着物買取の基礎知識

【喪服】買取相場を解説!どこに売れば高価買取査定を実現できる?

もう着ない喪服を持っている場合、捨てるか売るかのどちらかになります。せっかくならお金になる売る方が良いわけですが、どこに売れば高額買取査定を狙えるのかがポイントです。

喪服を売る時はどこに買取に出すかを考えないといけません。喪服の売却先として考えられるのは以下のお店です。

  • リサイクルショップ
  • 古着屋
  • ネットオークション
  • ネットの着物買取専門店

これらのお店なら喪服も売ることができます。ただ、どこに売るかで査定結果も変わってくるので注意しましょう。喪服の買取相場を知り、どのくらいの値段になればお得と言えるのかを把握しておかないと損をしてしまいます。

そもそも喪服って売却できるの?

喪服

喪服というと売れるイメージはあまりないかもしれません。ですが上記でも紹介したようなお店であれば喪服の買取に対応している所もあります。一般的な着物ほど需要があるわけではないのですが、売却も十分に可能です。

喪服の買取相場は数千円程度と言われていて、他の着物と比べて少し安い額になっています。

これは喪服の需要そのものが少ないことが関係していて、葬式など特定の状況でしか着ないものだからです。着る機会が少ないので需要も少ないわけです。

とはいえ買取に応じてくれる所もありますので、単純に捨ててしまうよりは買取してくれる所を探した方がお得なのは間違いないでしょう。買取してもらえれば不要な喪服を処分しつつ、お金に換えられます。

喪服の種類

喪服

喪服の種類について解説していきます。

正喪服・準喪服・略喪服

一言で喪服と言っても3つの種類に分かれています。具体的には以下の3つです。

  1. 正喪服
  2. 準喪服
  3. 略喪服

正喪服は喪服の中でももっとも各の高い種類で、葬式の際は喪主や亡くなられた方の親族などが着るものです。着物の場合、男性なら紋付羽織袴で、女性は黒紋付を着ることになります。主に身内が亡くなった時に着ると考えれば良いでしょう。

準喪服は喪主や親族が着ることもありますが、一般的には葬儀に参列する人が着ます。

実は準喪服に関しては着物を着ることが非常に少なくなっていて、現在の日本ではほとんどがスーツスタイルです。ごく一般的な喪服姿を想像してもらえればわかりやすいと思います。

略喪服は三回忌などの法事で着るもので、その点を考慮するともっとも着る機会の多い喪服と言えるかもしれません。略という言葉が使われているように、正喪服などと比べるとシンプルで地味なデザインになっています。

喪服は状況に合わせて3つの種類を使い分けることになりますので、それぞれの違いも抑えておきましょう。

喪服を買取してくれるところ

喪服を買取してくれるところについて解説していきます。

リサイクルショップ&古着屋

ショップ

リサイクルショップや古着屋がもっとも身近な買取業者と言えるでしょう。日本全国にたくさんあり、どちらも衣服全般の買取に対応しています。ただ、喪服を売って適切な値段が付くかというと少し不安が残ります。

リサイクルショップや古着屋だと安くなってしまったり、場合によっては喪服の買取はしていないこともありますので、身近で便利ですが高額査定を目指す時はおすすめとは言えません。

あくまでも簡単に売ってしまえる場所と認識するのが良いでしょう。

ネットオークション

携帯電話

ネットオークションならネット上で喪服を必要としている人に買い取ってもらえます。一般的な買取とは違い、オークションなのでどのくらいの値段になるかが事前に想定しづらいのが欠点となります。

最終的に落札されるまで、買取価格がわからないのでその店には注意しましょう。

ネット上で売れるというのが大きなメリットで、ネット環境さえあればパソコンやスマホを使って手軽に不用品を処分できて、自分でお店に行く手間などが省けます。

インターネットで申し込める買取専門店

ネットで買取の申込が可能で、しかも喪服をはじめとした着物を専門に扱っているお店も存在します。着物を専門に扱っているのが最大の特徴で、他のお店と比べると高値で売れる可能性が高くなります。

というのも査定をするスタッフは着物の専門家で、喪服に関しても正しい知識を持っているためより正確に査定してくれます。しっかり価値のある喪服なら高額査定になりやすいわけです。

