着物買取の基礎知識

【能登上布】高額買取の可能性大?査定相場より高く売るコツ&業者選び

日本国内には様々な織物があります。その中でも歴史がある物と言えば、能登上布でしょう。石川県にて生産されている織物で、皇室への献上品にも選ばれているほど高い品質を誇ります。

そんな能登上布の着物を買取してもらうには、どんな方法があるのでしょうか。家に着物があるけれど、どうやって売ればいいのかわからないという人は少なくありません。

せっかくの能登上布を高く買取してもらうには、どんな方法があるのか確認します。

▼【能登上布】の買取相場はこちら▼

着物買取で安く買い叩かれないために、必ず専門買取業者に依頼してください。当サイトで最も問い合わせが多いバイセルなら全国出張可能で専門の査定員が自宅で無料査定。もちろん、売るかどうか買取額次第なので「値段だけ知りたい!」方にもおすすめです。

▼【2023年121日】バイセルの最新情報▼
着物買取店バイセル

【期間限定】今なら抽選で「買取金額2倍UPキャンペーン」実施中です!!

(※1点からOK!電話相談も可能)

能登上布とは?(産地・歴史・特徴など)

袋帯と名古屋帯

最初に能登上布について見ていきましょう。能登上布は石川県の鹿島郡にある中能登町や羽咋市などで作られています。

約2000年前には既に作られていたようで、古くから上質な麻織物として知られているのが特徴でしょう。ちなみに上布というのは最高級の品質を持つ麻織物のことです。

  • 越後上布
  • 宮古上布
  • 近江上布
  • 会津上布

などのように各地で上布と呼ばれる織物があります。能登上布は先述したように、古くからの歴史があり、皇室への献上品にも選ばれるほどです。昭和35年には石川県の無形文化財にも指定されました。

昭和の初期には約140軒の織元があったそうですが、日本人は着物を着なくなったこともあり、その生産数は減っています。昭和63年には織元が1つしかなくなってしまいましたが、現在でも生産は続いているのです。

能登上布以外の有名な上布の種類

先程も少し触れましたが、能登上布以外にも上布と呼ばれる織物が幾つかあります。その中でも代表的なものを5つ紹介していきましょう。有名なものばかりなので、知っているという人もいるかもしれません。

能登上布以外の有名な上布の種類一覧

① 宮古上布


沖縄県の宮古島で作られているのが宮古上布になります。苧麻と呼ばれる植物の繊維から糸を紡いでいくのですが、作るのに非常に手間隙がかかるので有名です。

熟練の職人でも一反の布を作るのに、2ヶ月~3ヶ月かかります。

  • 独特の光沢がある
  • 生産数が少ないため希少性が高い

一度は生産の手段が途絶えてしまった織物ですが、戦後からの復興期に再度作られるようになりました。現在でも生産数が少なく、希少性が高い織物です。

② 八重山上布

宮古上布と同じく沖縄県の八重山郡周辺で生産されるのが八重山上布です。白色をベースにしたもので、涼し気なデザインが人気になっています。夏の着物の中でも、かなり高い人気があるのが特徴でしょう。

  • 染色には八重山の草木を使っている
  • 太陽に晒してから海水につける工程がある

などのような特徴もあります。鮮やかな模様が表現されているだけではなく、通気性が良いのも魅力です。

③ 近江上布


京都に住んでいた職人が滋賀県に移住して作られたのが近江上布になります。京都と滋賀は地域的に結びつきが強いこともあり、織物に関する技術も広がっているのです。

  • 苧麻の生産地としても有名である
  • 清涼感のある風合いが人気

近江上布も夏の着物としては定番といえるでしょう。涼し気なデザインの着物が多く、サラッとした着心地があることが人気の理由になっています。

④ 会津上布

越後上布で使われる原材料の苧麻は、福島県の会津のものです。生産地でも織物は作られるのですが、それが会津上布になります。ただ会津上布が作られ始めたのは30年~40年ほど前なので歴史は古くありません。

