着物の基礎知識

証紙とは何が違う?着物の名札「落款」について解説!

着物に詳しい人なら、着物をパッと見ただけで、それがどの紬を使ったどんな着物なのか、誰が作ったものなのか分かるかもしれません。

しかし、着物の中には専門家が見ても区別がつかないほど似たようなものがたくさんありますし、情報がなければ全く区別がつかないというものも多くあります。そのため、着物には「落款(らっかん)」と呼ばれる名札のようなものが一つ一つにつけられています。

落款がつけられているのは着物だけではありません。多くの場合、芸術品や伝統工芸品などにつけられています。

知っているようで、実際にはあまり詳しい部分までは理解していないことが多い落款は、どんなものでどんな風に使われるものなのかをご紹介していきます。

落款(らっかん)とは何?

虫眼鏡に?

着物が好きな人なら、落款という言葉はなじみがあるかもしれません。

落款というのは落成款識(らくせいかんしき)を短く略した言葉で、着物のような芸術的な作品の特徴や作者、作成した日時、織り方など、細かい情報を示す名札のような役割としているものです。

着物には、どんな紬で織られたものなのか、先染めなのか後染めなのか、産地はどこかなど、着物についてのたくさんの情報が記された証紙ラベルが複数貼られています。

しかし、これは落款とは異なります。落款というのは、作った作者を表すもので例えばおなじ西陣織の着物でも、誰が作ったものなのかによって複数の落款が存在しています。

基本的に、落款は作者の名札のようなものなので、どの作品にも全く同じ落款がつけられることになります。ブランド商品のロゴマークと同じで、ロゴの大きさが変わることはあっても同じものになっていますよね。

それと同じで、同じ作家が作ったものの落款は、基本的にはどの作品のモノを見ても全く同一の落款となっているものがほとんどです。

そのため、偽物を見分けることも可能となります。ちなみに着物の落款は、衿先もしくはおくみに刻印されているのが一般的です。

作家名を路襲した場合は落款に違いが出る

落款は、同一の作家の場合には基本的には全く同じ刻印が使われています。そのため、なんとなく違う場合や、似ているけれど違う、という場合には、偽物の可能性が高いと言えるでしょう。

しかし師匠と弟子のように、師匠が名乗っていた作家名を弟子が踏襲するという場合には、落款にわずかな違いが出ることがあります。

その場合、作家名はそのまま踏襲するので基本的な落款の雰囲気などは変わらないことが多いのですが、刻印の感じや形などが微妙に変わることは珍しくありません。

そのため、もしも落款が見慣れているものと違っていたら、偽物と疑う前に作家が踏襲されていないかどうかをチェックしてみましょう。

素人でも落款を見れば作家の違いがわかる

チェック

着物の中には、専門家が見てもはっきりとした区別をつけにくいものがたくさんあります。そうした着物だと、素人にとっては全く同じにしか見えません。

しかしそんな時にも、つけられている落款を見れば、着物に関して高い専門知識を持たない素人でも作家を区別することができます。

伝統工芸品に指定されるような美しい着物でも、素人目にはよく似たものがたくさんあります。

着物の価値や買取の際には、この落款によってその着物の真の価値を判断することができることになりますから、落款は着物を所有するにあたってはとても大切な刻印と言えるでしょう。

【例】京友禅と加賀友禅の違いを落款で見分ける

先生

京友禅と加賀友禅は、素人が見ると区別がつかないほどよく似ています。しかし全く異なる歴史を持っていることは、多くの人が知るところではないでしょうか。

京友禅は江戸時代に町人文化が栄えた時代に誕生したもので、白い絹織りの着物に美しい絵を描き、糸目糊を使って後染めをするという特徴があります。

色合いが鮮やかで、華やかな町人文化を象徴している作品なのですが、後染めした後に水でさらすという独特の作り方がなされます。

一方、加賀友禅は、加賀百万石として知られている金沢市の城下町文化として栄えた芸術作品の一つです。加賀の伝統文化である加賀染を用いるとともに、御所紋に糸目糊のテクニックをコラボさせながら作るという方法が用いられています。

全く異なる歴史を持つ京友禅と加賀友禅ですが、柄が似ていると区別することは至難の業です。どちらも完成度が高い作品が多いため、専門家でもなかなか見分けられないものが多いですね。そこで活躍してくれるのが、落款なのです。

加賀友禅の場合「加賀染振興協会の落款登録」していないと作家になれない

金沢県を代表する伝統工芸品の一つである加賀友禅には、たくさんの作家がいます。

そして、それぞれ独自の落款を持っていて、作り上げた着物には自分のサインのような役割を果たしてくれる落款を刻印した上で市場に出されることになります。

着物の落款全てに共通することではありませんが、加賀友禅の場合には、作家になるためには加賀染振興協会の落款登録をする事が条件となっています。

現在、加賀友禅には300人以上の作家がいて、独自の感性やセンスを生かした作品が作られています。落款は自分の作品であることのシンボルなので、他人とかぶらないようそれぞれがユニークな落款になっており、全員が落款登録をしています。

