く、今でも奈良東大寺正倉院に宝物として保存されていることから、今より1200年ほど前には既に存在していたことがうかがえます。

原料は苧麻(ちょま)と呼ばれるイラクサ科の植物であり、茎の皮の繊維を細く細く割いて繋ぎ合わせて糸状にしたものを用いるのが特徴です。この糸が細くなればなるほど織るのが難しいとされ、繊細な技術が必要だったことがわかります。

江戸時代には20万から30万反もの生産量があったという記録が残っているものの、現代では生産数が減少しつつあり、「幻の織物」と言われています。生地はとてもさらりとしていて、夏の着物として最高級の着心地を誇ります。

昭和30年に国の重要無形文化財指定を受け、平成21年にはユネスコ無形文化遺産にも登録されています。

本塩沢

着物女性

本塩沢はもともと「塩沢お召し」という名前で親しまれ、表面に縮しぼのあらわれた特徴的な風合いがポイントの織物です。

この縮しぼは生地を織るときによこ糸を強く撚り、織り上がった後に湯もみをすることでこの撚りがゆるくなって生まれるものです。

さらりとした風合いや表面のしぼのおかげで肌に張り付かず、優雅で上品な佇まいを演出する夏の着物です。

本塩沢の歴史は古く、1764年の記録の中に運上品としての記述があることから、江戸時代の塩沢地方ではすでに生産が始まっていたことがうかがえます。

昭和51年には国の伝統的工芸品の指定を受け、後世に残していきたい繊細な技術をもって生産される織物となっています。

夏塩沢

着物女性 3人

夏塩沢という名前からもイメージできる通り、まさに夏の時期にぴったりの織物で、触ったときの独特のシャリ感と透け感が特徴的な織物です。

夏塩沢は他の塩沢地方発祥の織物と比べると歴史が浅く、最初に生産されたのは明治時代であることがわかっています。

現代から言えば100年ほど前ということで、古く伝統的な歴史を持ちがちな着物のなかではニューフェイスに近いイメージがあるかもしれませんね。

たて糸・よこ糸ともに駒捻りと呼ばれる強い捻りをかけた糸を用いており、透け感とシャリ感がもたらす涼やかで爽やかな夏の風を思わせる風合いです。

生地に透け感があるため、着こなす際には少しばかり注意が必要でしょう。

下着などが丸見えにならないよう、居敷当てと呼ばれる布を仕立ての際につけたり、最初から透けることを想定したおしゃれな長襦袢、裾除けなどを活用する着こなしが人気があります。

塩沢紬の製作工程

塩沢紬は現代でも全ての工程が手作業でおこなわれ、丁寧な作業を一つ一つ積み重ねることで生まれる奥深い上品さがあります。

この章では、どのような工程によって塩沢紬が誕生するのかを知り、着物を着るだけではなく生産にまで思いを馳せてみましょう。

図案作り

メモを取る

塩沢紬のもっとも重要な工程と言っても過言ではないでしょう。原案図や見本を参考にしながら、方眼紙に図案を記入していきます。現代風に言えばデザイン案を作るイメージですね。

絣糸を織るための糸の長さや絣が入る位置に至るまで、この段階で細かく全て設定します。この図案をもとに塩沢紬は織られ、独特の絣模様の入った生地に仕上がるのです。

糸づくり

糸

塩沢紬の元となるのは生糸、玉糸、真綿であり、これらは全て手作業で繭から紡がれるものです。繭を数時間煮込んでアク抜きしたのち、繭から丁寧に引き伸ばしたものをいくつも重ねて綿の状態にします。

これをまた手作業で細く細く引き出し、均一な太さになるようにしながら巻取り、細い糸上に仕上げていきます。糸の太さは綿から引き出す際の加減で決まるため、熟練の技術と根気のいる作業が欠かせません。

こうして作られた真綿の手紡糸と、一つの繭にたくさんの蛹が入った状態の”玉繭”から作られた糸を用います。

墨つけ

色々な糸

塩沢紬のあの細かな模様がどのようにして作られるか知っていますか?実はあの模様は織った後につけられるものではなく、織った後にどのように模様として出るかを考えながら糸を染めることで浮かび上がるのです。

張り台に張ったよこ糸に墨で印をつけ、印をつけた部分だけを綿の糸で固く括ります。この作業ののちに糸を染めることで、括った部分には染料が入らずに残り、生地を織っていくと塩沢紬独特の絣模様ができあがるのです。

すり込み

手織り

墨つけの後に実際に糸に染料を入れる工程です。すり込み専用の竹べらを用い、墨つけで印をつけた部分に合わせて染料をすり込み、約100℃の蒸気で蒸して色を定着させます。