喪服を売れる所はいくつかありますが、少しでも高額で売るためにはネットの着物買取店を活用するのがおすすめです。

ネットから申込ができるので簡単ですし、出張査定などにも対応しているお店が多く、申込をすればお店の方が査定に来てくれます。

喪服を売る前に知るべき高額買取のコツ

チェック

喪服の高額買取を実現するにはちょっとしたコツがあります。このコツを知っているかどうかで査定結果も大きく変わってきますので、喪服を売る前にコツを知っておきましょう。難しいことではないので誰でもすぐに実践できます。

コツさえ知っておけば持っている喪服を最大限高く売ることができるようになり、無駄がなくなります。

せっかくお金を出して買ったものですから、不要になって処分するとしても少しでもお金が返ってくるよう工夫することが大切です。

喪服にあわせる小物も一緒に査定してもらう

着物セット

喪服を購入すると、喪服だけでなく小物も一緒に付いてくることがほとんどです。小物とは具体的に言うと下記の通りです。

  • 帯揚げ
  • 帯締め
  • 草履
  • バッグ

喪服を買うと多くの場合はこうした小物も付いてくるのですが、査定をしてもらう時はこれらも一緒に査定してもらうようにしましょう。

小物一式もすべて揃っていると、それだけで査定結果が上がり、高額買取を実現しやすくなります。

良好な状態でできるだけ早く売却する

着物市場

喪服の状態が良ければその分だけ査定結果も良くなります。何十年も前に買った喪服より、最近買ったばかりの喪服の方が価値も高いわけです。

そのため喪服の高額買取を狙うなら売るのは早ければ早い方が良いことになります。不要になったと感じたら状態の良いうちに素早く売りましょう。

時間が経てば経つほど喪服の価値が下がっていくと考えてかまいません。当然状態も悪くなっていきますから、売ろうと思ったらすぐ行動するのがコツです。

リサイクルショップ&古着屋&ネットオークションで売らない

考える女性

リサイクルショップや古着屋、ネットオークションでも喪服は売れますがおすすめはできません。こうした所で売ると高額買取が難しくなるからです。

その理由は以下のようになります。

  • 着物に関する正しい知識が少ない
  • 着物専門ではないので値段が付きにくい
  • 買取実績が少ないので相場を把握していない

つまりリサイクルショップや古着屋、ネットオークションは着物や喪服を専門に扱っていないため、知識不足や相場がわからないことなどから高額買取になりにくいのです。

できるだけ高く売りたいならこれらのお店は避けるのが無難です。じゃあ残っているお店はというとネットの着物買取専門店となります。

専門店ということで買取実績も豊富で、過去の実績から喪服の価値を正確に判断してくれます。高額買取になる可能性も高く、喪服を売るには最適です。

喪服の買取相場価格と買取実績

電卓

ここでは気になる喪服の買取相場を見ていきましょう。買取相場を知っていれば自分の喪服がいくらくらいになるかもある程度予想できます。

一般的な喪服の買取相場はおよそ数千円くらいと言われています。安いと感じる人が多いかもしれませんが、喪服は以下のような理由から相場が低くなりがちです。

  • 古いものが多い
  • 頻繁に買い換えず長く使う人が多いので状態も悪いことが多い
  • 喪服そのものの需要が少ない

こうした理由からお店としても高額で買取することが難しく、数万円を出して買った喪服でも数千円で売ることになるケースが増えるのです。売る側の私達にとっては残念なことですが、喪服の相場は決して高いとは言えません。

少しでも高く売るには買取実績が重要です。過去に喪服の買取をたくさんしているお店は、その経験から喪服の価値を正確に見抜くことが可能です。価値のある喪服にはしっかり高値を付けてくれます。

特に着物の買取専門店などは専門に扱っているだけあって買取実績も豊富で、高額査定を狙えます。

だからこそ喪服を売るなら買取専門店が良いと言われるのです。買取相場を把握しつつ、買取実績の豊富なお店に査定してもらうように心がけましょう。

喪服を売るなら買取専門店がおすすめ

喪服を少しでも高く売るなら買取専門店の「スピード買取.jp(現:バイセル)」がおすすめです。

なぜ、数ある専門店の中でもスピード買取.jpがおすすめできるのか解説していきます。

高額査定おすすめ買取業者「スピード買取.jp(現:バイセル)」

バイセル(出典:バイセル公式サイト)

高額査定を目指すうえでおすすめの買取業者が「スピード買取.jp(現:バイセル)」です。業者名の通りスピードが速いのが大きな特徴で、不要になった喪服を素早く査定してもらい売却できます。

