着物買取の基礎知識

着物の価値を決める重要な『証紙』コレがないと偽者に!?

証紙は、着物に価値があるか否かを決める判断材料の一つとされています。着物に値段をつける時に、この証紙があれば高級着物ブランドであることが明白なので、高額な査定額が付く場合もあるのです。

一方で例えば国内でも有名な結城紬などの高級着物であっても、肝心の証紙がついていないと結城紬を裏付けるものが何もないので、結城紬であることを証明する術がないために査定額が下がってしまう可能性もあると言われています。

では、着物の価値を左右する証紙とは具体的にどのようなものなのか見ていきましょう。

1974年施行の「伝産法」に認められ伝統工芸品マークが記載されている証紙もある

証紙には伝統工芸品として認められ、マークが記載されているものもあります。1974年に「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」通称「伝産法」という法律が制定され、公布されました。(参照:経済産業省「第30回伝統的工芸品月間国民会議全国大会の開催概要」)

この法律は古来より受け継がれてきた伝統を未来へ引き継ぎ、発展振興させることを目的として作られています。

伝産法には指定要件があり、条件を満たし、検査に合格した工芸品を伝統的工芸品に指定し、伝統マークを貼付したり、事業の実施のさいに国の補助が受けられるなどの効果を得ることができるのです。

着物にも伝統工芸品として指定されたものがあり、証紙には伝統マークが記載されているというわけです。

着物の価値がわかる「証紙」とは?

着物生地

着物についている証紙は、一体どのようなものなのか知識として知っておくとよいでしょう。証紙というのは、着物の価値を明白に示す証明となるものです。

着物の生地といっても、絹や綿などの糸の材質や糸を染める際に使う材料、染め方、手作業で織られるもの機械を使うものなど様々です。

着物の証紙というのは、伝統工芸品として法律に基づき経済産業大臣が指定する検査に合格し、公的に認められた高級ブランド着物のみにつくため、どんな着物にもつけられるものではありません。

織る技術や染める技術などが基準を満たし、一流であると認められた着物にだけつけることを許されています。

つまり、証紙がある着物というのは証紙を発行する組合で品質が保証されているため、高い価格が設定されることが多いのです。

証紙には織元の名前や伝統工芸品であることを証明する専用のマーク、材料や織り方など、該当する着物の製造に関する全ての情報が集められ記されている、証明書となるものなのです。

証紙に記載されている6項目と見方

先生

着物の価値を証明する証紙には、6つの項目が記載されているので確認してみましょう。

まず一つ目が産地の商標登録で、どこの地域産の着物なのかが分かります。

2つ目が、着物の製造元である織元の氏名です。

更に3つ目は伝統工芸品マークです。高級着物と呼ばれる由緒正しい着物は伝統的工芸品として国に認められ、マークを貼ることを許されているものがほとんどです。

また4つ目は機械織りなのか手織りなのかの記載で、5つ目は素材の原料名で、たとえば絹100%などと記載されています。最後の6つ目は着物の染め方の方法です。

泥染めや藍染めなど染め方の種類が豊富ですが、当該着物はどの染め方なのかが分かります。

産地の登録商標

産地の登録商標というのは、着物がどこの地域で作られたどのブランドに属するものなのかを明白に示すための表示です。

例えば大島紬といっても、産地は一つではなく鹿児島県や奄美大島、宮崎県などたくさんあります。産地が記載していなければ、購入者にはどこ産のものなのかがよくわかりません。

産地が異なると、同じ大島紬でも織り方などが違ってきます。そこでどこの大島紬かをはっきりさせるために産地の地名の記載が必要となるのです。

織元の名前など

着物の証紙に織元、つまり製造者の名前が記載されていれば製造者が購入者にもわかるので、安心して売買できます。

また、証紙はその着物高級ブランドの組合が発行しており、基本的に組合に加入している製造者のみ証紙が発行され、貼付が可能となります。

そのため、証紙に記載があるということは、組合によって技術が保証された製造者であることが購入者にも分かるので、信用にもつながるというわけです。

伝統工芸品マーク

着物の証紙にある伝統工芸品マークは、経済産業大臣によって認定を受けた伝統工芸品に貼付が許されるマークです。

長方形の上半分に振の文字、下半分に日の丸が描かれているのが特徴です。

1974年に国内で伝統工芸産業の振興に関する法律が公布され、この法律に基づいて指定条件を満たした伝統工芸品にのみ与えられるマークなのです。

伝統工芸品マークが貼付されていると、着物の価値が公的に認められていると言えるので、信用度が上がります。

機械織りか手織りか

糸織り機

着物の織り方には、手で織る手織りと機械を使って織る機械織りがあります。また、手織りもしくは機械織りの中でも、使う糸の材質などによって織り方に種類がいくつかあります。