  • 会津からむし織りという名称も知られている
  • ベース色に色物を使うことがある
  • モダンなデザインがある

近年になってから作られている上布なので、後発ならではの工夫があります。特に近隣の越後上布にはないような特徴を持っているのがポイントです。

⑤ 越後上布


歴史好きの人からすれば上布と言えば、越後上布が有名です。上杉謙信の領地で作られていた特産品の1つであり、その名が知られています。

  • 1200年以上前になる奈良時代から生産されていた
  • 通気性が良く、優れた吸水性がある

というのが越後上布の特徴でしょう。また織り上げた布を雪の上に広げる、雪晒しというのも有名です。これによって生地についている汚れや黄ばみを漂白する効果があります。

能登上布の買取査定はどれくらいか?買取価格平均相場と買取実績

相場

では能登上布の着物や反物を買取してもらった時に、どの程度の価格になるのでしょうか。

  • 平均的な相場2万円~4万円程度
  • 未使用品など美品だと10万円以上

過去の買取実績からすると、上記がおおよその買取額になります。基本的に上布といっても、麻織物でしかありません。そのため絹織物と比べると、どうしても買取額は下がる傾向にあります。

また能登上布も希少性が高いものなのですが、宮古上布などに比べるとまだ手に入るチャンスが多いのも事実です。そのため上記のような価格になるでしょう。ただ需要に供給が追いつかない状態でもあります。

そのため数年後には能登上布の買取額がアップしていることもあるでしょう。ただし買取額がつくためには、しっかりと日常的なメンテナンスをして保管することが条件にになります。

能登上布の着物を高く買取してもらえるおすすめの売り方・NGな売り方

能登上布の着物を高く買取してもらえるおすすめの売り方・NGな売り方

【NG売り方①】ネットオークション(ヤフオク・メルカリ)はトラブルが多い!

スマホで検索する女性

能登上布の着物を高く買取して欲しいのなら、ネットオークションはおすすめできません。なぜなら買取額が安定しないのもそうですが、売る側にも知識がないとトラブルになる可能性が非常に高いからです。

オークションに出品する女性

メルカリ&ヤフオクのオークションで着物を売るメリット・デメリット

メルカリ・ヤフオクのオークションで着物を売る『6つのデメリット』 メル……続きを読む

【NG売り方②】リサイクルショップなどの店への持ち込みは高額査定が期待薄

着物市場

着物を買取している最も身近なお店は、リサイクルショップになるでしょう。ここに着物を持ち込む人もいますが、NGな方法だと言えます。

なぜなら能登上布などの着物に対して、きちんとした知識を持って値付けできるお店がほぼないからです。

服が陳列されたリサイクルショップ

着物買取で損してない?リサイクルショップや古着屋で着物は売るな!

リサイクルショップ・古着屋で着物を売ると損する”3つの理由” リサイク……続きを読む

【おすすめ売り方】着物買取専門業者に出張買取してもらうと高額売却が実現

買取業者

ではどのようにすれば、能登上布のような着物は高く買取してもらえるのでしょうか。結論からお伝えしますと、着物買取の専門業者を呼ぶのがおすすめです。

着物買取の専門業者は、全国に対して無料で出張査定をしています。

  • 専門知識を持った人が査定してくれる
  • 自宅で査定してくれる
  • 最短で即日で対応可能

などのように特徴も持っています。

着物の知識があるスタッフが自宅にまできてくれるので、適正価格での買取をしてもらえるでしょう。特に能登上布のような高額査定が期待できる品だと、出張査定にきてもらう価値があります。

能登上布を高く売るなら口コミ評判の買取専門業者『バイセル』がおすすめ

バイセル

【2023年121日最新情報】

CMでお馴染みの「着物はバイセル、はなはなはな♪」で有名なバイセル。業界No.1の実績とサービスを誇る着物買取業者です。

  • 出張査定の対応が早い
  • 少量でも査定をしてくれる
  • 難ありの着物でも対応可

バイセルは出張査定を依頼後、地域によっては最短で即日対応してくれます。

実際に編集部所有の着物を査定しましたが、とてもスピーディかつ、満足できる高い査定額がつきました。

バイセルであれば、着物一点からでも出張買取に応じてくれます。汚れていたりシミが付いていたりする着物も、快く査定してくれました。

当サイトが自信をもっておすすめする着物買取業者です。家に眠っている着物があるなら、下記のボタンから公式サイトへ移って無料相談してみましょう。

\ 1点からOK!電話相談可 /

依頼者が女性の場合は、女性の査定員を指名できます。

能登上布を実際に売却した方の口コミ評判&体験談

口コミ

では実際に能登上布を買取してもらった人の体験談を確認します。

祖母の遺品整理を兼ねてバイセルにきてもらった。着物の中に能登上布があったそうで、思っていたよりも高値で売れることができた。値付けの理由も丁寧に説明してくれたので、安心して売買ができたと思う。(30代男性)

母からもらった着物の整理をしました。その中に能登上布の着物があったので、専門知識がある人に鑑定をしてもらいたくてバイセルを使いました。女性のスタッフも指定できましたし、気持ちよく取引できましたよ。(50代女性)