加賀友禅の落款検索で調べることができる

オッケーをする女性

もしも気に入った着物があり、それが加賀友禅と言われたけれど、本当かどうか自分の目で確認したい、という場合は、加賀友禅振興協会の公式ホームページにおいて、落款検索をする事ができます。

加賀友禅の作家は300人以上いますが、全員が落款登録をしているため、公式ホームページで検索すれば見つけることができます。

その作家が作った作品については公式ホームページで閲覧することはできませんが、落款が紹介されているので、名前から検索もできますし、一覧表をチェックして探すことも可能です。(参照:加賀友禅「落款検索」)

また落款検索では、落款の形が正方形か長方形かなど、形から検索することもできます。

落款がなくても買取は可能か?

スマホをさわる女性

着物の落款は、誰が作った着物かという作家の名前が入っているものです。落款がないと誰が作ったかはっきり分かりませんが、着物ということに変わりはないので買い取ってもらうことは可能です。

しかし、落款がついていないことによってどんな困った点やデメリットがあるのか気になりますよね。

買取してもらえるかどうかという点では、着物の保管状況がよければ落款の有無に関係なく引き取ってもらえますが、保管状況によっては買取拒否ということもあるので注意しましょう。

目安としては、シミや汚れ、埃などによるダメージがないかどうか、という点がチェックポイントとなります。

落款がなくても買取は可能!

落款がなくても、着物を買い取ってもらうことは可能です。購入した時には「落款はついていませんが加賀友禅です」と言われたとしても、買い取ってもらう際に加賀友禅であることを証明することが出来なければ、残念ながら加賀友禅としての買取査定をしてもらうことは難しいでしょう。

また、落款の有無にかかわらず、着物の保管状況によっては買取拒否になってしまう事があるので気を付けなければいけません。

例えば、着物を自分の身長に合わせて仕立て、サイズが身丈160センチ以内、裄丈が65センチ以内の場合には、残念ながら落款がついていても買取ってもらうのは難しいかもしれません。

その理由は、販売しても購入者を見つけることが難しくなってしまうためです。

証紙や落款がついていたほうが高額査定が出やすい

バッドとグッドの付箋

落款がついている着物は、ぜひ買取査定の際にはアピールしましょう。落款はその着物の作家を示す名札のような役割をしています。

加賀友禅のような高級着物になると、公式ホームページで落款を検索することができるので、作家の名前が分からなくても落款の形から作家を検索することが可能です。

落款がついていなくても着物を買い取ってもらうことは可能です。しかし、どんな着物なのか、証紙や落款がついていたほうが、確実に高額査定が出やすくなります。

証紙や落款は、ついていたほうが高額査定が出やすいため、どちらも必要不可欠なものです。剥がしたり消したりしないように大切に保管しましょう。

目利きの高い査定員なら専門知識と査定経験に基づいて査定が可能!

先生

落款がついているような高級ブランドの着物を査定に出す時には、高級な着物に関して高い専門知識を持つ査定員が査定してくれる業者を選ぶことがとても大切です。

もしも自分自身が着物について専門知識が少なくても、経験豊かなベテラン査定員なら、落款を見てどのブランドの着物なのか、どの作家なのかを判断してくれますし、その着物が本来持っている本当の価値を見いだして正当な査定価格をつけてくれるでしょう。

そうした目利きの高い査定員は、持っている専門知識を生かせる職場、つまり着物査定を専門に行う業者にいることが多いのです。

近所のリサイクルショップでは、そのような専門知識のある査定員はいない可能性の方が高いので、注意してくださいね。

近所のリサイクルショップやネットオークションでは価値がわからず高額査定は無理

近所にあるリサイクルショップや、自宅から気軽に出品できるネットオークションでも、着物を買い取ってもらうことはできます。

しかし、リサイクルショップやネットオークションの場合には、落款がついているような高級な着物でも中古の着物としての買取になってしまう事がほとんどで、正当な価格で買い取ってもらえないことが多いものです。

価格に関係なく誰でもいいから買い取ってほしいという場合なら、リサイクルショップやネットオークションで誰かが買い取ってくれるかもしれません。

しかし、本来の査定額よりもはるかに安く手放すのはもったいないですよね。

質の低い業者だと高額な着物でも安く買い取られる可能性が・・・

悪徳業者

着物の買取業者は、できるだけ口コミやレビューなどを参考にしながら、その着物に対して正当な査定額をつけてくれる優良な業者を選ぶことが必要です。

質の低い業者や詐欺まがいの業者だと、高い価値があると分かっていてもあえて安く引きとろうとする可能性があります。

このトラブルを避けるためには、査定前に口コミをチェックすること、そして複数の業者から査定をしてもらう事で解決できます。高級な着物だからこそ、できるだけその価値を理解して高く買い取ってくれる所に手放したいですよね。

近所に着物専門買取業者がなくても、ネットで申し込んで郵送査定してもらえるところがたくさんあるので、ぜひチェックしてみてください。

郵送査定をするなら郵送の着物買取専門業者である「ヤマトク」がおすすめです。評判も非常に良いので気になる方はチェックしてください。

査定勧誘などをしている業者は要注意!