織り方が買い手にもすぐ分かるように、織り方によって証紙の色や表示が変えてある場合が多いのです。

例えば鹿児島県産の本場大島紬だと、緯絣は機械織りも手織りも同様で、ブルーの旗印に緯絣の赤文字が印字されていますが、機械織りの縞大島はオレンジの旗印を使っています。

絹100%

着物の証紙の中には、使われている糸が絹100%の場合は記載がはっきりなされています。買い手にとってどんな原材料が使われているかは、品質を左右する重要なポイントとなるので、明示してあれば安心して購入できるからです。

ただ例えば博多織は、絹100%のものばかりではなく、使用している糸の材質によって証紙の色を変えています。

例えば絹50%以上の製品だと「金」、絹50%未満の製品では「青」というように証紙が色分けされているので分かりやすいと言えます。

染め方(泥染め)など

着物を作る際に使う糸が染められている場合、どのような方法、材料を使って染めてあるのかを明らかにするのが染め証紙です。

糸の染め方には天然染料を使ったもの、泥を使った泥染めや、植物の藍を使った藍染めがあります。

他にも泥と藍の両方を使った泥藍染めや、泥と化学染料で染めた糸を使った色泥染め、草木を使った草木染などがあります。

一方化学染料を使ったものもあります。証紙にはどのような染め方をしてあるのかを色や図などで区別してあるので、証紙を見れば一目瞭然です。

実際に証紙の内容を確認してみる

checkを見る虫眼鏡

着物の価値を証明する上で重要な証紙は、実際にどのような内容になっているかを確認しておくことも大事です。

証紙は伝統工芸組合によって形なども異なるので、大島紬や博多織、結城紬などの実際の証紙の特徴や見方を詳しく説明していくので見ていきましょう。

本場大島紬「手織り」の特徴と見方

 

 

全国的にも有名な鹿児島県産の本場大島紬の証紙は、手織りと機械織りでは違いがあります。手織りは、細かな絣のみで模様ができているのが特徴で、縦と横の糸を交互に織り込む平織りが基本です。

平織りにも経緯絣や緯絣、縞大島の織り方があります。鹿児島県大島紬の手織りの経緯絣証紙は、ブルーの旗印に鹿児島県本場大島紬協同組合連合会が発行する伝統工芸品マークがついているのが特徴です。

同じく緯絣の証紙は、ブルーの旗印に、左側の純絹織物の上に緯絣という赤文字の捺印があり、あとは伝統工芸品マークがついています。

手織の縞大島の場合は機械織りと同じものが貼られるので、次の機械織りの項目で確認してみましょう。

本場大島紬「機械織り」の特徴と見方

鹿児島県産の本場大島紬の機械織りは緯絣や縞大島、染め大島などの織り方があり、織り方の種類によっては証紙も違ってきます。

まず緯絣の場合、ブルーの旗印に手織の場合と同様、向かって左側純絹織物の上に赤文字で緯絣の捺印がなされており、向かって右側に鹿児島県絹織物工業組合発行の伝統工芸品マークがついています。

また、縞大島の場合、オレンジの旗印に向かって右側に、伝統工芸品マークではなく丸い金色の正絹マークが貼付されているのです。

染め証紙の特徴と見方

本場大島紬の染め方は、基本的に糸をは先に染めてから織る先染めになります。また染料は天然由来と化学染料に分けられています。

天然染料では、泥や植物藍などを使った泥染めや泥藍染め、色泥染めや白泥染め、草木染めや正藍染めなどがあります。

化学染料では白大島や色大島、染め大島などの染め方があります。

染め証紙にも種類があって、2人の食品が泥染めを行っている絵が記されている古代染色純泥染の証紙は、基本的には泥染めの基準をクリアしたものに貼付されます。

ただし、藍泥染めや色泥染めなど泥以外のものが一部使われている場合もこの証紙が貼られます。また、植物の藍の絵が記されている古代染色純植物藍は、藍染めの基準をクリアした場合に貼られる証紙です。