蒸したあとはよく乾かし、これで塩沢紬の元となる糸の準備が完了します。

機織り

機織

次はいよいよ実際に生地を織るための作業に入ります。たて糸は図案に合わせ、絣模様のずれが起こらないように慎重に糸を巻玉に巻き取ります。

この後にたて糸を機織り機の綜絖目(そうこうめ)という部分に1本ずつ通し、その次は筬(おさ)という部分に2本ずつ通していきます。

たて糸とよこ糸の絣模様のずれが起こらないように、慎重で丁寧な作業を続けて織っていきます。塩沢紬の特徴である細やかな絣模様を美しく再現するために、職人の根気と作業のための長い時間が欠かせないものになります。

仕上げ

チェック

織り上がったらまず生地の汚れや糊を落とす作業をおこない、巾を整えていきます。さらに、汚れが残っていないか、織りむらがないか、絣模様のずれがないかなど念入りにチェックして仕上げます。

塩沢紬の証紙の特徴

虫眼鏡に?

まず、証紙がなんのためにつけられるのかということから書いていきます。

簡単に言えば、「これは本物の塩沢紬ですよ」という証のためのもの、となりますが、この証紙のなかには塩沢紬の伝統を守ってきた職人や地域の方の思いが詰まっています。

塩沢紬として認められるに値する原料、製法、技術を用いて作られた製品にのみ、本物の「塩沢紬の証紙」をつけることが許されるのです。塩沢紬の証紙をつけることができる伝統工芸品には4つのルールがあります。

  1. 越後上布・絣くくり・手織りの麻の織物、またはこの技術を生かしていること
  2. たて糸・よこ糸ともに生糸の撚糸を用いること
  3. 十字絣・亀甲などの絣模様の織物であること
  4. 表面にしぼがあり、シャリ感、光沢を有していること

「よこ糸には紬糸、たて糸には生糸か玉糸を用いた絣模様の織物」「たて糸・よこ糸ともに強く撚った糸を用いた夏用の織物で、透け感とシャリ感を有している(夏塩沢)」といった具合です。

伝統工芸品としてのルールにのっとった製品であれば、経済産業省の伝統マーク(伝統的工芸品産業振興協会のシール)もつけることができ、こちらは「伝」をモチーフにしたロゴと日の丸のような赤い丸のマークを組み合わせたものとなっています。

着物女性 3人

着物の価値を決める重要な『証紙』コレがないと偽者に!?

証紙は、着物に価値があるか否かを決める判断材料の一つとされています。着物に値段を……続きを読む

塩沢紬が汚れた場合の応急処置方法

染み抜き

まず注意したいのが、塩沢紬は縮みやすい織物であるということです。着物の趣味がある人や、昔から着ることが多い人は知っている知識かもしれませんが、「塩沢紬は縮みやすい」というのが職人、問屋、着こなす側の共通の意見となっています。

どの程度縮んでしまうのか?という具体的なデータは、含んでしまった水分の量や環境によるところが大きいのですが「巾が3分の2になってしまった」という話もあるので、塩沢紬はとても縮みやすいことは間違いないでしょう。

汚れてしまった際の応急処置としては、他の種類の着物の応急処置法を参考に、水分を用いない方法のみを試すのが良いでしょう。

お茶やお酒などをこぼした際には慌てずに乾いたハンカチで押さえて広がるのを防ぎ、すぐに専門家に相談することがおすすめです。

ハンカチで押さえる際の注意点はとにかく擦ってしまわないこと。本当に”押さえる”といったイメージで対処します。

ソースやしょうゆ、墨汁、マジックインキなどの汚れの場合は特に手を触れずに、すぐに専門家へ相談してプロの視点からの処置を施してもらいましょう。

染み抜き

今すぐ出来る!着物や浴衣が汚れたときに応急措置と注意点【種類別】

うっかり着物を汚してしまったという経験はありませんか?この場合、ほとんどの方がク……続きを読む

塩沢紬の着用後の手入れ

ハンガーにかけられた着物

塩沢紬の着用後のお手入れは、基本的にはその他の種類の着物と同じようにおこないます。

着物を着ると生地が体温で温まり、汗などの影響もあり湿気も含んでいる状態です。この状態はカビや黄ばみのきっかけとなってしまうことが多いため、着用後は風通しの良い場所で一定時間風を通す作業が必要になります。

具体的には、着物用のハンガーにかけて一晩吊るしておく程度で良いので、面倒くさがらずに手間をかけるようにしましょう。帯や襦袢も同じようにして風を通します。

風通しが終わったら、良く乾いた清潔なタオルを用いて表面のホコリ落としをします。タオルは決して擦らず、軽くサッとホコリを払うようにしましょう。

ここまで終わったら着物全体をチェックして、シミや汚れの有無を確認します。汚れを発見したら焦らずに、すぐに専門家に相談しましょう。

塩沢紬の正しい保管方法

着物と帯

紬は糊を用いていることが多く、この糊がカビの発生の大きな原因となります。そのため、風通しがよく湿気のない場所での保管を心がけることはもちろん、定期的に全体をチェックしてカビや汚れの有無を確認します。