出張買取には不安もありましたが、使って良かったと思いますね。意外と高値で着物が売れましたけど、その中に能登上布があったからだそうです。高く売れた分でちょっと良いお店で食事ができました。(40代女性)

以上が能登上布の買取をした人の体験談です。

能登上布を売る前に知るべき高価買取のコツと注意点

最後に能登上布を売る前に知っておきたいポイントを紹介します。能登上布だけではなく、着物を売る時にはコツがあります。

このコツを知っているかどうかだけで、買取額にも大きく影響がでるので詳しく解説しておきましょう。

能登上布を売る前に知るべき高価買取のコツと注意点

【ポイント①】能登上布の証紙があれば必ず一緒に出す

たとう紙

能登上布を買取してもらう前に、必ず用意しておきたいものがあります。それは証紙です。その着物に使われている素材や、生産元などを記した紙のことを証紙と言います。

証紙は新品の着物を購入すると、必ず付属してくるものです。その着物の品質を証明するだけではなく、本物の能登上布だという証拠にもなります。逆に言えば、証紙がないと本物だと証明できないのです。

結果として証紙があるかないかで、着物の買取額は大きく影響を受けます。

  • 石川県指定無形文化財 本麻手織 能登上布と書かれている
  • 織元の記載がある

これらのことが書かれている証紙が必須なので、買取をしてもらう前に用意しておくとスムーズに取引できます。

着物女性 3人

着物の価値を決める重要な『証紙』コレがないと偽物に!?

着物の価値がわかる「証紙」とは? [caption id="attachmen……続きを読む

【ポイント②】着物に精通した買取店・査定員に鑑定してもらう

チェックする着物女性

もう1つ大事なことは着物に精通している業者を利用することです。

  • 知識がある査定員でないと正確な査定ができない
  • 買取した着物の販路がなければ高値がつけられない

といった2つのポイントがあるので、専門店を利用するのは重要なことなのです。着物の買取査定をするといっても、正確な知識や経験がなければ何を見て値段をつければいいのかわかりません。

そのため一般的なリサイクルショップでは、着物の買取を不可とするケースもあるほどです。ですので最低限でも能登上布のような着物の買取は、専門の業者を利用すべきです。

また業者もビジネスで買取をしているので、販路を持たなければ転売ができません。そうした意味でも着物の専門業者なら安心して取引ができるでしょう。

【ポイント③】上布の需要が高まる春先に売る

武蔵野市

最後のポイントは需要から考えると、春先に売るのが良いというものです。能登上布だけではなく上布全般に言えるのですが、通気性が良く着心地が良いという特徴を持っています。

そのため夏の着物の定番として知られているのです。つまり夏には需要が高まるので、その少し前になる春先には買取額を高くする業者も多くなります。

ただ需要の先読みができるのも、着物買取を専門とする業者だからなので注意しておきましょう。

まとめ

能登上布

能登上布についての買取情報をまとめてみました。約2000年も前の時代から石川県で生産されているのが能登上布です。上布とは最高品質の麻織物のことで、その中でも代表的な存在が能登上布になります。

現在では生産する織元の数が1つしかないこともあり、その希少性が高まっているのが特徴です。

証紙をつけて売ることができれば、2万円~4万円程度の買取額がつくでしょう。美品なら10万円以上の値がついてもおかしくありません。

都道府県を選択

市町村を選択

high priceどこよりも高く着物を売る方法

いらない着物や帯をお家で眠らせていませんか?CMで有名なバイセル(スピード買取.jp)なら、プロの査定員が自宅へ無料訪問、あなたの大切な着物を査定。他店よりも高額買取が可能です。安く買い叩かれて損をする心配もありません。

  • 全国対応(一部離島は非対応)
  • 出張費無料・24時間365日受付
  • 最短スピード対応
  • 女性査定員による訪問可
  • 業界トップの信頼・高額査定実績も多数
  • 他社で断れた"状態の悪いもの"も査定買取

着物は年数が経つほどその価値は下がります。バイセル(スピード買取.jp)なら自宅にいながらいらない着物を買取してもらえます。

さらに【期間限定】で今なら「買取金額2倍UP」キャンペーンを実施中です!!

着物買取店バイセル

相談は問い合わせフォームなら3分で入力可能電話ならすぐに簡単相談(24時間365日受付可)。下記のボタンから公式サイトへ移って、あなたもいますぐ無料相談しましょう。

今すぐ無料相談してみる

(※電話相談も可能)