本場奄美大島紬の特徴と見方

本場奄美大島紬の証紙は、下半分の右端に金茶色の地球を象った印、その隣に朱色の文字で本場奄美大島の文字が織り込まれているのが特徴です。

また上半分には右端に伝統工芸品としての伝統証紙が貼られ、その左側には地球印の本場奄美大島紬であることを証明する登録商標や織元の氏名などが記載されています。更にその左側には染め方を記した染め証紙が別に貼られています。

ブルーの古代染色純泥染、グレーの草木泥染の証紙などが有名です。

そして機械織りの場合は、2006年度からグレーに金色の地球印のサイドに奄美産地と記載された証紙が使われるようになりました。

「結城紬」の特徴と見方

重要無形文化財に指定されている結城紬の証紙のうち、本場結城紬検査共同組合が品質を保証している組合責任証は4つあって、品質表示、産地証明や糸とり婦人図、本場結城紬検査共同組合の指定条件をクリアしたことを証明する検査証などがあります。

品質表示は絹100%の他に、真綿手紬100%と表示されています。産地証明は中央に朱色で「結」の文字が記されており、糸取り婦人図は女性が手紬の作業を行う図が記されているものです。

産地証明と糸取り婦人図、検査証は3つで1セットとして扱われます。

また、織り方によって使われる証紙が異なり、例えば平織と地織による技法で製作された場合はグレーの検査之証、平織と高機による技法で製作された場合はピンクの検査之症になります。

「博多織の証紙」の特徴と見方

博多織の証紙の特徴としては、製品に使われている糸の種類によって証紙が色で区別されている点です。2008年からは使われていた証紙は5種類でした。

金色でひし形の中に博多と記載された「」は経糸、緯糸ともに本絹使用の製品。

緑色で博多と記載された「」は、経糸が本絹であり、緯糸が本絹でなくそれ以外の絹糸を使用する製品です。

紫色で博多と記載された「」は経糸、緯糸ともに本絹以外の製品の証紙です。着尺や袴には、黒字で博多と記載された四角い証紙が使われます。

そして最後の青色で博多と記載された「」は追加証紙であり、絹以外の麻や綿などの天然繊維や化、合成繊維などで作られた製品を示します。

丸証紙は生地や小物商品に使われていました。

しかし、2011年に証紙が変更されて、金と緑と紫が一本化されて絹50%以上使用の製品が「金」となり、絹50%未満使用が「青」というように5種類から3種類に減っているので注意しましょう。

証紙は本物と偽者を見極める重要な信用の証

着物の帯2

着物についてくる証紙は、その着物が本物の高級ブランド着物なのか、それとも精巧な偽物なのかを見極める、とても大事な信用の裏付けになるものです。

証紙には産地や製造者などの情報がきちんと記されているので、この地域で伝統的な手法を使って作られた正真正銘の高級ブランド着物であることが買い手側にはっきり分かります。

高級ブランドで価値のある着物でも、証紙がないと本当に価値があるのか?を見分けるのはかなり難しいケースもあります。

そんな場合に証紙があることで、即座に価値のある着物だということが判定できるので、とても重要なものなのです。

証紙がない着物は全て偽者?

証紙のない着物は、偽物なのか?と疑ってしまいがちです。しかし、証紙がなくても、全て偽物というわけではありません。

中には伝統工芸品の組合に入っていない製造者もいるので、その場合は証紙は発行されないため、高級ブランド着物であっても証紙が付かないのです。

伝統技術で高品質の着物を製造しても、組合に入り証紙をつけると着物の販売価格が高くなってしまうので、それを望まない製造者が敢えて証紙をつけずにお値打ち価格にして売り出す場合もあります。

また伝統に縛られないで自由に着物を作る製造者もいます。どのような理由で証紙がつかないのかを購入時にきちんと確認しておくと、品質に関しては安心できます。

証紙がなくても買取は可能か?