このことを考えると、やはり定期的にチェックするという本来の保管方法がしっくり来るのかもしれません。良い状態で長く品質を保つためには、しまうタンスの材質にも注意が必要です。

スチール製・ポリ製のタンスは通気性が悪く、湿気を逃さずにカビが発生しやすい環境の原因となります。

では風通しの良さそうなダンボール製はどうかと言うと、こちらは逆に湿気を必要以上に吸ってしまうので縮みが発生しやすい他、ダンボール自体が湿気を吸うことでカビの温床になる可能性もあります。

木製のタンスを用い、湿気がたまりにくい上段の引き出しにしまうのが着物の保管方法としては理想的です。価値が高いものや貴重なものは特に上段にしまうようにしましょう。

1つの引き出しに対してしまえる着物は5着まで、引き出しの底に白木綿を敷き詰めてからしまいます。

着物セット

そのままだと着物がダメになる?正しい保管方法と干し方【徹底解説】

着物をいつまでも綺麗な状態で着るためには、「保管方法」が重要になります。大切に保……続きを読む

塩沢紬の買取価格は高くなる?

電卓

塩沢紬が素晴らしい着物であることは間違いがないのですが、以下の理由などで塩沢紬を手放したい場合もあるでしょう。

  • 生活環境の変化で着る機会が減ってしまった
  • 譲り受けたもののサイズ感の違いなどでしっくりこない
  • 着物のメンテナンス管理に自信がないので着物好きの人の手に渡したい

塩沢紬は大島紬、結城紬と肩を並べる素晴らしい紬ですし、その希少性も高いことから、業者をきちんと選べば高額での買い取りも珍しくはありません。

この章では、どのようなパターンで高額買取がおこなわれやすいのか、業者の選び方やポイントについて見ていきましょう。

塩沢紬は高額査定になりえる

スマホをさわる女性

本物の塩沢紬は、生産場所や生産者がわからない着物とは異なり、経済産業省の指定を受けた「伝統的工芸品」となります。

このため、価値や希少性が明確にわかりやすく、着物に対する知識のある買取業者を選べば高額査定となりやすい面があります。

もちろんそれは着物そのものの状態によるところも大きいのですが、塩沢紬としてきちんと認められた製品であれば充分な価値を持つものであると認められるわけです。

伝統工芸品とは

お問い合わせ

「伝統工芸品」を具体的に説明すると、以下のルールを満たす工芸品となります。

  • 日常生活のなかで用いられるものであること
  • 製造過程の中心が手作業によるものであること
  • 伝統的な技術や作法を用いて生産されたものであること
  • 伝統的な原材料をもとに製造されていること
  • 一定の地域において安定した製造の拠点があり、直接の製造や製造に従事していることが確認できること
  • 日本人の日常生活において使用されるものであること
着物と帯

伝統工芸品や国の重要無形文化財登録の着物は高く売れる?

着物を買取査定に出すと、種類によっては想像以上の高額査定がつくことがあります。こ……続きを読む

塩沢紬の買取相場は証紙の有無(西陣証紙)などで変わる

注意

塩沢紬を高く査定してもらうためには、本物の塩沢紬の証明である「証紙」があるかどうかを確認しましょう。

買取業者の知識によっては証紙がなくても塩沢紬であることがわかるような人もいますが、基本的には証紙の有無で査定額に差がでることを覚えておきましょう。

さらに、織物が入っていた箱やパンフレットなどの付属品がある場合は忘れずに全て提出するのがおすすめです。

これらの付属品がきちんと保管されていることは丁寧な保管がおこなわれてきた証にもなりますし、査定額の上乗せ効果としてはやはり意味があります。

塩沢紬を譲り受けるなど、本来自分で気に入って手に入れたケースでないと付属品については見落としがちになりますが、できる限り付属品の類は捨てずにきちんと保管しておくことが大切です。

保管状況の良し悪しなども大きく変わる原因になる

溢れたタンス

証紙や箱などの付属品が揃っていても高額の査定にならないケースもあります。あまりにも織物・着物そのものの保存状態が悪いと売り出す際に手間をかけなければならず、その手間のぶんが査定額に響いてしまうのです。

ホコリは着物はもちろん、箱についていると丁寧に管理されていないことがわかってしまいますし、業者でキレイにするのにも手間がかかるため査定額を低くしてしまう大きな要因になります。