着物の買取査定を行う業者はたくさんあります。

一般的には、こうした買取業者は自ら勧誘してくることはないのですが、中には電話やメールなどで査定勧誘してくる業者がありますので、注意した方が良いでしょう。

そうした業者の中には、買取りの実績がほとんどなかったり、正しい買取査定額をつけることができる査定員がいなかったり、といった業者もあります。

必ずしも査定勧誘する業者が全て悪徳というわけではありませんが、用心することに越したことはありませんね。

もし査定勧誘してきた業者へ買い取ってもらうことを検討している場合には、いくつか別の業者にも査定に出してみることをおすすめします。

査定額を比較して正当な価格で買い取ってくれる業者に依頼したほうが安心ですし、その着物を価値を理解してくれる購入者と巡り合って、着物にとっても幸せなのではないでしょうか。

高額査定のおすすめはネットの「着物買取サービス」

着物を買い取ってくれる業者やサービスはたくさんありますが、その中でも高額査定を希望するのなら、ネットの着物買取サービスを検討してみることをおすすめします。

もしも自宅のそばに店舗やオフィスがある場合には、経験豊かなプロの査定員が自宅を訪問して買取査定をしてくれるので、簡単に着物を引き取ってもらうことができるでしょう。

自宅に男性の査定員がやってくることに抵抗があるという人は、女性査定員をリクエストできる業者もあります。女性同士なら少し安心できますよね。

ただし、女性査定員がいない業者の場合には、ネットを利用した郵送査定を検討してみてはいかがでしょうか。

自宅のそばに着物買取サービスの店舗やオフィスがない場合には、郵送で査定依頼をする事も可能です。

その場合には、買取業者の側で適切な梱包材を郵送してくれるので、それに着物を正しく梱包して郵送すれば査定をしてもらうことができます。

費用が掛かりませんし、査定額に満足できなければ、そのまま返品してもらうことができるので安心です。

着物買取業者でおすすめなのが「バイセル」です。坂上忍さんがテレビCMに出演し見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。バイセルなら自宅に出張査定をしにきてくれますし、女性限定で女性査定員をリクエストすることができます。

まとめ

メモを取る

着物の中でも作者がはっきりしているものには、多くは落款と呼ばれる刻印が押されています。これは着物の証紙ラベルとは異なるもので、その着物を作った作家が誰なのかが分かるようなシンボルとなっています。

高級着物の中でも加賀友禅は、加賀友禅振興協会の公式ホームページにおいて、作家はすべて落款登録をしています。

現在、300人以上の作家が落款登録をしており、公式ホームページでは作家名から落款を検索することが出来たり、落款の形から作家を探し出すこともできるシステムとなっています。

こうした落款があることによって、専門家でも見分けにくい着物を素人でも簡単に区別できるようになります。

例えば見た目には判断しにくい京友禅と加賀友禅の場合、落款がなければ専門家でも見分けることが難しいケースが少なくありません。

しかし落款があれば、一目でどちらのものかが分かります。

着物の買取では、落款がなくても買い取ってもらうことはもちろん可能です。しかし、落款がなければだれの作品かを証明することができないので、場合によっては買取査定がかなり安くなってしまう可能性があります。その点は注意したいですね。

high priceどこよりも高く着物を売る方法

いらない着物や帯をお家で眠らせていませんか?CMで有名なバイセル(スピード買取.jp)なら、プロの査定員が自宅へ無料訪問、あなたの大切な着物を査定。他店よりも高額買取が可能です。安く買い叩かれて損をする心配もありません。

  • 全国対応・出張費無料
  • 24時間365日受付
  • 最短30分のスピード対応
  • 女性査定員による訪問可
  • 業界トップの信頼・高額査定実績も多数
  • 他社で断れた"状態の悪いもの"も査定買取

着物は年数が経つほどその価値は下がります。バイセル(スピード買取.jp)なら自宅にいながらいらない着物を買取してもらえます。

相談は問い合わせフォームなら3分で入力可能電話ならすぐに簡単相談(24時間365日受付可)。下記のボタンから公式サイトへ移って、あなたもいますぐ無料相談しましょう。

今すぐ無料相談してみる

(※電話相談も可能)