驚く女性

着物の価値を着物に詳しくない方でもきちんと証明できる証書は、着物買取の際は是が非でも添付したいものです。しかし、保管していなかった、保管したつもりなのにいざ出してみるとなくなっていたというケースもあります。

鑑定書ともいえるべき証書がなくても、果たして着物は買取してもらえるのでしょうか?

また、証紙があるかないかでは査定額は大きく変わってしまうのでしょうか?証書のない着物買取のケースについて見ていきましょう。

買取は可能だが査定額が変わる可能性が高い

オッケーをする女性

証紙のない着物の買取は可能です。実際に、証紙がなくても買取してもらえたケースもあります。

しかし、やはり証紙があるかないかによって査定額が変わってしまう可能性は高いので、そこは頭に入れておく必要があります。

というのも証紙がある着物は、高級ブランドの着物であることが一目瞭然なので、それだけで信用があります。

しかし証紙がない着物に関しては、いくら高級ブランドの着物であることを言っても、それを証明する裏付けが何もないので説得力に欠けてしまうのです。

ちなみに証紙がなくとも高額査定に期待できる、おすすめの着物買取店はバイセルという会社です。坂上忍さんがCMに出演している会社で一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか。

証紙がなくて、困っている方はぜひチェックしてください。「着物スピード買取『バイセル』をプロが辛口評価【口コミ/評判】

証紙はいわゆる宝石の鑑定書みたいなもの

着物にとっての証紙というのは、宝石でいう鑑定書のようなものです。宝石も精巧なものだと見た目でイミテーションなのかどうかわかりにくい場合があります。

しかし鑑定書があることで、ダイヤモンドなどれっきとした宝石であることが買い手にも明白です。

着物にも同じことが言えて、売買の際の最も分かりやすい判断材料になるのです。例えば祖父母などから受けついだ高級ブランド着物があれば、証紙もないかよく探してみましょう。れっきとした

見つからない場合はもう仕方ないことですが、新たに着物を手に入れる機会があれば証紙もきちんと保管しておくことが大事です。

まとめ

着物の帯3

品質や技術が国により認められた高級ブランド着物にのみつけられている証紙は、着物の価値を示すとても重要な証明書だと言えます。

証紙がなくても着物の買取が可能ですが、着物の価値を証明するのが難しいので、査定額が低くなるケースもあります。

そのため、着物を所有する際は証紙もきちんと保管しておく必要があります。

着物の証紙には、産地の登録商標や織元の氏名、伝統工芸品のマーク、機械織りか手織りかの織り方の方法や染め方、絹100%のような糸の材質の主に6項目が記されています。

着物の産地やブランドによって証紙の形や色、大きさや図柄などが異なります。

また証紙がなくても買取は可能ですが、証紙がないと本物ではなく偽物なのでは?と疑ってしまうものです。

証紙は組合が組合員に発行しているので、組合に加入していない製造者では、確かな伝統的技術を受け継いで品質が高い着物を作っていても証紙は貼付されません。

伝統的な技法ではなく自由な製造法で作られた場合も証紙はないと言えます。証紙がないことが即偽物とはなりませんが、やはり証紙がある着物の方が信用度は高いと言わざるを得ないのが現状です。

high priceどこよりも高く着物を売る方法

いらない着物や帯をお家で眠らせていませんか?CMで有名なバイセル(スピード買取.jp)なら、プロの査定員が自宅へ無料訪問、あなたの大切な着物を査定。他店よりも高額買取が可能です。安く買い叩かれて損をする心配もありません。

  • 全国対応・出張費無料
  • 24時間365日受付
  • 最短30分のスピード対応
  • 女性査定員による訪問可
  • 業界トップの信頼・高額査定実績も多数
  • 他社で断れた"状態の悪いもの"も査定買取

着物は年数が経つほどその価値は下がります。バイセル(スピード買取.jp)なら自宅にいながらいらない着物を買取してもらえます。

相談は問い合わせフォームなら3分で入力可能電話ならすぐに簡単相談(24時間365日受付可)。下記のボタンから公式サイトへ移って、あなたもいますぐ無料相談しましょう。

今すぐ無料相談してみる

(※電話相談も可能)