また、着ていた頃のアクシデントによる汚れやシミ、破れ、シワなどもそのままの状態では希望するような買い取りの結果は得られないでしょう。

自身が喫煙する、または身近に喫煙者がいる場合も、煙によるヤニ臭さやヤニそのものが染み込んでしまいがちなので充分に注意しましょう。

塩沢紬の買取の正しい業者選び

ビジネスマン

塩沢紬をできる限り高く査定してほしい、大切なものなので価値をわかってほしい…着物を売却する際はこのような思いを持ちますよね。

この思いを叶えるためには、塩沢紬の価値がわかる、塩沢紬というものを知っている買取業者に依頼しなければなりません。

不要な着物や、手元に置いておいてもメンテナンス管理しきれないという場合はどのような業者に依頼すべきなのでしょうか。

リサイクルショップやネットオークションでは高額査定になりにくい

ショップ

不要なものを売却する場として急速に数が増加したリサイクルショップは着物の売却にはあまり向いていません。

「とにかく早く手放したい」「買取価格はあまりこだわらない」などのケースであれば話は別ですが、洋服から雑貨などあらゆるジャンルを雑多に扱うリサイクルショップでは、「塩沢紬」の価値がわかるスタッフはいないでしょう。

また、「ネットオークション」は入札する人は価値がわかる人だから高額になるだろうと思いがちですが、入札するにはその品物の良さをきちんとわかったうえでという人が多くなります。

こちら側もきちんとした知識を身に着けていないと質問等に答えることができず、結果として思いのほか安い価格で落札されてしまうこともあります。

質の低い業者だと安く買い取られる可能性も・・

悪徳業者

一つ注意したいのが、着物の買取を日頃からおこなっている業者であってもむやみに安心してはいけないという点です。

業者のなかにはほとんど知識もないのに専門家を名乗るスタッフを配置していたり、酷いケースでは「伝統工芸士称号」を不正に使用していたりすることもあります。

買取業者を選ぶ際には、まずユーザーの口コミ・レビューが安定していること、身近に着物に詳しい人がいるのであればその人の評価を聞いてみるなどもおすすめです。

さらに買取業者としての歴史が古いこと、長く営業していること、公式サイト等でしっかりと会社の所在地などを明記している業者を選びましょう。

買取なら信頼できる買取業者「スピード買取.jp」がおすすめ

バイセル(出典:バイセル公式サイト)

「スピード買取.jp」の公式サイトを見てみると、着物の他にもお酒や古切手、古いお金、宝石・骨董品等あらゆる品物を扱っていることがわかります。

これだと「雑多な品物を扱っている業者ではないの?」と思ってしまいますが、買取対象の品物はどれも、その物に対する知識がなければ査定できないものばかりです。

特に着物は「スピード買取.jp」が扱う品物のなかでも中心となっており、査定をするスタッフの知識量・価値を見極める能力もトップクラスです。

バイセル

着物スピード買取『バイセル』をプロが辛口評価【口コミ/評判】

着物買取業者の中で断トツの知名度と人気を誇る「バイセル(旧:スピード買取.jp)……続きを読む
「スピード買取.jp」での着物の買取実績を見ていくと、名匠と呼ばれる作家作の品物数点で121万円、老舗機屋の帯など数点で35万円など、きちんとその着物が持つ価値を認めた査定額となっているのが分かります。

まとめ

メモ

紬は着物のなかでもカジュアルな印象があり、現代の洋服に例えるならば「ジーンズスタイル」のような身近で気軽な類のものです。

実際に着こなすシーンとしては街でのショッピング、演劇・映画鑑賞など、かしこまらない場面での普段のおしゃれ着としての着こなしが中心となるでしょう。

紬のなかでも大島紬・結城紬などと肩を並べる品質を讃える塩沢紬は、長く寒い新潟の冬を背景に古くから培われてきた伝統的な着物の種類です。

このような素晴らしい着物であっても、着こなさなければ意味がない…日常で着るシーンがなく手放したいなどの場合は、きちんと品物の価値がわかる買取業者に査定を依頼しましょう。

high priceどこよりも高く着物を売る方法

いらない着物や帯をお家で眠らせていませんか?CMで有名なバイセル(スピード買取.jp)なら、プロの査定員が自宅へ無料訪問、あなたの大切な着物を査定。他店よりも高額買取が可能です。安く買い叩かれて損をする心配もありません。

  • 全国対応・出張費無料
  • 24時間365日受付
  • 最短30分のスピード対応
  • 女性査定員による訪問可
  • 業界トップの信頼・高額査定実績も多数
  • 他社で断れた"状態の悪いもの"も査定買取

着物は年数が経つほどその価値は下がります。バイセル(スピード買取.jp)なら自宅にいながらいらない着物を買取してもらえます。

相談は問い合わせフォームなら3分で入力可能電話ならすぐに簡単相談(24時間365日受付可)。下記のボタンから公式サイトへ移って、あなたもいますぐ無料相談しましょう。

今すぐ無料相談してみる

(※電話相談も可能)