着物買取の基礎知識

「葬儀で着た喪服は買取可能!」高く売る3つの方法&2つの処分方法

葬儀で着用した喪服は、売りに出す機会がほとんどないため、果たして買取してもらえるかどうか分からないという方も多いのではないでしょうか。何となくタンスにしまったままという人も、少なからずいらっしゃるでしょう。

近年では着物の喪服ではなく洋服の喪服を好まれる方が多いことから、着物の喪服の買取情報を耳にする機会はほとんどないです。そこで今回は葬儀で着用した喪服の売却に関する情報を、徹底解説いたします。

葬儀で着た『喪服(着物)』は買取可能

喪服

まず初めに結論から言いますと、喪服の着物であっても買取自体は可能です。しかしながら喪服の場合、普通の着物と比較すると市場規模は非常に小さくなるため、希望する金額で売れるかというのはまた別の話になります。

実際、喪服の着物を着る機会自体がそもそも少なく、喪主など立場が限定されてしまうため、ニーズ自体があまりありません。近年ではレンタルの喪服を利用する人もいるため、買取価格に関してはあまり期待できないでしょう。

しかしながら、外国人向けの需要があることから、買取自体が不可という訳では決してありません。しっかりと販路を確立している業者を利用すれば、買取をしてもらえる可能性は高いため諦めずに売りに出しましょう。

喪服の買取価格に期待できない『2つの理由』

電卓と見積書

喪服は普通の着物と比べると買取価格には期待できなく、それには主に2つの理由があります。まずはその理由をきちんと知っておくことで、もし買取価格が低かったとしても自分の中で納得することができるかもしれません。

喪服の買取価格に期待できない『2つの理由』

【理由1】喪服の需要は小さい

○×を持った着物女性

まず理由の一つ目として、喪服は需要が非常に少なく、これは想像しても分かるのではないでしょうか。喪服に関しては普段遣いできるものではないことから、なかなか売り手を見つけるのが難しいという問題があります。

また近年では葬儀の機会に和服の喪服を着用される方自体が少なく、洋服の喪服での参列者が多いことから需要が低いです。

このような理由から駆け込みでの需要も薄いため、市場規模の小ささが買取価格の低さに直結します。

【理由2】家紋入りで着られる人が限定されている

並べられた着物と帯

着物の喪服の買取金額が低いのは、家紋が付いているからというのも大きいです。ではそもそもなぜ着物の喪服に家紋が施されているのかと言いますと、下記のような意味合いがあるため、家紋入りが一般的なのです。

  • かつては格式をあらわすしきたりがあったから
  • ご先祖様がその家を守るおまもりとしての願いが込められているから

このように家紋入りなのにはきちんと理由があるのですが、それゆえに買取金額が低くなってしまうのもまた事実です。家紋が付いていることで、それこそ着用できる人が限定されてしまい、需要がほぼなくなるからです。

そのため家紋を外せるようであれば、あらかじめ外してしまうのがベストです。家紋入りでなければ引き取ってもらえる業者が増えることから、なるべく家紋がない状態にすることを考えるのがおすすめになります。

【査定相場表】葬儀で着る喪服の平均買取価格

相場

葬儀の着物を売りに出す際に気になるのが、一体どのくらいの金額で売れるかという相場ではないでしょうか。相場を知っておくことで、安く買いたたかれそうになった場合もそれを回避することができます。

とはいえ喪服の相場というのは、着物を購入してからの年月や状態に左右されやすく、金額を一概に出すのは難しいです。また業者によって値段も大きく変わりますし、状態が著しく悪いと買取不可なこともあります。

一般的には数千円での売却となるケースが多く、普通の着物と比べると金額はかなり低くなりがちです。とはいえ買取業者によって判断基準が異なるため、まずは複数の業者に話を聞いてみるのがおすすめになります。

喪服の着物買取できるお店は『3種類』

チェックリスト

喪服を買い取って貰えるお店としては、大きく分けると3種類ほどあり、それぞれメリットとデメリットがあります。売る機会が少なく知識があまりない喪服だからこそ、どこで売るべきかじっくりと考えてみましょう。

喪服の着物買取できるお店は『3種類』』

【種類1】着物を専門で買取できる専門店(おすすめ)

買取業者

葬儀で着用した喪服を売りにだす一番のおすすめ方法は、着物専門の買取店を利用することです。その主な理由としては以下になりますが、間違いなく金額的には一番高値を期待できるため、最初に考えたい選択肢でしょう。

  • 着物専門の買取店だと、知識を持った査定員に鑑定してもらえる
  • スタッフが着物の扱いに慣れているため、大切に扱ってもらえる
  • 独自の販路を確立しているため、普通なら売れないような喪服でも引き取ってもらえる可能性がある