その速さはなんと最短で30分で出張査定をしてくれるほどです。

日本全国で出張査定に対応していて、ネット上から申込をするとすぐに自宅に訪問し、売りたい喪服の査定をしてくれます。

査定の結果はその場で伝えられ、こちらが納得すればすぐに売却が完了します。時間をかけたくない時には非常に便利です。

もちろんお店に直接持ち込んで査定してもらったり、宅配買取にも対応していますので、近くにお店がなく出張査定にもある程度の時間がかかるような場合は他の方法で査定してもらってもかまいません。

スピード買取.jpの出張査定を申し込む手順は以下の通りです。

  1. ネットから申込
  2. お店から折り返し確認の電話が来る
  3. 売りたい喪服と身分証明書を用意する
  4. スタッフが査定に来てくれる
  5. 売却

私達がするのは申込をした後は喪服を用意して待つだけです。

非常に簡単でそれでいて高額査定を狙えるので積極的に活用するのがおすすめです。

バイセル

着物スピード買取『バイセル』をプロが辛口評価【口コミ/評判】

着物買取業者の中で断トツの知名度と人気を誇る「バイセル(旧:スピード買取.jp)……続きを読む

喪服を実際に売却した方の口コミ・体験談

口コミ

喪服を実際に売却した方の口コミを紹介したかったのですが、需要が少ないのが原因か売却についての口コミはありませんでした。

口コミが見つかり次第、ここに追記していきます。

値段が付かない場合もあるが高額査定が出る可能性もある

ビジネスマン

喪服は需要が少ないなどの理由から、買取してもらうのが難しい衣服の1つです。実際に査定してもらっても値段が付かないケースはあります。

自分の喪服も査定してもらった結果、値段が付かないかもしれないというのは想定しておきましょう。

ただし、高額査定が出る可能性があるのも喪服なので諦める必要はありません。要は正確な査定をしてもらうことや、良い状態で査定してもらうことが大切なのです。

いずれにしてもどのくらいの値段になるのかは査定してもらわないとわかりません。複数のお店に査定してもらうなどして、できるだけ高値で売却できるように工夫しましょう。

喪服と一緒に付いてきた小物も併せて売ることも忘れてはいけません。小物がないだけでも喪服の価値は大きく下がります。

最終的に自分が持っている喪服がいくらになるかは査定をしてもらうまでわかりません。結果的に値段付かない可能性もありますが、逆に高額査定してもらえる可能性もありますからまずは査定に出すことからはじめてみましょう。

まとめ

オッケーをする女性

喪服は着る機会が少なく、普段着としては着用できないため使い勝手が良いとは言えません。そのため売却する時も高額買取になるとは限らないので注意しましょう。

買取相場は数千円ほどで、何万円もの値が付くことは非常に稀です。とはいえ売却できることは事実で、喪服の状態によっては高額買取も狙えます。

リサイクルショップや古着屋などで売るのではなく、着物の知識を持った買取専門店に査定をお願いしましょう。そうすれば高額査定の可能性も高まります。

便利な買取店は増えてきています

素早く出張査定してくれるお店など、便利な買取店も増えてきていますので上手に活用すれば、不要になった喪服をお金に換えつつ処分可能です。

捨ててしまうとお金にもなりませんから売却するのが良い方法でしょう。喪服を売る時は小物一式も必ず揃え、将来的に売ることを考えて良い状態を保つように着たり保管しておくことも大切です。

状態が良いほど査定結果も良くなりますので、売ろうと考える前から大切に扱うことも求められます。

high priceどこよりも高く着物を売る方法

いらない着物や帯をお家で眠らせていませんか?CMで有名なバイセル(スピード買取.jp)なら、プロの査定員が自宅へ無料訪問、あなたの大切な着物を査定。他店よりも高額買取が可能です。安く買い叩かれて損をする心配もありません。

  • 全国対応・出張費無料
  • 24時間365日受付
  • 最短30分のスピード対応
  • 女性査定員による訪問可
  • 業界トップの信頼・高額査定実績も多数
  • 他社で断れた"状態の悪いもの"も査定買取

着物は年数が経つほどその価値は下がります。バイセル(スピード買取.jp)なら自宅にいながらいらない着物を買取してもらえます。

相談は問い合わせフォームなら3分で入力可能電話ならすぐに簡単相談(24時間365日受付可)。下記のボタンから公式サイトへ移って、あなたもいますぐ無料相談しましょう。

今すぐ無料相談してみる

(※電話相談も可能)