やはりきちんと値段を付けてもらえることが何よりの魅力で、正当に評価してもらえます。また実店舗を構えていない業者ならコストも抑えられるため、結果としてそれが買取金額にも反映されやすいです。

【種類2】リサイクルショップ・古着屋

着物市場

喪服の買取をしてもらえる場所としては、リサイクルショップや古着屋も候補にあげられます。リサイクルショップや古着屋を利用するメリットとしては下記があげられ、逆にデメリットは値段が期待できない点です。

  • 街中にたくさんお店があるため利用しやすい
  • すぐに査定してもらえるため、すぐに売りたい時に便利
  • お店によっては衣類以外の取り扱いもあるため、一緒に他のものも売れる
  • 宅配買取や出張買取に対応しているお店もあり、サービス面が充実している

【種類3】ヤフオク・メルカリなどのネットオークション

携帯電話

ヤフオクやメルカリなどのネットオークションを利用して、喪服を売るという方法もあります。タイミングよく必要としている落札者と出会えた場合には、思わぬ高額で売れることもあるのがメリットでしょう。

一方でもし落札者が出ない場合には、いつまでも売れ残ってしまう可能性もあります。

出品から配送まで全て自分でおこなわなければならず、万一トラブルが発生しても自己責任となってしまうというのがデメリットです。

着物買取に出す以外に喪服を処分する『2つの方法』

チェックリスト

葬儀で着た喪服の買取ができなかった場合でも、ものがものだけに、それをそのまま処分するのは気が引けてしまうかもしれません。そのため買取先が見つからなかった場合におすすめな2つの方法をご紹介していきます。

着物買取に出す以外に喪服を処分する『2つの方法』

【方法1】喪服をリメイクする

製図をする女性

一つ目の方法としてはいらなくなった喪服をリメイクして、全く新たなものに蘇らせる方法です。着物の喪服をリメイクする際に人気なのが、洋装の喪服に仕立て直すことで、これによってまた服として着用することが可能です。

元々喪服は良質な正絹の素材が使われているため、新たに仕立て直した際にも、品の良いワンピースなどを作れます。布地の分量が十分にあるため、裁縫が得意な人であれば、服にリメイクするのがおすすめです。

服のような大掛かりな裁縫が苦手であっても、例えば下記のような小物や雑貨類にリメイクするのも良いかもしれません。シンプルな黒地の布のため、シックでおシャレなものを作りやすいでしょう。

  • バッグ
  • クッション
  • 日傘

【方法2】団体に喪服を寄付する

梱包した女性

そのまま処分するのは気が引けるようでしたら、必要としている人に寄付してしまうのもおすすめです。もし身の回りの友人や知人に欲している人がいるのであれば、お譲りするのが最もスマートではないでしょうか。

またもしも身の回りに欲しい人が見つからない場合は、着物を集めている団体に寄付するのがいいかもしれません。例えばNGO団体や市民団体の中には着物をリユースしているところもあるため、調べてみましょう。

このような団体は着物以外の品も一緒に寄付をお願いしていることが多いため、他にも譲りたいものがある時にぴったりです。

一般的に情報はあまり出回らないため、SNSなどを活用して情報収集からはじめましょう。

まとめ

喪服

葬儀の時の喪服は需要が少ないため、着物の中でも売りにくいジャンルになります。特に家紋付きのものだと着る人が一層限られてしまうため、購入時の金額と比較するとだいぶ価格が下がるのを覚悟しなければなりません。

とはいえ全く売れないということではないため、まずは着物買取の専門業者に相談することから始めましょう。それでも売りに出せないようなら、リメイクをしたり団体に寄付するなど、別の活用法を検討するのが良いです。

high priceどこよりも高く着物を売る方法

いらない着物や帯をお家で眠らせていませんか?CMで有名なバイセル(スピード買取.jp)なら、プロの査定員が自宅へ無料訪問、あなたの大切な着物を査定。他店よりも高額買取が可能です。安く買い叩かれて損をする心配もありません。

  • 全国対応(一部離島は非対応)
  • 出張費無料・24時間365日受付
  • 最短スピード対応
  • 女性査定員による訪問可
  • 業界トップの信頼・高額査定実績も多数
  • 他社で断れた"状態の悪いもの"も査定買取

着物は年数が経つほどその価値は下がります。バイセル(スピード買取.jp)なら自宅にいながらいらない着物を買取してもらえます。

相談は問い合わせフォームなら3分で入力可能電話ならすぐに簡単相談(24時間365日受付可)。下記のボタンから公式サイトへ移って、あなたもいますぐ無料相談しましょう。

今すぐ無料相談してみる

(※電話相談も可能)